DJ Keiの「来た球は打っちゃう!」
プロフィール
菊池 元男
菊池 元男
関連番組
2011年2月20日  0:00
三寒四温とBREX
昨年のJBL覇者『BREX』が苦しい戦いを強いられている。



初開催のホームコート『あずま総合体育館』ゲーム25。


相手はこのゲーム時、運営会社の除名で、名称を『北海道バスケットボールクラブ』に変更を余儀なくされたチーム。

『レラカムイ北海道』


そこに破れたブレックスは、JBLリーグで最下位に沈んだ…



誰が予想しただろうか!



いや…その前に、昨シーズンの『JBL制覇』を誰が予想していただろうか。



今シーズンのスタート時、実は『勝ってあたりまえ』だと思っていたのを覚えている。


しかしBREXは、勝てる試合を落とすことが増えていた。


『負ければ悔しい』


そして『勝っても釈然としない』



ある日、BREX代表の山谷氏はオフィシャルブログにこう記した『どんな時にも言い訳をせず前に進む』と。


そう…BREXは未だ創立してからの歴史がJBLで一番浅いチーム。


全世界で創立間もないチームが苦しんでいる中、BREXは『言い訳せず』に進化を遂げている!


季節は春を迎える準備を初めた…


夏日のような日差しもあれば、突然雪が降り積もるような厳冬が蘇る。


この時期は『三寒四温』と言って、一日一日暖かい日が増えていくグラデーションのシーズンなのだ。


『本当の暖かさは、本当の寒さを知らない者にはわからない』


つまり…


昨シーズン、劇的勝利で掴み取った『チャンピオンの称号』は、今シーズンのスタート時にリセットされたはず…


しかし、あまりのインパクトに『勝利が約束されたチーム』のような意識を、BREXを囲む人々に与えたとも言える。



季節が『三寒四温』をせずに『ワープ』すれば、必ず予測不能の事態に見舞われるだろう…


『寒さ』は『暖かさ』を知るのに必要なもの…


『勝利』を知るには『負け』を、涙とともに味わうことが必要なのだと強く思う。



『負けること』がいけない訳ではなく『闘わない』ことがいけない。


BREXは現在

『成長を遂げながら闘い続けている』


どこからでもプレーオフは射程圏内!


いつでも信じている。

このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2011年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
前の月   次の月