工学博士のお部屋・・・なんてな
プロフィール
鹿島田 千帆
鹿島田 千帆
次のページ
2006年9月24日  0:00
バレンティーノ・ロッシと渡辺一馬君
 この週末、3日間、世界最高峰のオートバイロードレースMOTOGP世界選手権の取材でツインリンク茂木に行っていました。

 いわずもがな、4年にわたって取材を続けている鹿沼市在住、宇都宮北高校1年生の渡辺一馬君の取材がメインです。

 世界に初挑戦した一馬君の結果は予選31位番手スタート、積極的に攻めて19位までポジションアップしたものの、最終ラップのゴール手前数百メートルのところで、17番手争いのバトルの中、転倒し、まさかのリタイアとなってしまいました。

 ツインリンクには一馬君を応援している方がたくさんいてあちこちから一馬コールが聞こえていました。

 イタリアの有力チームから声がかかり参戦したものの、予選日が初乗り、しかもチームは全員イタリア人となかなか大変でした。それでも何とか乗りこなして、ひとつでもポイントを取りたいという強い気持ちから転倒リタイアとなってしまいました。

 今日の決勝レースでも茂木初優勝がかかっていた、カワサキの王子様こと中野選手も最終コーナーでまさかのリタイア。

 日本の選手にとって母国のグランプリは結果が強く求められますので、そういった周りのプレッシャーも影響したのかもしれません。それにしてもヨーロッパ出身のライダーは強い!強すぎる。

 昨日の予選では残り時間2分のところで、バレンティーノロッシが出て最速タイムを出したりする、図太さ。あれは自然じゃなく計算しつくされた天才がなせる業なんだろうなと思います。

 この3日間ロッシの周りには黒山の人だかり。ものすごい人気です。ロッシはイタリア人ですが、イタリアでの人気もものすごくて、本国イタリアには住めないそうです。

 もちろんロッシだけではなく、ほかのチャンピオンライダーたちもサッカー選手と同じくらいのステータスを持っています。日本のメーカーホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキといったメーカーがこれだけ多く参戦しているのに、日本での認知度がいまひとつというのがちょっと解せません。

といってもこの3日間に9万6千400人のファンが集まったというからとてつもない人気です。

 日本のマスコミはとかく、有力チームや最高峰のレースしか取り上げませんが、下のカテゴリーから取材をしていかないと、選手が育たないし、ファンもつかない。悪循環なんですね。

 世界のトップライダーたちと互角に戦う日本人をみるためには、幅広く応援していかないといけないんだと、ヨーロッパのジャーナリストたちの活動を見ながら勉強させていただきました。

 いつか一馬君にはロッシのような天才ライダーとバトルをしてほしい。そんなシーンを皆さん見てみたいとは思いませんか?

 一馬君は必ず飛躍しますよ!
モーターフリークのHPに今回の取材の様子が乗っていますのでぜひご覧ください。


2006年9月20日  0:00
憧れの脚マッサージ器
昨日は節目の年の誕生日で皆さんからも温かいお言葉など本当にありがとうございました!

そして、今年の誕生日は。。。!

憧れの 脚マッサージ器をゲッチュしたのです!

足の裏のごろごろと、横からのもみもみマッサージで

癒されるうーーー

さいこーでーす。

あれ?これって敬老の日フェアでかったんじゃ?

2006年9月19日  0:00
○○歳の誕生日。お花ありがとうございます!
 ベリテン近辺、実は私の誕生日ととても近いのです。以前はベリテン日だったりして。

 今日、無事に誕生日を迎えることができました。今までは自分の年にそれほどギャップを感じなかったのですが、今はなんとなく不思議な感じ。

 皆さんそうなのかしら?

今日はみなさんからお花をいただきました!

いくつになってもお花は乙女心をくすぐります。

本当にありがとうございました。これからもがんばりマース!

2006年9月10日  0:00
ママとキャンギャルin スーパーGT
今日はツインリンクもてぎでスーパーGTの決勝レースがあり、私も取材でいってきましたよ!

外気は32度を越える猛暑!しかも蒸し暑いのです。

観客は日陰を探して休んでいる方が多いのですが、いざ、ピットウォークグリッドウォークが始まるとかけっこが始まるのです。

すごい勢いで、お目当てのレーサーのところへ、、、、と思いきや目指すはボンキュッボーンのキャンギャルのところへまっしぐら!
20センチ以上もある望遠レンズで至近距離でバシャバシャ。。。何をとっているんでしょうか。

毎度のことですが、圧倒されます。

それにしても今日はお客さんが多いですね。日焼けして皆さん真っ赤になっていました!

放送は今週末のモーターフリークをチェックしてくださいね。

2006年9月7日  0:00
フィーチャリング渡辺一馬&ファミリー 新聞取材
4年にわたって取材を続けている鹿沼の高校生渡辺一馬君のドキュメンタリー『Go Kazuma Dream Stage2』を4日(月)PM7:00~放送しました。リスナーの皆さんからたくさんのご感想をいただき、心から感謝しております。

一番うれしかったのが、番組を聴いていて涙が止まらなかったという感想をいただいたことです。

レースというちょっととっつきにくい世界が舞台になっていますが、家族と少年の成長というテーマで取材し続けているということがわかってもらえたのがうれしかったです。

本当に手作りの番組で、サーキットにいったり、一馬君の学校に取材にいったり、、、私もたくさんの思い出ができました。

一馬君は本当に努力家で、こんなによい子がいるのかなと思うほどです。彼が小学校6年生の頃から見ていますが、よくこんなにまっすぐ育ったなあと思います。

その彼の成長を支えてきたのは、この写真の家族です。毎回ご家族にお会いするたびに、なんてよい家族なんだろうとあこがれます。

一馬君は今月の22日からツインリンクモテギで行なわれる2輪の世界大会に出場します。

多くの新聞取材を受けたということで、読売新聞、下野新聞、産経新聞に一馬君の記事が掲載されますので是非ご覧ください。

またツインリンクモテギのHPにも今回の特番がクローズアップされていますので、こちらも是非ご覧ください。(リンクはっています)

一馬君のオフィシャルHPもありますので、是非応援してくださいね!http://www.riderkazuma.com/


次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2006年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
アーカイブ