Big Earの今日もオレ流!
プロフィール
佐藤 望
佐藤 望
次のページ
2006年9月29日  0:00
B☆BOXフライデー・ハイパーの名物AD?
木曜日から徹夜で、番組仕込をしていた「ADとし」。

仮眠のときは、必ず家から持ち込んだ
『赤ちゃん用くるくるおもちゃ』?がないと眠れないのだ!
どうやら、赤ちゃんの時から使っている代物らしい・・・。

今日も、くるくる回しながらスヤスヤ寝ていた・・・




2006年9月27日  0:00
レディオベリーに超大物アーティストが来た~???
レディオベリーにとんでもないゲストが来ました~

しかも、気持ちよさそうに、勝手に演奏してます~

それを・・・スタジオ収録を終えて出てきた
ジェイクシマブクロさんが、彼を見つけるや否や~
駆け寄り~「Oh~お久しぶりです!ハカセさ~ん!」
と挨拶~
さっそく、握手に応じる彼は、そのあと連射のように
英語を浴びることになるが、返答は・・・
「アハ~???」だけ。

ジェイクは、完全に「ドッキリ!」にはまったのでした~。

というか・・・勝手に勘違いしたのだが・・・

でも、似てるでしょ?
そっくりさん、英語では「インパーソネーター」って
言うそうです。

って?この人、誰かわかるかな~???

2006年9月27日  0:00
この秋~さっそく泣きました・・・。
公開中の映画「フラガール」観てきました~!
というのも、きのうお会いしたジェイクシマブクロさんが
初めて手掛けたサントラがあまりにも良かったし、
ライブの演奏も素晴らしかったので
すぐにも映画を観たくなり、劇場へ向かいました。
平日にもかかわらず、けっこう混んでましたね~(
圧倒的に女性が多い)

感想は・・・
とにかく「こんなに心底なける映画は久しぶりです」
というか・・・「自然に涙がこぼれます。」(泣)
周りからも、すすり泣きが・・・

文句なし!僕の観た映画「今年のNO,1」です!!!

ストーリーは、40年前の福島県いわき市で、常磐ハワイアンセンターを
立ち上げるまでの炭鉱の娘たちや様々な人たちの物語です。
ノンフィクション(実話)に基づいたストーリーなんですね。
真実から生まれたストーリーには、やっぱり本物の感動が生まれるんだな~と
つくづく感じる映画でした。

劇中、ジェイク・シマブクロが奏でる本物のハワイアンミュージック。
キャストが演じる、本物のフラダンス。
長い感動が、打ち寄せる波のように何度もこみ上げてきます。

ダンサーの先生役を演じた、松雪泰子さんがサイコーにいい演技でした。
コミカルな演技、気品あるシーンの演技、美しさ~
どれをとっても惚れ惚れします。
これですっかりファンになっちゃいました~!

最近の映画と比較してみると「日本沈没」「UDON」など
「こうすれば、涙流すでしょう~」的な安直な意図はまったくありません。
(僕なりの解釈ですいません・・・)
確かにTVスポンサー関係が入ると宣伝は豪華になりますが、
その分、作品に対していろんな制約も多くなるのも事実でしょう。
この「フラガール」に関しては、そんな制約もなく本物のストーリーを
純粋に描いた作品なのではないかと思いました。

こういう映画を観ると、やっぱり映画っていいもんだな~と実感します。

文句なしで、人に見て欲しいって紹介したい映画です。

方言満載ですが・・・「でれすけ~」が頻繁にセリフで出てきます!
栃木県民も納得するのでは?

見終わったあと・・・
「スパハワイアンズさ、いぎでぐなった~」(方言です)
のは僕だけではないはずです・・・。


2006年9月26日  0:00
ALOHA~♪な夜でした~!
ウクレレ奏者「ジェイク・シマブクロ」のライブに
行って来ました~♪

栃木文化センターサブホールは、
登場前から波の音が流れ
まさにハワイの心地よい風に包まれている感じ。

ステージはほとんどが、1本のウクレレを使用した
ジェイクのパフォーマンスのみの構成。
演奏もパワフルで、「本当に一人で演奏してるの?
バックで何人か弾いているんじゃないの?」
と疑いたくなるほど、多種多様の音楽を
ウクレレ1本で演奏するテクニックに魅了されました~。
MCも日本語をちりばめて会場を沸かせてました。

途中、フラガールの歌で、ジェニファーが登場し
美しい歌声を聴かせてくれました~♪
日本語で歌ったフラガールは良かった~!

会場全体もジェイクのパフォーマンスに酔いしれた
ALOHA~♪な夜でした。

気持ちよく会場から外へ出たら、冷たい雨・・・
やっぱりここはハワイではなかった。。。

*写真は、ライブ前にBUPインタビューで
RBに寄ったジェイクとジェニファー&ウメちゃんです。




2006年9月26日  0:00
24 これは、宇都宮の小学校で起きた出来事である・・・。
昨日、宇都宮市の上戸祭小学校で「夢探しの旅」
という講座を行ってきました。
これは、6年生対象で、将来の夢へ向かっていくために
様々な職業の人たちが、
いろんな経験や体験を直に伝えて
いく講座(授業?)です。

今回は、マスコミ アナウンサーやDJの仕事に関して
いろいろ経験談を交えて話しましたが
その一部で、実際の放送の一部を聴かせました。
小学生だから夢のある番組がいいかな~と思い
ロマンチックなラジオドラマ「All That Xmas」を
聴かせるためMDを準備していたのですが・・・

去年のMDを引っ張り出し、セットOK!
MD音源出しは先生にお願いしていました。

「じゃ、ここでみんなに、ラジオってこんなこともするんです。
 ここで、クリスマスに放送したラジオドラマを聴いてもらいます~♪」

しかし・・・流れてきたのは・・・よりによって・・・
ブラックベリー!!!
しかも、GTのパロディの24バージョン~

テロリスト役のサイエド(アトム)を尋問する
ジャックバウアーことDJKei~

「口を割らなければ、おまえのイナリがどうなってもいいのか!!!」
「う・・うう・・・痛い~イナリは勘弁してくれ~」

もはや、小学生に聴かせる番組としては最低でした・・・

なぜ・・・MDのケースと中身が違っていたのだ・・・

小学6年生全員と教諭の方々、校長先生までがブラックベリーを
聴くはめに・・・

これは、9月25日(月)8:45AMに起きた出来事である・・・


次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2006年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
アーカイブ