Big Earの今日もオレ流!
プロフィール
佐藤 望
佐藤 望
次のページ
2010年10月27日  0:00
SUPERGT~もてぎの闘いを終えたマシンたち。
250kmのロングランレースを終えた
マシンたち・・・

すっかり日も暮れて、コースに並んでいるマシンは
あちこちが汚れ、壊れていて・・・
バトルの凄さが伺えます。

スピードの限界を追求したマッシヴなボディは
どこから見ても美しいです。

2010年10月27日  0:00
SUPERGT~重鎮たちも活躍!
日本のモータースポーツにかかせない
重鎮達もGTには監督、チームオーナーとして
活躍しています~。

パドックでも、選手と同じように大人気!

なんとなく、ホッとするんですよね~。

星野一義監督
今年は、いま一つだったかな~?
でも、モテギではリラックスした表情も見せてました。
300クラスで優勝した息子の活躍はうれしいでしょうね~!

亜久里チーム代表も、いつもアグリスマイルで気さくです~!
ラテン系のノリがチームを明るくしてます~。

300クラスで優勝し、見事逆転シリーズチャンピオンを
獲得!長谷見監督も満面の笑みでした~!



2010年10月27日  0:00
SUPERGT最終戦~!これぞプロドライバーの走りです!
今シーズンのSUPERGTも最終戦!
10月24日 舞台は、ツインリンクもてぎです。

曇り空の肌寒い空模様ながら~
3万人を超えるモータースポーツファンが
集結!今シーズンのチャンピオンが決まるレースだけに
注目度が高まります!

GTは、一般車両を改造したレースカーなどがメインなので
その人気度は日本一です!

レクサス、HONDA,NISSANの各ワークスチームたちの
バトルも火花が散るほどヒートアップします。

500クラスのレースは、ポールポジションからスタートした
HONDAウイダーHSV-100がリードを保ちますが
後半、レクサスPETRONASTOM'S SC430がトップ!
その後は、小暮選手と脇坂選手の
歴史に残るような、息をつかせぬバトルが展開され
観客を沸かせます~!まさにこれぞGTレースの醍醐味!
結果、優勝は、レクサス!

地元出身の若手、塚越広大選手もドライバーを務める
KEIHIN HSV100も第3位と健闘です!

因みに、シリーズチャンピオンは、今年参戦した
HONDA ウイダーHSV-100に輝きました!

優勝後の記者会見で脇坂選手の第一声は~

「みなさん~今日のレースは楽しんでもらえましたか?」

プロである以上、勝負も大事ですがいかに観客に
楽しんでもらえるレースができるかを考えている選手です。
だから、たとえリスキーであっても見せるバトルをするのが
プロドライバーとしての重要なスキルなんですね。

こんなドライバーたちがひしめくGTレースだからこそ、
多くの観客から支持されているわけです。




2010年10月21日  0:00
まさに音楽美の極致でした~♪
スーパープロデューサーである、デイビッドフォスターによる
16年ぶりの「デイビッドフォスター&フレンズ ジャパンツアー2010」。
今回は、日本を含むアジアツアーの一環として行われ
僕も今回のコンサートに行って来ました~♪

会場には、往年のファンから若いファンまでデビッドのメロディに魅せられた沢山のファンが集まりました。

デイヴィッド・フォスターは、80年代から90年代にかけたAORサウンド黄金期における大ヒットメーカーです。セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、マイケル・ジャクソン、マドンナら数多くのアーティストの曲やプロデュースを手掛け、
グラミー賞は15回受賞し、世界で最も多くのヒット曲を生み出している現役のヒットマン!まさにスーパープロデューサー。

今回の来日コンサートは、シカゴの元リード・ボーカルのピーター・セテラ、女性R&Bボーカリストのナタリー・コール、今年デビューしたばかりで全米ブレイクを成し遂げた大型新人シャリース、オーディション番組『アメリカン・アイドル』のシーズン2で優勝を果たしたR&B界の新星ルーベン・スタッダード、4人組のボーカルグループ、カナディアン・テナーズとともに行いました。
新旧の素晴らしいメンツです。

定刻を15分ほど遅れてスタートしてコンサート~
まずは、ご機嫌な様子でデイヴィッド・フォスターが登場!
繊細なタッチの演奏で、『セント・エルモス・ファイアー~愛のテーマ』。まさに至福の生演奏~
そして、大喝采の中、最初のシンガーとして登場するのは、なんと!ナタリー・コール。ハイライトは、グラミーソング
父ナット・キング・コールとの映像での共演による“Unforgettable”。~涙が出るほど素晴らしかったです!

 続いての登場は、カナディアン・テナーズ。
4人男声によるヴォーカル・グループですが、
圧倒される素晴らしいハーモニーで
フォスターの曲“The Prayer”。そして“ハレルヤ”に、
アルビノーニの「アダージョ」を聴かせます。

3人目のシンガーは、ルーベン・スタッダード。
「アメリカン・アイドル」で名を馳せた、これもデイヴィッド・フォスター好みの、声量豊かなボーカリストです。
うれしかったのは、1曲目、アル・ジャロウの“モーニン“♪
なかなかの選曲ですよ~!

途中でサプライズゲストで、フォスター自ら
客席に座っていたMISIAをエスコートしてステージへ~
COP10のテーマソングを熱唱です~♪
 
 続いてはベテランのピーター・セテラ。80年代シカゴのメインボーカルのこの人の声が、ボズ・スキャッグスと共に、デイヴィッド・フォスターの黄金期を作ったと言っていい人です。
名曲“Hard To Say I’m Sorry”では会場が大きく湧きます。
後、いよいよ登場、名曲“The Glory Of Love“など
どれも珠玉の名曲だけに、フォスターのピアノで生で聴けたのは本当に感動です。

そして、なんとオオトリは、大ブレイクしたと言われる
18歳のフィリピン出身のシャリース。
それまで聴いた、ナタリー・コール以下、4組の歌手のパフォーマンスが完全にかすんでしまうほど、衝撃的な歌声でしたね~

1曲目にセリーヌ・ディオンの“The Power Of Love”。
同じくセリーヌの“To Love You More”。
客席からも大きな歓声が~!

クライマックスはフォスターの代表曲
“I will Always Love You"~♪熱唱です!
今日のコンサートは、デイヴィッド・フォスター&フレンズでなく、デイヴィッド・フォスター&シャリースになっていた感も
ありました。。。
熱狂の上にも熱狂を重ねる拍手の中、ラストソングは
競演者全員でマイケル・ジャクソンの名曲“Earth Song”。

終わる頃には、会場スタンディング・オベーション!
これほど贅沢なステージはないですね。
若干、ステージや照明がさびしい感じもあり、PAも途中聴こえない点もありましたが豪華なショーだっただけに
十分満足感がありました。
 
極上の音楽を、生で聴けた至福の時間でしたね。
これからも、新しい才能を発掘して、時代を超えても
輝き続ける名曲を世に送り出してくれるでしょう~。

23日は、シャリースの出身国、フィリピンでコンサートを
行う予定です。
また、大歓声に包まれるんでしょうね~。


2010年10月20日  0:00
僕のFM人生は~ここからでした。
僕がFMステーションに入社して
アナウンサーをスタートさせたのが
「エフエム岩手」です。

3年半ほどお世話になりました。

今回は、新番組視察を兼ねて出張の機会があり
久しぶりに里帰りの気分で訪れました。

以前は、盛岡駅前にあったんだけど
今は、テレビ岩手の局舎の最上階に移転しています。
移転後は、初めて行ったのでなんとなく新鮮~。
ちょうど今頃は、近くに流れる中津川には、
北上川を上ってくるサケを見ることができます。
それだけ水も澄んでいてキレイです。

昔、一緒に番組を制作していたディレクターの
中村さん(中ちゃん)とも久しぶりの再会~
お互い~歳とったね~なんて。

当時の先輩アナウンサー(最強女子アナ!)
古山そのみさんも来てくれて16年ぶりの再会~!

いや~懐かしい面々との再会でうれしかったです。

夜は、中ちゃんとお世話になった小田島部長と
美味しい日本酒を酌み交わし~しばし昔話に花が
咲きました~!
20cmもあろうかという宮古産のカキも絶品です!
しかも安い~!(1個350円!)

第2の故郷~盛岡は人も文化も変わらないホッとする
優しい街でした。

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前の月   次の月
アーカイブ