ワタナベ隊員の調査ファイル
プロフィール
渡辺 裕介
渡辺 裕介
次のページ
2006年2月27日  0:00
おまけの話
映画館で映画作品を観たとき。
エンドロールが流れだしたら、席を立ちます?
それとも全部流れ終わって会場が明るくなってから席を立ちます?

自分は最後の最後まで席に座っている派。
作品や監督さんによってエンドロールの雰囲気や曲も違うので、
映画の余韻とともに楽しめると思ってます。

何よりも気になるのは"おまけ映像"
まぁ、無いものの方が多いんですが、ときどき最後に映像が流れると
とっても得した気にもなります。
続編、次回作へのフリがあったりもしますよね。

先日紹介した「ドラえもん のび太の恐竜2006」にも
おまけ映像(おまけ漫画)がありますよー。
せっかくなのでしっかり見といてください。

ちなみに写真は
「ドラえもん~」を観ると映画館でもらえる『トコトコ★おさんぽドラ』
表情が3種類。かわいらしいオマケです。

2006年2月26日  0:00
ドラえもぉーん! 久しぶりの映画だよぉ~ \(◎_◎)/
またしても映画の話題。土曜日曜と2日連続で映画館通いです(^^ゞ
観てきたのは「ドラえもん のび太の恐竜2006」

BERRY BERRY MATEに登録されている方は
ご存知でしょうが、26日の午前、
TOHOシネマズで試写会があったんですな。
たくさんのお子さまに囲まれながら
29歳のオイラもドラえもん最新作を見せてもらいました(^^;)

「のび太の恐竜」は映画ドラえもんの第1作だったので
ストーリーは知っていたし、漫画の単行本も持っていました。
友情や家族愛を感じさせるいい話なんだよねー。

今回は声優も一新。スタッフも一新。
さてさて今回のリメイク版、どうなっているのかな?と興味をもっておりました。


感動した!  とくにジャイアンに!

キャラクターの声が変わっても、微妙に絵が変わっても、CGがいっぱいあっても、
やっぱりドラえもんはドラえもんだったっす。
ゲスト声優陣も豪華豪華。2時間ドラマの帝王、船越英一郎さんが重要な役の声を担当しておりやす。
スキマスイッチの歌う主題歌もハートに沁みます。
そうそう、しずかちゃんの入浴シーンもほんの少しだけあります。

ただ、秘密道具の解説が...あんまり無い。ってゆーか「無い」。
そりゃあ、どの道具がどんな効果を持っているか知ってるけど、いちおう説明してくれたほうが
"ドラえもんらしい"気がしました。

"1980年のオリジナル版「のび太の恐竜」の方が好きだ"という人も多いとは思うけど、
「のび太の恐竜 2006」もなかなか良いですよ。
ご家族でも、カップルでも、オイラの様にひとりでも楽しめます。

ゆーすけ評価は星4つ!! ★★★★☆ 一般公開は3/4(土)~でござる。

2006年2月26日  0:00
『県庁の星』、楽しかったー☆(゜ー゜)
織田裕二・柴咲コウ主演の映画『県庁の星』
25日(土)にやっと封切りになりました。さっそく観てきましたよー。
封切り日の25日、TOHOシネマズのレイトショーへGOGO!
話題作だけに結構込んでいましたね。ほぼ満席でした。

 エリート公務員とスーパーのパートの女性スタッフ。
 まったく接点が無いはずの2人が出会ったとき・・・
 さまざまな展開が生まれていきます。

感想としては ・・・おもしろいっ!
ストーリー展開は分かりやすいんですが、ひとつひとつの"つながり方"がまた絶妙。
そして役所側もスーパー側も描き方が「リアル」!
観ながら「あー、きっとこういう事ってあるよねー」って感じられるはず。

ゆーすけ的評価は文句なしの★★★★★
オススメですぜ!d(^ー^)b

2006年2月22日  0:00
準備が・・・準備が・・・(-。-;)
おそらく日本中が注目していたであろう
トリノ五輪 女子フィギュア ショートプログラム!
いまだにメダルはゼロ...
「こんなはずでは・・・」「でも、女子フィギュアなら!(^^)」
と期待したいところ。

安藤美姫、村主章枝、荒川静香という日本の有力選手は
スルツカヤ、コーエンといった世界の壁を越えられるのか?
表彰台に立てるのか? 目が離せません!

もちろん私も早起きしてTVの前で応援していたんですが、
日本選手、なかなか出てこない(>_<)
家でもTVにかぶりつき、出社してもかぶりつき・・・
だって観ておかないと番組で話せないですもん(^ー^)

そんな状況下で最後のコーエンの演技が終わり、
フィギュアの中継が終わったのが
今朝の7時26分。つまり番組開始4分前ですな・・・

うわーっ、時間が時間がぁ...
そんなバタバタの中でB-UP!が始まりましたとさ。

2006年2月17日  0:00
オリバー少年
織田裕二、柴咲コウ主演の映画「県庁の星★」を観たいなーと思って
映画館情報を調べてみたら・・・まだやってなかった(- -;)
25日からだったんですね。

でもちょっと時間も空いたので映画館、TOHOシネマズへ・・・
遅ればせながら「オリバーツイスト」を観てきました。

純粋無垢なハートを持ちつつも、不幸、不幸、またまた不幸と
悲しい運命に翻弄されるオリバー少年。
主演オリバーを努めるバーニー・クラークくんの悲しい表情に、おもわず
すすり泣くお客さんもいましたね。

全体的にロマン・ポランスキー監督らしい作品でした。
ポランスキーらしさを率直に挙げると、
 ①シンプルなんだけど全体のテーマがよく分かりにくい(^^;)
 ②演出のこだわりっぷりはスゴイ。完全に19世紀のイギリス世界が再現されてます。
 ③それぞれのキャラがしっかり立ってる

個人的には「★★★☆☆」
ネットで調べてみたら賛否両論、いろいろな感想も出ているようですね(^^;)
「戦場のピアニスト」と同様に、2度観るとまた違った感想をもてる映画なのかも?

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2006年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
前の月   次の月
アーカイブ