ワタナベ隊員の調査ファイル
プロフィール
渡辺 裕介
渡辺 裕介
次のページ
2008年7月26日  0:00
隊長! "日本のてっぺん"取ってきます!①
標高3776m。日本の象徴。5000円札にも描かれている山、富士山。

この富士山の頂上をゴールとする山岳レースがある。その名も『富士登山競争』
今年で61回目を迎える伝統の大会です。

実はこのレース、『日本一過酷なレース』としても有名・・・
昨年の完走率はたったの50%(約2200人中1100人)。

快晴に恵まれた7月25日(金)、僕も初めて挑戦してみました。

出発前、同じ駐車場に"宇都宮ナンバー"の車を発見。
ちょっと嬉しくなり、その車から出てきた50代くらいの男性ランナーに話しかけてみたら、
「もう12回くらい出ているけど、なかなかゴールに行けないんだよね・・・」と
ベテランでも苦戦する話を聞き、軽くビビる。

6月には100キロマラソンも完走し、上り坂を走る練習もしてきましたが、
はたしてゼッケンナンバー「1228」は完走できるのか?

(つづく)

2008年7月26日  0:00
隊長! "日本のてっぺん"取ってきます!②
富士登山競争には"関門"がある。
辞書で関門を引くと「関所の門」という意味がでてきますが、要するに時間制限。
 五合目までが2時間20分
 八合目までが4時間
 頂上のゴールまでが4時間30分

朝、7時にスタートとなったレース。
強い日差しが照りつけるなかですが、最初からペースを上げていかないと関門も通過できない。

しかし、、、、コースが最初からハード過ぎる(>_<)
自転車ではペダルが漕げないくらいの登り坂。たとえるなら延々と「日光いろは坂」を駆け上っていくイメージ。

30分もすれば尋常じゃない量の汗が噴き出している。それでも懸命に前に進むが、どんどんペースは落ちる・・・
さらに登山口から先はまさに山道。未舗装だと、なお走りにくい。

結果、五合目到着が2時間34分54秒。およそ15分オーバーで失格でした。
七合目以降で使おうと、せっかく用意した登山用の軍手も使うことなく・・・

自分でエントリーしたランニング大会で、途中失格は始めて。
悔しい気持ちもありますが、またしっかりトレーニングをして挑戦してみたいですね。

今日、ニュースで同じレースに出ていた59歳の方がお亡くなりになったことを知りました。
ご冥福をお祈りします。

2008年7月24日  0:00
隊長! 先週、東京でライブ見てきました。
浜崎あゆみさんやELT、倖田來未さんなどのアーティストを擁するavexが今年、20周年を記念して大々的にデビューさせるのが『GIRL NEXT DOOR』。
略して「ガルネク」なんだとか。

先週、東京でガルネクのコンベンションライブを観てきました。
全部で4曲の披露でしたが、非常にパワフルなステージを見せてくれました。

avex流の「3人組ヒットの法則」があるそうで、
ELTや、globeなど、いずれも女性ボーカル1人と男性メンバー2人。
ガルネクも千紗(Vocal)、鈴木大輔(keyboard, Composer)、井上裕治(Guitar)の3人。まさにヒットの法則通り。

楽曲のベースは打ち込み系ですが、ちょっと年上の層には「懐かしく」、若い層には「新鮮に」感じられそうです。

これは売れるかも・・・いや、売れるな~!

9月3日にシングル『偶然の確立』でデビューするそうです。


2008年7月11日  0:00
隊長! この時代に必要なのって・・・
RADIO BERRYの内部。スタッフの仕事エリアには複数台のテレビが常設してあります。
もちろん、緊急事態や、非常事態が発生した場合に、
いち早く放送に対応するためです。

そんななか、ふと気づくと、テレビの中には
「黄門さま」が・・・

最近のニュースといえば、
 食べ残しの料理を別の客に使いまわして金儲け、
 ブランド牛を偽装して金儲け、
 ウナギの産地を偽装して金儲け、
 教職員の採用に口利きして金儲け、
 役人がタクシー使い放題で税金無駄遣い・・・

これって、水戸黄門に出てくる「おぬしもワルよの~」の悪代官と越後屋の構図そっくりじゃん!!!
現代の「黄門さま」はいったいどこに? ・・・つい、そんなことを考えてしまいました。


スケさん、カクさん、いつも強すぎ。 印籠・・・どうせ出すんなら最初に出しとけば・・・

「うっかりユースケ」・・・・・・言ってみたかっただけ(笑)

2008年7月11日  0:00
隊長! プレイボールです。
全国高校野球選手権栃木大会が今日、開幕しました。
RADIO BERRYでも期間限定コーナー「高校野球リポート」がスタート。

今日の朝の番組には、開会式の会場から
僕が中継リポーターで登場しました。
高校野球独特の「若々しさ」や「緊張感」、
「期待感」を現場で感じてきましたよ。

今年はどこが優勝し、甲子園に挑むことになるのか、
まったく予想もできませんが、
参加校の選手達が、最後まで頑張る姿を見届けたいと思います。


僕の高校時代は・・・陸上部でしたけど。。。

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2008年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の月   次の月
アーカイブ