ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

木村カエラ cosmic☆radio 23:30~23:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/11/17 23:47/ハイドとシーク/木村カエラ

緊急告知ラジオ
ビッグローブ光
RADIOBERRY SPECIAL PROGRAM Tochigi Women
お仕事ナビ
御社のラジオCM作りますプロジェクト
生コマ
IZ*ONE本田仁美のWorld Get You
栃木トヨタ トヨタのサポカー 特別展示会
浜崎貴司GACHI LIVE
R.A.公開録音

[番組で紹介した情報]

2017年11月18日

第7回、第8回のゲストは…

宇都宮文星女子高校・ゴルフ部 の 菊池りお 選手!!
*今年9月に行われた「第52回県知事盃争奪ゴルフ競技大会」
 菊地選手は、ゴルフが好きな父さんの運転する車で、
 会場の鶴カントリークラブに向かっていた。
 車の中で、どんな会話をしたか? 振り返るとその記憶は曖昧…。
 
 それほどこの大会に対する思いが大きかったのかもしれません。
 
 菊池選手が戦う 一般女子の部 決勝には、50名の選手がコマを進めた。
 時折小雨がぱらつく、決していい天候とは言えない中で行われた
 18ホールのストロークプレー
 
 メンタルがプレーに大きく影響するゴルフ競技
 
 前半、菊地選手は、2バーディー、ノーボギーと、落ちついたプレーをみせて 
 首位タイでターンを迎えた。

「より良いスコアを狙いたい!より良い成績を!」と臨んだ後半
 でしたが…中々調子があがらない。

 それでも、後半9ホールは、すべてでパーをセーブ。
 そして、初優勝を手にした。
 
 スコアは、前半34、後半36の70。 2位の選手との差は、わずか一打。
 
 
 …高校2年生での優勝、彼女はこの試合で何を感じたのでしょうか?

[THE LEGENDS ATHLETE OF TOCHIGI]

2017年11月18日

第7回 宇都宮ブリッツェン 鈴木 真理(すずき しんり)

全日本選手権優勝、2度のアジアチャンピオン、国内ツアー戦年間総合優勝3回、
そして2004年アテネオリンピック代表…。
数々の輝かしい実績を持つ、日本ロードレース界のレジェンド、鈴木真理。

そんな鈴木真理の選手生活は今、混迷を極めている。
その発端となったのは、2012年。
トレーニング中の落車によって大腿骨(だいたいこつ)を骨折。その治療過程においてできた血栓(けっせん)は、
一度は消え去ったと思われたが、着実に彼のカラダに根を張っていた。
投薬によって血栓が溶ける可能性、手術によって血栓が改善される可能性、
あらゆる可能性にかけて治療に取り組んできた鈴木真理だったが、
状態が改善することはなく、続くレースに出られない日々。
そして今年10月、ついに「来シーズンは宇都宮ブリッツェンと契約しない」
という決断が下された。


「結局、ロードレースは最終局面に残れないと意味がありませんし、
 いかに余力を残した状態でスプリントに挑めるかがすべて。」

15歳で自転車競技を始めて28年…
宇都宮に来て5年、大黒柱として、チームのキャプテンとして
若いチームを引っ張ってきた。

「次のシーズンに走れるかわからない状態の中、ブリッツェンと契約させていただいて
…プロ選手として救われました。」
「ブリッツェンには感謝しかありません。5年間本当にありがとうございました。」

今シーズンいっぱいをもって選手契約をやめる意志を伝えたのは、鈴木真理からだった。
10月21日、赤いジャージを着て走る最後のレース
「ジャパンカップ・クリテリウム」では、最後のスプリント賞をもぎ取った。

来シーズンの予定は決まっていない…
それでも鈴木真理は前だけを見つめる。

「引退しようとは思っていません。血栓の治療を続けて、回復の具合を見て
レースに復帰するつもりですし、復帰して“勝ちたい!”という気持ちも
まだまだ衰えていませんから」


レジェンドの挑戦は、終わることはない…

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
前の月   次の月