ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

Bloomin' 08:20~09:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/7/17 08:41/VIBRIO VULNIFICUS/NICO Touches the Walls

キャンパスNAVI
FOOD ACTION NIPPON
ドコモFM
ベリテンライブ2018
生コマ
ハンターマウンテンlilyinthemountain
ベリQ
Apps Talk夏休みアプリアイデアチャレンジ!
おでかけマップ
BEAT男の肌をウル・オスProject

[番組で紹介した情報]

2017年12月2日

第9回、第10回のゲストは…

宇都宮文星女子高校・サッカー部 の 手塚七海(なみ)選手、高橋七海(ななみ)選手!!
*今年9月に行われた「第26回栃木県高等学校女子サッカー選手権大会」で、
 6-0と圧倒的な勝利を収めた文星女子は、良い流れのまま関東大会にコマを進めます。
 初戦の相手は、帝京第三高等学校。
 前半13分、文星女子の山下知穂(やましたちほ)選手が
 コーナーキックを直接決め先制点を奪います。
 早い時間での先制点は、点数以上に大きなリードとなり、
 その後も、持ち味のパスワークで攻め込む文星女子でしたが…
 試合がすすむにつれ、徐々に相手ペースに。

 前半終了間際の35分、コーナーキックのこぼれを押し込まれ1-1の同点に。
 後半は一進一退の攻防で、両チーム得点を許さず延長戦に。
 しかし、決定機を活かせない文星女子に対して、帝京第三は確実に2得点追加し
 1-3で、関東大会初戦敗退となりました。

 決定機を活かせず悔しい結果となった関東地区大会…
 
 彼女たちはこの試合から何を得たのでしょうか?

[THE LEGENDS ATHLETE OF TOCHIGI]

2017年12月2日

第9回 ソフトボール 増渕 まりこ

1980年1月24日、栃木県宇都宮市に生まれる。
小学生の時からバレーボール部に入るなど、スポーツが好きだった増渕は、
中学生になると、ソフトボール部に入部した。
当時から、「サッカーでも陸上でもなんの競技でもいいので、オリンピックに出たい」
という夢をいだいていた彼女は、スポーツに強い白鷗(はくおう)大足利高等学校に入学。
ソフトボールで、インターハイ、国体、アジアユースなど、
大きな大会で優勝を経験する。
そして、次第にオリンピックへの夢は、現実の目標に変わっていった。

エースとしてチームを勝利に導くため、学校での練習を終えて家に帰ると、
父親とピッチング練習や、1人で壁にボールを投げたりと、地道な努力を重ねた…。

1998年、東京女子体育大学に入学。
4年連続 インカレで優勝。世界選手権にも出場。そして2000年…
シドニーオリンピック日本代表として、夢のオリンピックの舞台に立った。

「マウンドに立って、緊張の中、一球目を投げた瞬間…
小さな頃の夢が叶ったと、本当に実感しました。」

増渕にとって、夢のオリンピックの舞台は、
意外にも 緊張はなく嬉しさしかなかったという。

「全く打たれる気がしなかった。むしろ 金メダル獲るぞ!」と、楽しく試合に臨めた。

決勝戦で格上のアメリカに敗れてしまったが、銀メダルを獲得した増渕は…
「ここまで結果を残せたのは、陽南中のチームメイトと、
監督の熱い情熱があったお陰だとつくずく思います。」と振り返る。


大学を卒業後、実業団チーム「デンソー」に入社した増渕は、
世界選手権で優勝するなど、数々のメダルを獲得し、
2010年から、スポーツ指導員兼務の投手として活動。

その後、大学ソフトボール部のコーチ、監督を務める傍ら
全国でピッチング教室などを開催し、ソフトボールの普及活動を行なっている…

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前の月   次の月