ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

JAPAN ハロプロ NETWORK 20:30~20:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2017/11/21 20:51/愛の種/モーニング娘。20th

キャンパスNAVI
ドコモFM
ベリQ
FOOD ACTION NIPPON
生コマ
おでかけマップ2017秋
とちぎから未来へ翔く
B-UP!教えてドクター市民公開講座
BridalExpo
ミヤハピ

[番組で紹介した情報]

2017年10月21日

第3回、第4回のゲストは…

国学院栃木高校・ラグビー部 女子部員
内海春菜子 キャプテン & 小西想羅 選手!
*7人制ラグビー。
 15人制の高校生の試合は、前後半30分の計60分で争われるのに対し、
 前後半7分の計14分で勝敗を決定する。
 人数は約半分にも関わらず、フィールドの広さは15人制と同じ、
 また、1日で何試合も行われるというハードな競技だ。

 4月5日に行われた、全国高校選抜女子・セブンズラグビーフットボール大会。
 国学院栃木は、あと1つ勝てば優勝というところまできた。
 しかし、この決勝戦に来るまで決して簡単な道のりではなかった。

 この日、朝から行われた予選リーグは1位で通過、決勝トーナメントにコマを進めるが、
 トーナメント初戦の石見智翠館高校戦は、26-26と同点。
 抽選により決勝戦進出が決まった。

 迎えた決勝の相手は、強豪・追手門学院高校。
 前半は追手門学院ペース。0-12とリードされ前半を終える。
 
 しかし、このハーフタイム、チームが弱気になることはなかった。
 「これまでも接戦だったのだから」「必ず逆転できる」。
 強い思いで後半を迎える。

 後半チームは主将の内海を投入。ここから、国学院栃木の追い上げが始まる。
 開始早々、小西想羅がトライ。
 秋山歩花がコンバージョンゴールを決め、7-12と追い上げる。

 試合終了間際、今度はその秋山がトライ。 ついに同点に追いつく。
 そして、これを決めれば逆転というコンバージョンゴール。
 秋山は決めた。 14-12、逆転に成功した。
 
 そしてホイッスル。
 
 国学院栃木が勝利した。

 予選リーグから接戦が続いた今大会。見事な逆転勝利で、初の日本一を手にした…

2017年10月7日

第1回、第2回のゲストは…

自転車ロードレース・ブラウブリッツェン (真岡工業高校)
小野寺慶 選手
*2015年6月、那須町で行われた全日本選手権。
 小野寺慶は当時14歳ながら、個人タイムトライアルU17+U15で優勝。
 2位に約40秒の差をつけての圧倒的勝利で、全日本チャンピオンに輝いた。
 中学生で手にした日本一。
 しかし、彼のロードレーサー人生でターニングポイントとなったレースは、
 その2か月後に走ったベルギーでのレースだった。
 
 日本と欧州で活動する、チームユーラシア-IRC(アイアールシー)。
 小野寺はこのチームに所属し、2015年8月、ベルギーで行われた
 ウェストフランデレン・サイクリングツアーに参戦した。
 小野寺の特徴は積極的な走り。
 数多くいる選手の中から抜け出す、いわゆるアタックを仕掛けていく。
 しかし、他の選手がこのアタックに反応し小野寺を追走、
 積極的なアタックが不発に終わることも多々あった。
 
 初の海外レースとなった3日間のステージレース。
 ここでも小野寺は持ち味の積極的な仕掛けで、レースを展開していく。
 するとこのアタックが成功、3日間のレースを終えて総合11位、
 2000年代生まれのトップ選手に与えられるベストヤングライダー賞
 いわゆる新人賞に輝いたのだ。
 ロードレースの本場、ヨーロッパでベストヤングライダー賞獲得。
 小野寺が確かな自信をつけた日となった…

[THE LEGENDS ATHLETE OF TOCHIGI]

2017年10月7日

第1回 栃木ブレックス 田臥 勇太(たぶせ ゆうた)

日本人初のNBAプレーヤー田臥勇太。
昨年2016年に誕生した、日本バスケットボールのトップリーグ
「B.LEAGUE」初代王者 栃木ブレックスのポイントガードを務める中心選手である。

1980年 横浜市で生まれ。
中学時代、バスケットボールの全国大会 優勝は逃したが、全国に名をとどろかせた。
その後、故郷を離れ 名門秋田県立能代工業高校に進学。
1年時からレギュラーを勝ち取り、前代未聞の高校3年間3冠の完全制覇
9冠という偉業を成し遂げる。

高校生で日本代表に選出、世界ジュニア選抜にも選ばれた彼は、
数多くの日本の有名大学のオファーを断り、バスケの本場アメリカへの留学を決意した。


将来、NBAでプレーを目指すことを考え、英語力を身につけるために
名門とはいえないハワイの大学に留学。
しかし、バスケの出来ない葛藤の日々を過ごした。

留学3年目…バスケに打ち込むために退学を決意。そして帰国した。


2002年、当時の日本のバスケットボールトップリーグJBLに所属する、
トヨタアルバルクに入団。
プロとしての第1歩を踏み出した。
ルーキーだが、開幕戦からシーズン全試合に出場し大活躍。
オフに再びアメリカに行き、NBAの試合を観戦した田臥は、
改めて自分の目標を再確認した。

1年でチームを退団し、なんの宛てもないまま、自らの夢への挑戦のため、
再びアメリカに渡った。そして…

NBA「デンバーナゲッツ」の練習に参加し、日本人初となる
NBAプレイヤー誕生かと、日本中が期待した。

そかし、2003年シーズンの開幕戦登録メンバーに田臥の名前はなかった。
突然の監督からの解雇通告。
1度目のチャレンジはかなわなかった…。

そのままアメリカで頑張ることを決意し、NBAを目指す選手が数多くプレーする
独立リーグに入団、そこで たくさんの刺激を受けた。

そして翌年、ついにNBA「フェニックス・サンズ」の開幕メンバーに選ばれた。
日本人初のNBAプレヤーの誕生だ。


11月3日の開幕戦。試合終了まで残り10分の第4クオーターで、
ずっと夢見ていたNBAのコートに田臥が立った。

デビュー戦を7得点という華々しい記録で飾り、
その後4試合に出場し、チームも連勝していたが、
強豪選手補強のため、またしても突然の解雇通告。

しかし、あきらめずに独立リーグに入団。
田臥は活躍し、優勝争いの立役者となった。


アメリカから帰国した田臥は、2008年に、リンク栃木ブレックスに入団。
チームの中心選手となり、日本トップリーグでブレックスを2度の優勝に導いた。


「自分は決して日本のトップ選手ではないです。」

「自分は、身長も173センチと小さいですし、みんなに無理だといわれた。
 NBAの挑戦は、みんな最初から無理だと決め付けて挑戦しないだけです。」

「夢をあきらめずに挑戦し、努力た結果、今があるんです。」

「あの独特の世界感は、世界のトップリーグに挑戦した人間にしか分からないものがあります。」

「皆さんも、あきらめず、決め付けずにチャレンジしてみて下さい。」


田臥は、現在も栃木だけではなく日本のバスケットボール界の発展に貢献し続けている。

今年も2017-18シーズンが、9月30日に開幕した。

日本のバスケットボールのトップリーグ「B.LEAGUE」初代王者 として、
栃木ブレックスの、2連覇という目標に向かって、田臥勇太は全力で走り続ける…

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前の月   次の月