ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

DUNLOP presents LOVE UNITED 12:30~12:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/10/21 12:45/きえないで/アイナ・ジ・エンド

生コマ
キャンパスNAVI
ドコモFM
ベリテンライブ2018
FOOD ACTION NIPPON
JFNアースコンシャス募金
カップリングパーティーin那須塩原
あんぜんドライビング
介護の日フェスティバル
BERRY GOOD CM 2018

[番組で紹介した情報]

2017年12月30日

第13回、第14回のゲストは…

日光明峰めいほう)高校アイスホッケー部 福田充男 選手!!
*今から約1年前。
 当時高校2年生だった福田選手は、長野県で行われた国体に臨んでいた。
 アイスホッケー少年男子、栃木県は日光明峰高校単独で出場。
 初戦は、神奈川に2-1。準決勝は青森に5-4といずれも接戦をものにした。
 
 迎えた決勝戦の対戦相手は強豪の北海道。
 しかし、気持ちで負けることはなかった

 「絶対に勝てる」そう強い思いを持って臨んだ試合。
 その思いがプレーに現れたのか、栃木は第1、第2ピリオドともに無失点に抑える。
 スコアレスドローで迎えた第3ピリオド。
 試合が動いたのは、終了間際だった。

 北海道のテクニックあるプレーでゴールを割られ痛恨の失点。
 そこから数分後にも追加点を入れられてしまい、0-2で試合終了。


 高校2年の国体は、準優勝で幕を閉じた…

2017年12月16日

第11回、第12回のゲストは…

白鴎大学・女子バスケットボール部 の 三木里沙選手、軸丸ひかる選手!!
*全日本大学バスケットボール選手権大会・通称インターカレッジ。
 昨年、この大会で初優勝を果たした白鴎大女子バスケットボール部は
 今月2日、準決勝の舞台に立っていた。
 
 対戦相手は、関東1位で勝ち上がってきた東京医療保健大。
 激しく守って速い攻撃を仕掛けるのが白鴎のバスケ。
 この試合も、守備に重きを置き入りましたが、予想外の展開となった


 序盤から攻め込まれ、第1ピリオドは12対24と12点ビハインド。
 しかし、第2ピリオド以降、徐々にリズムを取り戻し、白鷗らしいプレーで追い上げたのだが…
 第1ピリオドで与えてしまった得点を取り返すことはできず、71対81で悔しい準決勝敗退となった。

 翌日の、鹿屋体育大学との3位決定戦は、前日の悔しさを晴らすかのようなアグレッシブなプレーで、
 90対56と大差で勝利。

 3位で幕を閉じた今年のインカレ…白鷗が目指すのは優勝。

 来年こそは二度目の大学日本一を目指す…

2017年12月2日

第9回、第10回のゲストは…

宇都宮文星女子高校・サッカー部 の 手塚七海(なみ)選手、高橋七海(ななみ)選手!!
*今年9月に行われた「第26回栃木県高等学校女子サッカー選手権大会」で、
 6-0と圧倒的な勝利を収めた文星女子は、良い流れのまま関東大会にコマを進めます。
 初戦の相手は、帝京第三高等学校。
 前半13分、文星女子の山下知穂(やましたちほ)選手が
 コーナーキックを直接決め先制点を奪います。
 早い時間での先制点は、点数以上に大きなリードとなり、
 その後も、持ち味のパスワークで攻め込む文星女子でしたが…
 試合がすすむにつれ、徐々に相手ペースに。

 前半終了間際の35分、コーナーキックのこぼれを押し込まれ1-1の同点に。
 後半は一進一退の攻防で、両チーム得点を許さず延長戦に。
 しかし、決定機を活かせない文星女子に対して、帝京第三は確実に2得点追加し
 1-3で、関東大会初戦敗退となりました。

 決定機を活かせず悔しい結果となった関東地区大会…
 
 彼女たちはこの試合から何を得たのでしょうか?

[THE LEGENDS ATHLETE OF TOCHIGI]

2017年12月30日

第13回 マラソン 渋井 陽子(しぶい ようこ)

1979年3月14日、栃木県那須塩原市に生まれる。
黒磯市立共英小学校、黒磯市立厚崎中学校を卒業。
小学校の時から運動が得意で、マラソン大会はいつもトップであった。
中学時代からは、陸上部に所属し本格的に陸上を始める。
1994年、陸上競技の名門、栃木県立那須拓陽高等学校に進学。
高校総体では、大会新を出すなど、国体や全国高校駅伝でも活躍した。
高校を卒業し、1997年三井住友海上火災保険に入社し、女子陸上部に所属。

最初は、トラック競技を中心に活躍した渋井は、
2001年1月の「大阪国際女子マラソン」で、初マラソンでいきなり
2時間23分11秒の当時初マラソン世界最高記録を達成して初優勝。
その年の「世界陸上エドモントン大会」女子マラソン代表に選出された。
初の「世界陸上大会」では、4位入賞。
2002年、アメリカの競技会に1000mで出場し、日本新記録で優勝。
2004年のアテネオリンピックの出場を目指すが、出場は叶わず。

そして2008年北京オリンピックを目指して再び奮起した渋井は、
大事な選考レースで結果を残せず、北京オリンピックも出場が叶わなかった。

その後も、2012年のロンドンオリンピック出場を目指し、チャレンジしたが、
またしても、ケガなどにより出場が、みたび叶わず。

ロンドンオリンピック後は、現役選手兼三井住友海上女子陸上部の
プレーイングアドバイザーに就任し、
2016年4月には同陸上部の選手兼ヘッドコーチに転任。

2013年以降、マラソンでは好成績を残せなくなったが、
リオデジャネイロオリンピック女子マラソン国内選考レースで4位。
20年連続の出場となった全日本実業団女子駅伝へ出走したり、
地元のマラソン大会には、練習を兼ねて飛び入り参加するなど、
38歳の現在も現役でレースに出場をしている。


周りの選手達は、みな彼女のことを、「裏表のない性格で、明るいくて、面白い人」、「人望があり、人気者」と語る。


今後もマラソンランナーとして、また若手の育成にと、活躍に期待したい…

2017年12月23日

第12回 女子サッカー 安藤 梢(あんどう こずえ)

「なでしこJAPAN」の サイドバックや、サイドハーフで活躍した安藤は、
1982年7月9日、栃木県宇都宮市に生まれた。

父親の影響で幼い頃からボールを蹴り始め、小学生、中学生時代を、
地元のクラブチーム「河内(かわち)サッカークラブジュベニール」に所属。
小学6年生の時には、全国大会で優勝。安藤自身も大会MVPを獲得した。

中学を卒業すると、栃木県立宇都宮女子高校に進学し
1998年、高校1年生の冬に アメリカで開催された国際大会に
U-18日本代表として出場。
翌1999年6月26日、FIFA女子世界選手権のノルウェー戦で
高校2年生ながら、A代表デビューを果たした。

2000年、全日本女子ユースサッカー選手権大会準優勝で、輝かしい高校時代を終えた。

高校を卒業後、筑波大学に進学した安藤は、女子サッカー部に所属したが、
男子サッカー部の練習にも参加して、日々練習に励んだ。
2002年、さいたまレイナスFCに入団。
入団初年度から出場機会を与えられ、シーズン終了後 Lリーグ新人王を受賞した。
2003年、北朝鮮の大邱(てぐ)で開催されたユニバーシアードで銀メダル。
そして2004年、アテネで開催されたオリンピックに、なでしこジャパンとして出場。日本女子サッカー初の決勝トーナメントに進出、ベスト8の成績を残した。

一方国内リーグでは、2004年度と2009年度で、リーグ優勝、リーグ最優秀選手、
得点王となった。



2006年には、浦和レッドダイヤモンズ・レディースとプロ契約。
その後の安藤の活躍は華々しく、アジア競技大会 、 FIFA女子ワールドカップ、
東アジア女子サッカー選手権 、AFC女子アジアカップ、北京オリンピックなどで
女子日本代表のレギュラーとして定着、なでしこジャパンとして上位の成績に貢献した。

2009年12月、活躍の場所をドイツ・ブンデスリーグ1部の
「FCR2001デュースブルク」に移し、海外に拠点を移した。

海外で経験を積んで迎えた2011年、
日本サッカー界初のFIFA女子ワールドカップ優勝を果たし、日本中に感動を与えた。

その後も、ロンドンオリンピック 準優勝、
フランクフルトで、UEFA女子チャンピオンズリーグ優勝に貢献するなど、
数々の偉業を成し遂げる安藤だが、
シーズンオフには、浦和レッズのジュニアユースチームの練習に参加して、
子供たちに夢を与え続けている。

子供たちとの触れ合いを通して「いつかは海外での経験を日本に…」と
考えるようになった安藤は、今シーズン、古巣の浦和レッズレディースに拠点を戻した。

人一倍負けず嫌いな性格と、真面目で準備など基本を大切にする性格の安藤。
日本女子サッカー界のパイオニアとして、これからもまだまだボールを追い続ける…

2017年12月16日

第11回 プロ野球選手 石井 琢朗(いしい たくろう)

1970年8月25日、栃木県佐野(さの)市に生まれる。
小学3年生から野球を始めた石井の将来の夢は、「巨人にドラフト1位で入ること」だった。
夢への近道と、県内屈指の強豪校、栃木県立足利工業高等学校に入学。
1年生から、エースとなり、2年生の時には甲子園に出場した。
そして1988年の秋、ドラフト外で、現在の横浜DeNAベイスターズ、
当時の横浜大洋ホエールズに入団。

高卒1年目の4月に、プロ野球初登板で初勝利。
プロ入り4年目の1992年より、自身の希望で投手から野手に転向。
同時に、名前も 石井忠徳(ただのり)から、石井琢郎(たくろう)に変更した。

2009年、広島東洋カープに移籍、新天地でも活躍したが
2012年に現役を引退。24年間の選手生活にピリオドを打った。

現役時代、走攻守の三拍子そろった内野手として活躍した石井は、
盗塁王や、ゴールデングラブ賞、ベストナインなど数々のタイトルをとった。
4度のゴールデングラブ賞に輝き、「送球までの速さと安定感は12球団1」とまで
言われた。

通算358盗塁を記録しており、4度の盗塁王を獲得。
打撃では、歴代11位の2432安打を記録し、史上34人目の2000本安打を達成。
名球会入りも果たした。

引退後は、広島東洋カープのコーチに就任。
選手の意識を改革することを重要視するコーチングで、
「打撃とは形がないもの。正解はない」という持論がある。

プロになってから、投手から野手に転向しただけに、プロで教わったことは多い。

「転向した当初、打撃はもちろん走塁、守備も全部、1から教えていただいたので、
コーチの影響力はすごくありました。」という。

石井がコーチに就任してからの広島は、打率、得点力が目に見えて上がった。
そして今年、広島のコーチを退任する最後のシーズンは、
各選手個人の頑張りもあってチームとしていい結果を残せた。

実績が認められた石井は、来シーズンから、東京ヤクルトスワローズのコーチを務めることが決まった。


石井流育成の今後に、野球界からの期待が高まる…

2017年12月9日

第10回 柔道家 海老沼 匡(えびぬま まさし)

柔道五段。
ロンドンオリンピック、リオオリンピック と、共に66キロ級で銅メダルを獲得した
海老沼は、1990年2月15日、栃木県小山(おやま)市に生まれた。
5歳の時に、2人の兄の影響で、野木町柔道クラブで柔道を始め、
中学生になると、上京し柔道の名門塾「講道学舎(こうどうがくしゃ)」に所属。
中学3年で、全国中学校柔道大会66級優勝。
高校2年で、アジア大会ジュニアの部優勝と、めきめきとその才能を発揮する。
2008年明治大学に進学。
1年次には、世界ジュニア、嘉納杯で3位。
2年次には、ユニバーシアード、講道館杯、IJFワールド柔道ツアー、
グランドスラム東京2009で優勝。
3年次に、体重別で優勝。 世界選手権は3回戦出場。
4年次には、体重別で二連覇。 世界選手権では、昨年3回戦で敗れた相手に
決勝戦で一本勝ち優勝、リベンジを果たした。

大学を卒業後は、吉田秀彦(よしだひでひこ)が監督を務める、パーク24に就職。
その年に開催されたロンドンオリンピックの代表の座を勝ち取り、
オリンピックに臨んだ。

金メダルが期待された初めてのオリンピック…
しかし、これまでの世界大会と空気が違い、悔しくも銅メダルに終わった。
翌年、2013年に行われたグランプリ、世界選手権では、再び優勝し連覇。
そして2014年も、グランプリ、世界選手権で優勝、3連覇を果たした。
2015年、世界選手権で、一本負けを喫し4連覇を逃し、
グランドスラムでは、決勝で日本人選手に完敗。

2016年、グランドスラムで、優勝。選抜体重別では、日本人選手にまたもや完敗。
負け方があまりにもひどいと、一度オリンピック代表取り消しの審議になったが、
実績を考慮し、リオデジャネイロオリンピック代表に選ばれた。

この時の会見では、
「五輪の借りは五輪でしか返せない。4年間が無駄でなかったことを証明したい」と
コメントし、リオデジャネイロオリンピックに挑む。

柔道が大好きな、目標を持った子どもで、低学年の頃から将来の夢は
「オリンピックの金メダル」と言っていた海老沼。
しかし、またもや準決勝 終盤で逆転負けをし、金メダルの夢は絶たれた。
それでも、3位決定戦では、背負い投げで一本勝ちを収め、
2大会連続の銅メダルを獲得。

今年4月からは、所属チームのコーチも兼ねることになった海老沼は、
6月に、リオデジャネイロオリンピック以来10ヶ月ぶりの試合となる実業団体3部
に出場すると、総監督の吉田秀彦などと共に活躍しチームの優勝に貢献した。


現在、IJF世界ランキング31位。
今後も、試合に出場し、選手として夢を追い続ける…

2017年12月2日

第9回 ソフトボール 増渕 まりこ

1980年1月24日、栃木県宇都宮市に生まれる。
小学生の時からバレーボール部に入るなど、スポーツが好きだった増渕は、
中学生になると、ソフトボール部に入部した。
当時から、「サッカーでも陸上でもなんの競技でもいいので、オリンピックに出たい」
という夢をいだいていた彼女は、スポーツに強い白鷗(はくおう)大足利高等学校に入学。
ソフトボールで、インターハイ、国体、アジアユースなど、
大きな大会で優勝を経験する。
そして、次第にオリンピックへの夢は、現実の目標に変わっていった。

エースとしてチームを勝利に導くため、学校での練習を終えて家に帰ると、
父親とピッチング練習や、1人で壁にボールを投げたりと、地道な努力を重ねた…。

1998年、東京女子体育大学に入学。
4年連続 インカレで優勝。世界選手権にも出場。そして2000年…
シドニーオリンピック日本代表として、夢のオリンピックの舞台に立った。

「マウンドに立って、緊張の中、一球目を投げた瞬間…
小さな頃の夢が叶ったと、本当に実感しました。」

増渕にとって、夢のオリンピックの舞台は、
意外にも 緊張はなく嬉しさしかなかったという。

「全く打たれる気がしなかった。むしろ 金メダル獲るぞ!」と、楽しく試合に臨めた。

決勝戦で格上のアメリカに敗れてしまったが、銀メダルを獲得した増渕は…
「ここまで結果を残せたのは、陽南中のチームメイトと、
監督の熱い情熱があったお陰だとつくずく思います。」と振り返る。


大学を卒業後、実業団チーム「デンソー」に入社した増渕は、
世界選手権で優勝するなど、数々のメダルを獲得し、
2010年から、スポーツ指導員兼務の投手として活動。

その後、大学ソフトボール部のコーチ、監督を務める傍ら
全国でピッチング教室などを開催し、ソフトボールの普及活動を行なっている…

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
前の月   次の月