ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

B・E・A・T 15:00~15:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/6/25 15:09/The Future Is Now/ストレイテナー

ドコモFM
FOOD ACTION NIPPON
緊急告知ラジオ
お仕事ナビ
生コマ
indeedお仕事ナビ
IZ*ONE本田仁美のWorld Get You
CAMPUS NAVI
浜崎貴司GACHI LIVE
ベリテンライブ2019

[番組情報]

2019年6月10日

今週も引き続き日光金属株式会社 代表取締役社長・佐藤 正太郎 さんへのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


引き続き、日光金属株式会社

代表取締役社長 佐藤 正太郎 さん
にお話を伺います。

日光金属株式会社は、平成14年に、
本社・工場を(上河内町から)矢板市に移転。
そして平成25年には、片岡工場新設。

事業を拡大させてきた日光金属は、
同じ年に、カンボジア(プノンペン)に
「日光金属カンボジア」を開設しました。


カンボジアに決めた理由は、

まず「人件費の安さ」
次に「首都の発展度」
そして、真面目で親日、手先が器用。という「国民性」

また「目に光るものを感じた。」と、
前社長が話していたそうです。。

佐藤社長もカンボジアには訪れているので、
首都が過ごしやすいこと。
綺麗な街並みや、日本食、洋風レストランも多く、
工業団地内では日系企業が多いため、
情報交換ができる過ごしやすい環境にあること、も
把握しています。
アジア圏の中でも、今後の成長も踏まえて
プノンペンは総じて良い地域。だと言います。

しかし、カンボジアは、もともと農業国であるため
工業人材が不足気味。
当時は日本人管理の工場のため、
海外経験に乏しいスタッフが多く苦労したそうです。
100名の従業員のうち、日本人の駐在員は0人。

有能なスタッフは日本で、
現地マネージャーとして研修・教育し、
責任者として工場を管理しています。

トラブル防止のために、
日本から短期出張で指導も行っていますが
現地マネージャーが責任をもって指導・管理しているため、
あまりトラブルは無いそう。

カンボジアでは唯一無二の工場・技術ということもあり、
転職というリスクは少なく、従業員たちは、
その技術に誇りをもって仕事してます。

日光金属株式会社は、栃木県では地域中核企業、
経済産業省では地域牽引企業に認定されています。
そのため、期待に応えられるよう、
地域の未来を照らせる企業になっていきたい。と
佐藤社長。

また、今後、需要や品質レベルの高まりに応じて
それに見合った技術が提供できるようにする、
社員が幸せに働ける、社会に貢献できる、
そんな会社を目指します。
それでは最後に、

佐藤征太郎さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。

海外進出において、最も大切なことは何でしょうか?

『 理解することが大切。
  環境・文化・国民性、食事 等
  情報だけでなく、自分の目で見ることが重要。
  自分で理解できていればトラブルも解決できます。』



今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。


2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所