ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

JFNラジオショッピング 10:10~10:14 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/11/21 10:13/仰げば青空 ~Acoustic Session~/秦 基博

お仕事ナビ
緊急告知ラジオ
RADIOBERRY SPECIAL PROGRAM Tochigi Women
ビッグローブ光
御社のラジオCM作りますプロジェクト
大感謝祭(11/18-12/1)
ベリテンライブ2019
50の恵 Beauty Talk
生コマ
R.A.公開録音

[番組情報]

2019年10月29日

今週も新田裕子弁護士とオリオンコンピュータ株式会社・石川 尚子さんとの対談です

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週も、国際関係の弁護士業務が専門

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士と、

オリオンコンピュータ株式会社 代表取締役

石川 尚子さん
 を、お迎えして、

お話を伺っていきます。


オリオンコンピュータでは、
新たに2つの新事業を展開予定

①「外国人向け職業紹介所の開設」。
②「2020年1月にスリランカで日本語学校の開校」

日本のビジネススキルを身に付け、
日本の企業で戦力となる人材の育成を目指します。
スリランカ政府が日本の企業誘致に積極的なので、
スリランカに進出する日本企業で働く
リーダーの育成を目的としています。

スリランカでは合弁会社を設立。
その会社のディレクターが学校の卒業生。
日本からは、海外青年協力隊の経験のあるスタッフと
ベトナム・スリランカで日本語を教えた
経験のあるスタッフで対応します。
カリキュラムは、日本語を始め、
日本の習慣・日本のビジネススキル、
マネージメントなどです。

現地でN2(日本語能力試験)を取得できれば、
直接、オリオンIT専門学校に入学出来るので、
進学し、日本の専門士を取得して「高度人材」として、
日本企業に就職も可能になります。


この内容は、栃木から世界へジャンプの
youtubeチャンネルでも見ることができます。
ぜひご覧ください!


2019年10月21日

今週は新田弁護士と、オリオンコンピュータ株式会社・石川尚子さんとの対談。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は、国際関係の弁護士業務が専門

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士と、

オリオンコンピュータ株式会社 代表取締役

石川 尚子さん
 を、お迎えして、

お話を伺っていきます。
オリオンコンピュータ株式会社は、
1998年、栃木県宇都宮市で設立。
パソコン教室からスタートし、
現在はシステム開発、ホームページ作成、
各種検定試験会場の運営、アジアからの留学生を対象にした
IT専門学校など幅広く事業を展開されています。

(※ 主な留学生は、ベトナム・ミャンマー・スリランカ・
ネパール・バングラディシュ・パキスタン 等)

外国人向け職業紹介所の開設もあり、
有料職業紹介所については、既に申請済み。
来年1~2月頃結果が出ることになります。

また、詳しい放送内容は、栃木から世界へジャンプの
youtubeチャンネルからご覧ください


2019年10月15日

今週は 行政書士井上事務所・井上尉央さんからの情報


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は、入管業務と行政手続きのエキスパート 

行政書士事務所・ISAパートナーズの

井上尉央(いのうえ・やすひさ)さん
 に

お話を伺います。


今週は『ワーキング・ホリデー制度』についてです。

○ワーキング・ホリデー制度とは?

二国間の取決めに基いて,相手国の青少年に対し,
休暇や旅行目的の入国と
滞在資金のための就労が認められた制度です。
それぞれの国や地域が,その文化や一般的な生活様式について
相互理解を深めることを目的としたのものです。

○全ての外国の人が制度を利用できる?

全ての国が対象となっているわけではなく、
1980年のオーストラリアを皮切りに、
一番新しい協定国はリトアニアとなっており、
2019年4月現在23の国と地域に限られています。
その他年齢制限等があり、
全世界、全年齢が対象となっているものではありません。

※参考:オーストラリア,ニュージーランド,
カナダ,韓国,フランス,ドイツ,英国,アイルランド,
デンマーク,台湾,香港,ノルウェー,ポルトガル,
ポーランド,スロバキア,オーストリア,ハンガリー,
スペイン,アルゼンチン,チリ,アイスランド,
チェコ,リトアニア


○ワーキング・ホリデーで日本に滞在する外国人は
どのような仕事に就くことができるのでしょう?

基本的にはどのような業種でも就労できますが、
風俗営業法に定める業務には就くことができません。
例えば、ナイトクラブや社交飲食店、
パチンコ店や一部ゲームセンターなどは
制限されています。

○ワーキング・ホリデーで滞在する外国人を採用して
在留資格を変更できるのでしょうか?

採用の内定をすること自体は可能です。
ただし、
ワーキング・ホリデーで滞在する外国人の在留資格は
「特定活動」というものであり、
ワーキング・ホリデー制度利用者としての
活動しかできないので、
就職予定先の業務実態に合った在留資格、
技術・人文知識・国際業務など、に変更する必要があります。
その場合、外国人本人の学歴や職歴、
就職予定先の業務内容などが審査対象となります。
留学生が日本の会社に就職する場合などと同様の手続きが
必要になります。

◯ワーキング・ホリデーの外国人を採用する際に
気を付けなければならないこと。

ワーキング・ホリデー制度では
一部の業種を除き自由に就労できますが、
一般の就職、となった場合には
業種や業務内容に一定の制限がかかってきます。
そのため、
それまでアルバイトとして勤務していた内容では
在留資格を変更できないこともありますので、
ご注意ください。
また、外国人本人の学歴や職歴が
要件を満たさないこともありますので、
しっかりと面談して
要件を満たしていることを確認してから
採用の内定等を決定していただければと思います。
また、それぞれの国との協定によって
制限がかかっていることもありますので、
その点にも注意が必要です。

ワーキング・ホリデーで働く外国人について
相談がございましたら、
事務所までお問い合わせください。


2019年10月8日

今週も株式会社大日光・エンジニアリング の山口琢也さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週も、

株式会社大日光・エンジニアリング

副社長 山口琢也 さん
 に、お話を伺います。

栃木県日光市に、
本社・工場を構える大日光・エンジニアリングは、
基板実装・完成品組立、
カスタム電源の設計などを手掛ける会社で、
中国・台湾・香港・タイにも拠点を構えています。
1994年に香港に
現地法人トロワエンジニアリング
プレテックホンコンLTDを設立。
80年代に一度進出するも3年で早期に撤退。。
しかし、94年に顧客から進められ
失敗の経験を活かし、もう一度進出を決めました。

その後、台湾、中国広東省、中国江蘇省、タイへと進出します。
それぞれ基板の実装、完成品の組み立てを行う工場ですが、
中国では、OA機器・複写機などのOA機器等を
タイでは、車関係の内臓基板を、、、
と、各工場で対応した顧客とのやり取りをしています。

こちらには、中国2拠点、タイ1拠点の合計3拠点で
20~25名の日本人スタッフが駐在しています。
現地雇用は各拠点で積極的に進めていますが、
ローカル化に向けた優秀な人材の確保が課題だそうです。
技術面は基本を忠実に指導し、
特定の作業には認定制度を設け、
技術面の統一を図っています。

本社・工場ではベトナム人をメインに
アジア圏のスタッフを採用。
年に一度、忘年会などで
従業員とのコミュニケーションをとる。という山口さん。
それにより、新しい発見もあるんだとか。

これからも海外だけでなく、
栃木の1地元企業として、地元の発展に協力し、
地元での魅力的な就職先として見られるような
会社を目指します。

最後に、山口さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
海外進出において、最も大切なことは何でしょうか?

やはり「挑戦」と「調和」の2つの心を忘れずに
現地にいったら現地の人との
コミュニケーションを密接にとり、
良い関係を構築できるかが大事なのかと思います。



今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。


2019年10月1日

今週は株式会社大日光・エンジニアリング の山口琢也さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は

株式会社大日光・エンジニアリング

 副社長 山口琢也 さん 
 

 に、お話を伺います。

栃木県日光市に本社・工場を構える
大日光・エンジニアリング。
基板実装・完成品組立、
カスタム電源の設計などを手掛ける会社で、
中国・香港・タイにも拠点を構えています。

電化製品・車の部品などの基板は
プリンター、カメラ、白物家電等、
日常生活に欠かせない製品に使われている部品です。

一部工場の中、作業風景を見せていただきました。

仕事場では男性・女性、性別関係なく、
多くのスタッフが作業をしています。
外国人スタッフももちろん精力的に働いています。


製品は、世界中に輸出され
特にアメリカ・中国に多く輸出されています。

大日光・エンジニアリングでは
超小型人工衛星用の電源システムも開発。
県内の大学と協力し、
様々な環境に対応できる基板作りに挑戦しています。

宇宙事業に関わる仕事をすることは
技術力の高さをアピールするチャンスとも言えます。
「宇宙事業」という、夢のある仕事も
ビジネスチャンスの一つとしてやっていきたい。と
山口さん。

もちろん、こういった取り組みは
社員のモチベーションにも繋がっているそうです。


来週も山口さんにお話を伺っていきます。


2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所