MENU
閉じる

[番組情報]

2018年7月3日

今週栃木精工株式会社、川嶋社長へのインタビューです。


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、栃木市に本社を構える 栃木精工株式会社 
代表取締役社長 川嶋 大樹 さん
に お話を伺います。

栃木精工株式会社は、
医療機器の販売・製造、精密パイプの製造などを手がけ
栃木市・平柳町、大宮町と、小山市。
合わせて3つの工場を持つ会社です。

今回、お邪魔した栃木工場は、新栃木駅からすぐ近く。
6月に竣工式を終えたばかりの工場です。
通学している学生たちの目に留まる、この工場は
将来、Uターンの職場として思い出して欲しい。
という狙いもあります。


主に、注射針を中心に、
カテーテル、内視鏡、プリンター部品、
または、お菓子の製造機器部品なども、製造。
特に「歯科用麻酔針」のシェア率は、日本の半分を占めるそう。
”痛くない針”というのが、栃木精工製の特徴。

実は日常生活にも馴染みのある、身近な製品。というのも
栃木精工の特徴です。


栃木精工が行っている分野として
「鋼管(こうかん)」と「磁気センサー」もあります。

『鋼管』=『ステンレスパイプを中心としたもの』
これは、内視鏡の処置具であったり、
プリンター部品であったり。

一方『磁気センサー』は、
ハイブリットカーや電気自動車、航空機、ATMなど、
電気と関わりのある機器に使われています。
この普及は、仕事を掴もうとした先人たちの努力のおかげ。
だと、川嶋社長は言います。

取引は国内だけにとどまらず、海外にも広がり、
直接の取引は、ブリガリアや台湾と行っています。
センサーのコア部分となる部品は、
ブルガリアにある世界的な工場に納入しているんだとか。

その他、栃木精工の部品を購入した企業が輸出する。
という形で、ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・中国などでも
部品が使われ、世界中に広がりも見せています。


会社の技術を担う人材の確保は、社長自ら対応。
また、新卒で採用していた従業員も、
採用担当に位置付け、判断基準の一つにしています。
これには、年配の採用担当だと、若者との価値観の差があり
的確な視点でみることができないため。と、
時代の流れを考慮した形になっており、
人の採用には、社長の仕事として、力を入れているそうです。

また、来週も栃木精工・川嶋社長にお話を伺います。



2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet