MENU
閉じる

[番組情報]

2018年7月10日

引き続き、栃木精工株式会社 川嶋社長へのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
引き続き、栃木市に本社を構える 栃木精工株式会社 
代表取締役社長 川嶋 大樹 さん
に お話を伺っていきます。

栃木精工株式会社は、
医療機器の販売・製造、精密パイプの製造などを手がけ
栃木市・平柳町、大宮町と、小山市。
合わせて3つの工場を持つ会社です。

栃木精工株式会社の工場では、
総勢215名の従業員、19歳~70歳ぐらいまで
幅広い年代の方が働いています。

現場作業、経理、薬事法など専門的な仕事が主で
定年を気にせず、年齢を気にせず、
技術経験が活かせる職場です。
年齢に関わらず、活躍できるうちは働いてほしい。という、
社長の想いが汲み取られているんです。
そのうち、外国人従業員の割合は、6名(3%)
(中国・タイ・フィリピン・バングラデシュ等)
中には30年以上勤めている従業員の方もいます。

外国人従業員を雇用する際には
採用条件として「最低限の日常会話」が出来ることを
あげています。

社員である以上、国籍を問わず平等。をモットーに
給料・賞与・昇進、福利厚生を充実させ
「地球人で良い人材だったら雇う。」という精神を
大切にしています。

新規採用にも自社基準を徹底しており、
入社1年~2年の社員の中から「採用活動スタッフ」を設け
社長自身・人事スタッフと一緒に面接します。
世代が近い学生(新卒)と同じ価値観。を大切にしており
「採用活動スタッフ」に
「一緒に働きたいと思った人」「自分より優秀そうな人」
を選んでもらう。という採用方法。

「常識に囚われない考えで、新しいことを試したい。」
という社長の考えが、ここにも活かされています。

栃木精工株式会社の、主な取引先は県外や海外。
一方、雇用・仕入れは地元。と、意図せず区分されており、
この流れを広げ、今後も「地元に外貨を落とす」ことを目標に
技術力の向上や優秀な人材の確保を進め、
海外への輸出業を本格的に、進めていきたいと、川嶋社長。

最後に、川嶋 大樹さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
海外でも通用するものづくりにおいて、
最も大切なことは何でしょうか?

『 仕事っていうのは人の役に立つのが基本
  製品に想いを込めて、
  使う人への思いやりが大切だと思います。』


今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。。


2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet