MENU
閉じる

[番組情報]

2019年8月6日

今週は、株式会社環境公害分析センター 汚染土壌対策室課長 柴崎雅也 さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は、株式会社 環境公害分析センター

汚染土壌対策室 課長 柴崎雅也
さんに

お話を伺います。


栃木県宇都宮市に本社を構える
株式会社 環境公害分析センターは
環境全体を見据えながら、
安心な社会づくりに貢献している会社です。
昭和40年代に土木工事を中心とする
前身の「塚田土建」を企業。
(現在はグループ会社)

環境の変化に伴い、土壌管理を目的に。
土壌・水・大気の環境測定・分析をする会社として
平成11年に現在の
「環境公害分析センター」を創業しました。

10名から始まり、
現在は85名の社員を抱える会社に成長。
外国人の研修生の姿もあります。

主に、汚染土壌調査・地下水調査、大気のモニタリング
シックハウス分析/アスベスト測定/
水質・残留農薬調査・騒音振動/
作業環境測定・土質試験 等
法律・条例に基づき調査・分析を行い
ルールにのっとり適切な数字を測定が、業務内容。

土地の売買や建築工事の前には
指定期間が分析を行うことが法律で定められていますので
この分野には欠かせない業種にもなります。

今回は実際に分析を行っている
実験室にもお邪魔させていただきました。

全国的から、建設業・ゼネコンを主に
その他、設計・解体業者、自治体からも
依頼を請け負っています。


【環境公害分析センターの強みとは?】

・部署が分かれてはいるが、
会社全体が営業であり、技術者である。
必要であれば臨機応変に対応が可能。

・土壌調査が協力業者を介さず、
自社・グループ会社内で行えること。
これが他社と比較できる価格設定に繋がっている。


柴崎さんには、来週もお話を伺っていきます。


2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet