MENU
閉じる

[番組情報]

2019年11月5日

今週は、有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役 平出賢司 さんへのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、

有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役

平出 賢司 さん
に、お話を伺います。


エフ・エフ・ヒライデは、宇都宮市平出町で、
年間およそ100万本のユリを生産しています。
生産者直送の花を用いて、
有資格者の手によるブライダルブーケ、花束、
アレンジメントの作成も行っている会社です。

1970年代に(現)会長が花の生産を始め、
2000年から「農業法人」という形態をとり、
ユリに特化するように変わっていきました。

全シーズン生産可能な設備が整っいて、
音質を用い、気象・生育環境をコントロールして
一年を通して生産ができる体制になっています。

白・黄色・ピンク・赤系 等を初め
最近では、花粉がでない品種、
花弁がたくさんある品種等、年間60種のユリを栽培。



栽培へのエネルギー使用を減らし、農薬も減らす
環境負荷低減への取り組みも行っています。

化石燃料は、電気エネルギーに。
そして農薬の低減は-80%までの成果がありました。
これは、身近に置いておける花として
農薬で守られたものでなく、
口に入ってもいいような感覚で飾れるユリでありたい。
という思いが込められています。


2008年からは、
自社でオランダ種苗社と取引がスタート。
当時は輸出・輸入は初めて。

※ オランダは園芸系の農作物の輸出が2位。
(主に球根 等)

海外とのやり取りは、
人 対 人なので リスペクトが大切。
また、取引をするときは、
お互いに有益な印象を与えることが必要で、
同じような世界中の帳簿相手との
競争に負けないようにしたい。と、平出さん。

また来週もお話を伺っていきます。


2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet