MENU
閉じる

[番組情報]

2019年11月12日

今週も引き続き、有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役 平出 賢司 さんにお話を伺います。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週も引き続き、

有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役

平出 賢司 さん
に、お話を伺います。
平出さんは2018年にオランダ王国大使より
「リリーアンバサダー」に任命され、
様々な活動をしています。
「ユリで想いを伝えたい」をスローガンに
湯の魅力をもっとしてもらおうと、
業界に携わるアンバサダーが
SNS等を使用して、日ごろから情報発信しています。

自社では「オープンデー」として、
ハウスや、畑を一般公開するなど、
積極的に取り組んでいます。
圃場にもお邪魔しました

東京ドームのグラウンド部分に埋まるほどのユリ、
ハウス全体で10万本生育しています。

つぼみの段階で出荷するので、
緑色の花畑になるのがユリ畑の特徴。

農場には様々な作業機器が取り入れられ
人員を減らしても効率よく作業が進むように
自動化が進んでいます。

ユリを運ぶという単純作業を効率化するためn
宇都宮大学と共に、
ユリ搬送ロボットの実証実験も行いました。
◯今後の展望・目標について
経営目標はもちろんですが、
国内での認知度、自分たちが生産しているものを、
もっと全国に広める活動をしていくこと。

生活にユリを飾るとによって、
ささやかな贅沢・香りで豊かな気持ちを味わってほしい。
と、平出さんは考えています。


それでは最後に
平出さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
モノづくりにおいて、最も大切なことは何でしょうか?

【情熱だと思います。
モノ作りはただ作るのではなくて、
そこに心・魂を込めることが必要なんじゃないかと思う。
それが情熱に繋がっていく】





2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet