ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

せきぐちゆきの苺通り十文字 20:30~20:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/10/22 20:42/狂い咲き/せきぐちゆき

生コマ
FOOD ACTION NIPPON
ドコモFM
ベリテンライブ2018
キャンパスNAVI
B-POP公開録音
あんぜんドライビング
BEATin那須野巻狩まつり
ヒューマンフェスタとちぎ2018
BERRY GOOD CM 2018

[今週の『心の杖』]

2018年9月10日

心の杖 其の180




【無心になれば・・・】


皆さん、達磨大師を知ってますか?

そう!達磨さんのモデルになった方ですね!(^^)!

禅宗の創始者であるといわれ、九年間壁に向かって座禅をして

手と足がなくなったといわれていますね。


悟りを開く例えとしても

「桃栗三年柿八年柚子は九年で花盛り梅はすいすい十三年

梨の馬鹿野郎十八年達磨九年我一生」

といわれます。


そんな達磨大師のエピソード

『弟子が達磨に座禅をすればどのような良いことがあるのですか?

とたずねました。達磨はそれに対しただ一言「良いことなど

何一つない」と答えました。』


皆さんはこの言葉にどんなことを感じますか?


この達磨の言葉には、これをする結果どんな良いことがあるか

などと余計なことを考えているから座禅に集中できなくなる。

無心になり何も考えずに今すべきことに集中してこそ

悟りを得られる。という意味があるんだそうです。


このお話は大いに私たち現代人にの参考になりますね。

この仕事にどんな意味があるんだろう。どんな良いことが

あるんだろう。と心を惑わすよりも無心に自分が今すべきことに

集中すること。時間が過ぎるのも忘れて熱中することをモットー

に生きていく。そうすれば集中力が増し、結果的に良い成果を

残すことができます。


私たちはどうしても頭で考えてしまうことが先になってしまいがち

ですが、成功を目的にするのではなくて無心になって頑張って

いくことを心がければ必ず良い結果がついてくるはずです(^^)/



さて、

哲ちゃん上人は皆さまからのお声に丁寧に答えてくれます!

ぜひぜひ、メッセージを送ってくださいね♬


           
          では、あなたの素敵な明日に南無阿弥陀仏❁





2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月
秋桜コバヤシ