ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

JA全農 COUNTDOWN JAPAN 13:00~13:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/6/23 13:32/In This Room/ゴスペラーズ

ベリテンライブ2018
FOOD ACTION NIPPON
ドコモFM
キャンパスNAVI
生コマ
ベリQ
Bridal Expo vol.20
ポスコン
ROCKBERRY AUDITION
BEAT男の肌をウル・オスProject

[エール放送後記]

2018年4月30日

【板室の鯉のぼり】

上を見上げれば青空。

下を見下ろせば綺麗な川。

呼吸をすれば美味しい空気。

そんな美しい大自然が味わえる場所、板室。

この板室は、岡田眞善の大好きな場所でもある。

しかし、眞善と同じくらい、気持ちよさそうに

板室を味わっているヤツがいる。

なんとその数、100匹。

青空と川の間を気持ちよさそうに泳いでいるのだ。

もうお分かりでしょう。鯉のぼり。
今では、なかなか見ることのできない鯉のぼり。

しかし、板室のその風景に抜群に合っている。

やっぱりこの時期はこうでなきゃ!

そう思わせてくれる風景。

この鯉のぼりも、昭和時代に活気を見せていた板室を

復活させたいという想いから始まったもの。

今年で20年目だそうだ。

そしてこの鯉のぼりを最初にあげたのは

そば処やしおの高根沢勇さん。

20年経った今は、鯉のぼりも、そしてお蕎麦屋さんも

息子さんの勇一さんに受け継いだ。

いつの時代も輝く鯉のぼり。

いつの時代も美味しいお蕎麦。

そりゃ、観光客だって、来るはずさ。


2018年4月24日

【那須凸凹野菜】

那須塩原。

いや、栃木県の魅力と言えばいくつもあるが、

何と言っても魅力的なのは、新鮮な野菜・果物。

甘さ、そしてみずみずしさを兼ね備えた野菜は、

全国でもトップクラスの美味しさ。

またその美味しさの裏側には

農家の方々の日々の努力が隠れている。

しかし、出荷の基準というのは非常に厳しい。

大きすぎたり、小さすぎたり、

形がいびつだったり・・・。

そんな野菜たちは、行き場を失ってしまう現実。

味は何ら変わりないのに・・・。

一方で、そんな規格外の野菜たちは、

最近、直売所や道の駅などでリーズナブルに販売されている。

その味を知っている人々は、その野菜を買い求める。

なぜなら、やはり、美味しいから。

「那須凸凹野菜」代表の榎本さんは、

そんな規格外の美味しい野菜に目を付けた。

「凸凹」。

つまり、規格外で出荷できない野菜のこと。

そんな野菜を、首都圏の消費者に届ける。

それが榎本さんの仕事。
栃木県民が普段当たり前のように食べている野菜。

それは実は、首都圏の人々からすると、

とても贅沢で憧れなのである。

規格外だとしても味わいたい!

また味わった人は、また注文したくなる。

その「美味しい」という声や笑顔を原動力に

榎本さんは日々、動き回っている。

もちろん、そこには、協力してくれる農家があってこそ。

その農家の方々もまた、首都圏の方の声を原動力に

日々、美味しい野菜を手掛けている。

那須塩原の美味しい野菜は、

今や、栃木県を飛び出し、首都圏の消費者に愛されているのだ。

これをきっかけに、那須塩原に行ってみよう!

そして来たからには温泉に入ってほしい。

また、風情ある旅館に1泊してほしい。

榎本さんの活動が、首都圏と那須塩原の架け橋となって

観光客が増える鵜ことを願うばかり。

2018年4月17日

【那須ブラーゼン】

県北エリアを拠点に活躍する

プロロードレースチーム

「那須ブラーゼン」。

彼らは、日本最高峰のロードレースに参加し、

数々の成績を収めている。

そして、彼らの練習の活動拠点となっているのが

ここ、那須塩原。

チームのゼネラルマネージャーである岩井航太さんは、

「自転車というスポーツを普及させつつ、
 県北を盛り上げていきたい。」 こう話す。
その言葉通り、今回訪れた場所、

「那須サイクルベース」では、那須ブラーゼン愛用の

自転車ブランド「ボーマ」のロードバイクを

実際にレンタルすることができる。

最高の自転車で最高の町並みをサイクリング。

これはもう、最高としか言いようがない。
ロードバイク乗りが少しでも増えるよう、

そして、自転車ファンが増えるよう、

那須ブラーゼンは常に活動しているのだ。

自転車好きの岡田眞善も、この取材は、少年のように

自転車を眺めていた。

5月、6月には栃木県でもロードレースが行われる。

ぜひ、1度、

県北の「風」が大地を駆け抜ける姿をご覧いただきたい。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
前の月   次の月
PODCAST
那須塩原市