MENU
閉じる

[番組で紹介した情報]

2019年5月20日

【#99】

「桶田博信」と、「山口あや」がお送りしている

「ナチュラリズム」。

今回は、平成の農業を

パーソナリティ2人で振り返ってました。

30年という短いようで長い平成時代。

この30年には農業の業界も大きく

進化した時代でもあります。

そして令和を迎えた今、

さらにどんな進化が待っているのか

楽しみです。

令和バージョンのナチュラリズムも

よろしくお願いします。

2019年5月13日

【#98】

「桶田博信」と、「山口あや」がお送りしている

「ナチュラリズム」。

今回のナチュラリストは、

宇都宮大学から、

農業サークル「ハーベスタ」の皆さん。

代表であり、設立者の千葉さんを始め、

たくさんの学生の皆さんが来てくれました。

今回来てくれた皆さんは、

お世話になっている農家に出向き、

お手伝いをする出張班。

実際にプロの現場を体感し、

それを大学の畑で生かしています。

農業で生計を立てるプロフェッショナルな作業を

生で見て、改めて農家の皆さんの凄さを

感じていると話してくれました。

20歳前後の若い学生がこんなにも農業に

目を向けてくれている!

農家の皆さんもきっと嬉しいことでしょう。

また、この番組としても、これからの若者の活躍に

期待したいともいます。

2019年5月6日

【#97】

「桶田博信」と、「山口あや」がお送りしている

「ナチュラリズム」。

今回のナチュラリストは、

宇都宮大学から、

農業サークル「ハーベスタ」の皆さん。

代表であり、設立者の千葉さんを始め、

たくさんの学生の皆さんが来てくれました。

今回来てくれた皆さんは、

ハーベスタで持っている畑の管理をするチーム。

連携している農家の皆さんに教えていただきながら

日々、畑を管理し、野菜を育てています。

皆さん、県外出身の学生で、実家は農業に

携わっていないにも関わらず、

農業の魅力を知り、将来は農業に関わる

仕事をしたいと夢を語ってくれました。

そんなハーベスタで育った野菜を

初めて食べた瞬間の感想は・・・。

「普通!」

これも、1年を通して苦労して作ったからこそ。

そして改めて農家の皆さんの凄さを知ったが故の

感想なのでしょう。

来週は、ハーベスタの別のチームが来てくれます。

お楽しみに!

2019年4月29日

【#96】

「桶田博信」と、「山口あや」がお送りしている

「ナチュラリズム」。

今回のナチュラリストは、

那須塩原市から、ほうれん草を生産している

「ごぉる田」代表の金田さん。

那須塩原は上ノ原地区という、

標高の高い場所で、日々、農業をされています。

標高の高いところで生産される野菜は、

「高原野菜」とも言われ、甘味とみずみずしさが特徴。

県内外で人気の高い種類です。

しかし、標高が高いが故に抱える悩みも・・・。

まずは寒さ!

腰ぐらいまで積もる雪のせいで冬は、活動ができません。

春先にやっとの思いで活動できても

せっかく実った野菜が、

動物たちによって荒らされてしまいます。

そこで、この地区では、そんな獣害を防ぐため、

狩猟の免許を取得し、狩猟をする農家さんも

いらっしゃるようです。

大切なモノを守るため、地域によってさまざまな工夫を

しているんですね。

そうやって守られた「ほうれん草」が待ち遠しい!

2019年4月22日

【#95】

「桶田博信」と、「山口あや」がお送りしている

「ナチュラリズム」。

今回のナチュラリストは、

栃木市から、「ぬい農園」の

縫村啓子さん、啓美さん。ご夫婦。

穏やかで優しい表情が印象的な縫村夫妻。

実は2016年に新規就農したばかりの

新人農家さん。

しかし、お2人とも、もともと農業の仕事や

勉強を積んでいるので知識はベテラン級。

今、ぬい農園で生産している野菜は、

主に葉物野菜。

無農薬をこだわりに、安心安全なお野菜を

年間で70種類から80種類も生産しています。

自分が食べたい美味しい野菜を

1人でも多くの方に味わっていただきたいと啓子さん。

暑くなるこれからのシーズン。

ぬい農園のこだわり抜いた野菜の数々が楽しみです!

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募

桶田 博信

Hironobu Okeda
有限会社 飛行船 専務取締役

山口 あや

Aya Yamaguchi
RADIO BERRYリポーター


Tweet