MENU
閉じる

[今回のSAKURA情報]

2014年4月9日

お丸山公園の一部開放について!

みなさんは、さくら市・喜連川にある、お丸山公園をご存じですか? 桜の名所としても知られるお丸山公園。 ちなみに今年の4月9日の桜はこんな様子でした(写真↓)。美しい景色が広がっております。
そんなお丸山公園の歴史は・・・今からおよそ八百年前、平安時代末期から鎌倉時代に入る頃、下野国塩谷郡つまり今のさくら市近辺で活躍した武将・塩谷惟広公がお城を築いた跡地に、お丸山公園はあります。お城の名前は、大蔵ヶ崎城。現在でも4つのお堀があり、当時の面影をしのぶことができます。

城跡は、観光の拠点として整備されお丸山公園となり、喜連川のシンボルとして多くの方に親しまれていました。大地には300本の桜の木が植えられ、子供が遊ぶ遊具や、山頂には高さ50メートル近い喜連川スカイタワー(写真↓)、温泉施設の喜連川城温泉なども整い、市民の憩いの場として広く愛されていました。
ところが震災の影響で被害を受けたお丸山公園は、止む無く休業(現在の公園入口の写真↓)。あれから3年の時を経たこの4月に、ようやく公園の一部が、期間限定で開放されました。

この番組【SA・KU・RA FM】がスタートしたのは、2011年の3月。震災が起こるほんの一か月前でした。始まったばかりのさくら市のラジオ番組で、これからさくら市の良い所、素晴らしい所をたくさんリスナーの皆さんに伝えたいと思っていた矢先でした。実際に取材でさくら市を訪れると、山や建物、ビニールハウスなど生活の場のあちこちに、震災の影響が残っていました。

だからこそ、一緒に歩んできたまちだからこそ、今回のお丸山公園の一部開放は、期間限定だとしてもとても嬉しくて嬉しくて・・・

しかも私(みさ)、お丸山公園の桜を見るの、初めてなんです!

小堀さんに、一番のビュースポット、案内して頂きました。開放されている喜連川城温泉の建物(写真↓)内へ足を運びます!

わあ~~~キレイっっっ!!!

3階までの階段を昇った先に見えたのは・・・さくら市の豊かな田園風景!!!


3年半【SA・KU・RA FM】に携わって来て、ようやく見る夢が叶ったお丸山公園からの景色。目の前には大きな桜の木がありました。私が訪れたのは4月初旬だったから、桜はまだ小さな蕾でした。景色の中を流れる川は荒川。その向こうにこちらもさくら市のさくらの名所として有名な早乙女の桜並木が並んでいます。下の写真は4月初旬の撮影です。今日(4/9)あたり、満開の桜が大に小に咲き誇っている美しい景色が広がっているんでしょうねえ。


さて、3年振りに期間限定で今週の7日(月)から20日(日)まで解放しているお丸山公園。喜連川のまちなかでは、今週末の13日(日)に「第19回 喜連川商工さくらまつり」が開催されます。
ミニ上棟式やステージイベント、お子さん向けのゲームもある今回の喜連川商工さくら祭り。ピエロに扮した大道芸人さんも登場するそうですよ。

お丸山からの眺望も、喜連川のまちなかで行われるイベントも、県内外の皆さんに是非お楽しみいただきたいと、小堀さんはおっしゃっていました。

咲き誇る花たちも、もしかしたら私たち人間と同じ気持ちで、人から愛でてもらいたい一心で、花を咲かせているのかもしれません・・・ぜひ足をお運びください!

  
番組トップへ前のページに戻る
今回のSAKURA情報
2014年4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
さくら市

Tweet