ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

B-HOT!(23:55)  23:55~00:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/10/16 23:55/フェイトンに告ぐ/嘘とカメレオン

Thursday Talking Bar

[矢板・かも・ストロール]

2018年1月2日

矢板・かも・ストロール


今回は、12月30日に開幕した

第96回全国高校サッカー選手権大会に出場する、

矢板中央高校サッカー部の皆さんにお話伺いました。

大会前の貴重なお時間を割いて、協力してくれました。

お話を伺ったのは高橋監督、キャプテンの稲見選手、

そして中心選手の松井選手。

大会前ながら、リラックスした表情でインタビューに

答えてくれました。

まず、矢板中央高校は、前回の選手権予選で敗退してから、

新チームとなって迎えた新人戦、関東予選、インハイ予選と

すべて、県大会で敗れています。

どうすれば勝てるのか、どうすればチームがまとまるのか、

悔しい思いを無念に挑んだ、今大会。

そして夢の舞台への切符を勝ち取ったのです。

高橋監督曰く、今年のチームはとにかく個性的。

3拍子揃った選手は少なくても、

これだけは誰にも負けないという武器を持った選手が多いそうです。

だからこそ、攻撃の幅が広いチーム。

キャプテンの稲見選手も、この全国の舞台、を夢見て、

150名以上の選手たちをまとめ上げました。

そして、1月2日、矢板中央の初陣は2回戦!

三重県代表の三重高校。

チームの柱であるMF稲見選手、MF松井選手が巧みに

ゲームを支配。

後半には怒涛のシュートラッシュで力の差を見せつけ、

3対2で勝利です!

会場にはともなりくんの姿も!

これまで支えてくれた監督やコーチ、両親。

そして矢板の想いを胸に、日本一まで突っ走れ!

  
番組トップへ前のページに戻る
矢板・かも・ストロール
2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月