ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

B-HOT!(26:55)  02:55~03:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/9/26 02:55/ランニングアウト/yama

防災ナビ

[番組で紹介した情報]

2021年9月21日

★船生かぶき村★

今回は、大衆演劇が観られる場所!
船生かぶき村でした!
こちらでは劇団 暁のお芝居を観ることができます。
劇団 暁は、地方をまわる巡業組と
船生かぶき村でお芝居をする船生組があります。
今回は、船生組の初代座長、三咲てつやさんと
てつやさんの一番弟子、三咲さつきさんにお話を伺いました!

船生かぶき村は、三咲てつやさんが
栃木県西那須野町(現在の那須塩原市)で
劇団暁を旗揚げし、
平成6年にオープンしました。

現在は子どもから大人まで、
20人以上の方が在籍しています。
劇場はアットホームな空間でした~!
お芝居を見ているお客さんも
常連の方が多く、とても楽しんでいましたよ♪

こちらでは第1部でお芝居、
第2部では舞踊を楽しめます。
本来なら1部と2部の間にカラオケタイムもあるそうですが、
現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため
お休みになっています。

そして、手作りのお料理も自慢です!
特に唐揚げが人気でテイクアウトする人も多いのだとか・・・
我々もいただいたのですが、
とてもおいしかったです( *´艸`)

観劇料は、お食事+ドリンクがついて3,000円。
とってもリーズナブルです!

来月10月は巡業組が帰ってきますよ。
巡業組のお芝居も楽しみです!
ぜひチェックしてみてくださいね。

来週は、おいしいコーヒーの話題!
道の駅湧水の郷しおやにある、
山翡翠珈琲を紹介します。
お楽しみに!
★船生かぶき村★
住所 塩谷町船生7575-4
電話番号 0287-47-1061(完全予約制)
定休日 木曜日


2021年9月14日

★宮大工 小川三夫さん★

先週に引き続き、今週も
宮大工の小川三夫さんの
インタビューをお送りしました。
後編では、小川さんが宮大工を目指したきっかけや
修行の話などをお聞きしました。
そして取材のときに小川さんがかんなで削った
かんなくずも見せていただきましたが
とても薄い・・・!
布のような感じで、びっくり!
技術力に感動しました♪

お話を聴いていて、とても勉強になる言葉ばかりで、
楽しい時間でした!
帰り道でもずっとよっしー、ギュウゾウコンビは
職人さんについて考えていました~!
とても学びの多い時間でした♪
    
来週は、船生かぶき村を紹介します。
お楽しみに!


2021年9月7日

★宮大工 小川三夫さん★

今回は、塩谷町田所にある鵤工舎(いかるがこうしゃ)の
宮大工 小川三夫さんのインタビューを2週にわたって
ご紹介します。
1週目の今回は、作業場でのインタビューの模様を
お送りしました。
小川さんは昭和22年、矢板市生まれ。
栃木県立氏家高校を卒業後、
西岡常一(にしおか・つねかず)棟梁の門を叩きますが、
弟子入りを断られます。
その後修行を重ね、弟子入りを許され、
奈良県・法輪寺三重塔の再建工事、
薬師寺の復興工事に携わりました。
昭和52年に鵤工舎を設立。
全国各地の寺院の修理、再建、
新築などを行っています。

大きな木を扱う仕事を行っていて、
お城や橋なども作っているそうです!

作業場には若い職人さんがたくさんいました。
10年修行をしたら、独立する人が多いそうです。
弟子入りしたい方はたくさんいて、
男性だけでなく、女性の方も多いそうですよ!
みんなで共同生活をして日々、技術を磨いています。

鵤工舎を出た後も宮大工で活躍している人もいれば、
別の世界で活躍している人も多いのだとか…
ここでの修行の経験が頑張る力になっている人も多いそうです。

小川さん、とても素敵な方でした~♪
取材中、若い職人さんとのやりとりも見ていましたが、
冗談を言い合ったり、みなさん、
とても楽しそうに仕事をしていましたよ。
小川さんの木についてのお話も印象的でした。
普通の家は木が小さいので、
木のクセを抑え込めむことができるけど、
大きな木は、それぞれの木のクセを大きいので、
クセを活かすように作るそうです。

また新築と修復では難易度も違って、
修復するときは、昔、建物を建てた人の
心を理解して作らなきゃいけないので、
大変なんだそうです。
先人の力量以上のものがないと、
前の人の心は理解できないとのこと…

小川さんは建物をみれば、
作った人がどんな気持ちだったか
わかると言っていました。
すごい・・・!
とても学びの多い時間でした!

来週も小川さんのインタビューの模様をお送りします。
お楽しみに!


2021年8月31日

★塩谷町図書館★

きょうは、塩谷町の本の話題!
「塩谷町図書館」をご紹介しました!
こちら、あーりんが働いていた場所だったんですね~!
もともと小学校だった場所なので、
学校の図書館にきたような
懐かしい気持ちになりました。
図書館のマスコットキャラクター・塩谷らほちゃんは、
あーりんと地元の子どもが考えたキャラクターで、
図書館のあちこちいますよ♪
探したりするのも楽しいですね!

こちらの図書館、新刊も含めて、本の種類がたくさんあります!
ぜひ活用してくださいね。
現在は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため
臨時休館となっています。
次回の開館日は9月14日(火)の予定です。
休館中も、インターネットなどの予約による
本の貸出しを行っています。
詳しくは、塩谷町図書館までお問い合わせください!

来週は、宮大工の小川三夫さんをご紹介します。
お楽しみに!


★塩谷町図書館★

住所 塩谷町大字船生989-1(旧船生東小学校の跡地)
電話番号 0287-47-0088


2021年8月24日

★和食たかはし★

きょうは、塩谷町のグルメの話題!
「和食たかはし」の「里芋ふらい」をご紹介しました!
今回お話を伺ったのは、店主の髙橋孝男さん。

「和食たかはし」は、
ランチにぴったりの定食メニューや
宴会・パーティー・御祝いなどのお祝膳。
法事膳・会席膳などを提供している、
地域の方々に愛されているお店です。
その中でも人気のメニューが
しおやブランドにもなっている「里芋ふらい」。
高橋さんが手間暇かけたこだわりの一品です。
蒸かした里芋をこねて、高温の油でカラッと揚げたフライ。
一口かじれば、粗めのパン粉をまぶした衣のサックリとした
歯触りと、しっとりなめらかなに仕上げた里芋の風味を
同時に楽しむことができますよ。

塩谷町の名物里芋を使って、
何か名物が出来ないかと考案されたそうです。
里芋ふらいは、
道の駅湧水の郷しおやでもお持ち帰りで販売していますよ。
ぜひ食べてみてください!

★和食たかはし★
住所 塩谷町田所2454-21
電話番号 0287-45-0656。
定休日 月曜日

来週は、いろいろな本が楽しめる
「塩谷町図書館」をご紹介します。
お楽しみに!


  次のページ
番組トップへ前のページに戻る