ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

昭和歌謡メモリー~always favorite songs~ 13:30~14:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/4/23 13:52/志村けんの全員集合東村山音頭/ザ・ドリフターズ

ベリテンライブ2021
Bridal Expo
ビッグローブ光(3)
RADIO BERRY エコ活キャンペーン
とちぎの11町コンテスト
ビッグローブ光(2)
FOOD ACTION NIPPON
生コマ
お仕事ナビ
ビッグローブ光

[放送内容]

2021年3月31日

第39回 いにしえの大田原を旅した松尾芭蕉と巡る観光

暖かくなってきて大田原散策にピッタリの今日この頃。今回は、松尾芭蕉も旅した大田原をの〜んびり観光しながら、巡っていただける企画をご紹介します。

黒羽へ訪れた人を案内している観光ボランティア、ふるさとを知る会・直箟浩子(すぐの ひろこ)さんにお話を伺いました。

黒羽と芭蕉は大きな関わりがあることはご存知でしょうか。

大田原市黒羽地区は、江戸時代の有名な俳人・松尾芭蕉が元禄2年(1689年)に「おくのほそ道紀行」で訪れた場所です。

芭蕉は黒羽に、「おくのほそ道」で最も長い13泊14日もの間、滞在しました。時期は5月21日から6月3日(旧暦の4月3日~4月16日)まで留まり、黒羽で多くの句を詠みました。
黒羽藩家老の浄法寺桃雪とその弟の鹿子畑翠桃は、兄弟が江戸に滞在していたおりに芭蕉の弟子でした。桃雪・翠桃兄弟とのつながりから、芭蕉は黒羽では兄弟の邸宅に滞在し、地元の俳人たちとも句会を催して(歌仙を巻く、と言います)交流しました。

また、芭蕉の禅の師であった仏頂和尚ゆかりの雲巌寺を訪れることは、「おくのほそ道」に旅立った芭蕉の大きな目的のひとつでした。

今回の旅のおすすめは「句碑巡り」!

句碑とは、俳句が刻まれた石碑のことです。黒羽では芭蕉や同行の曽良が詠んだ句が刻まれた句碑がたくさんあります。そのうち10ヶ所が句碑めぐりコースとして整備されており、スタンプ台が設置されています。スタンプ台紙付きの句碑めぐりマップを観光協会の窓口で配布していますので、ぜひマップ片手に巡ってください。
その句碑を辿りながら、途中立ち寄るのにおすすめのスポットもご紹介いただきました。

句碑めぐりの句碑のうち、4ヶ所は「芭蕉公園」周辺にあります。芭蕉公園は浄法寺邸の跡地にある公園で、この地で芭蕉は「山も庭も 動き入るや 夏座敷」の句を詠んでいます。芭蕉滞在当時の建物ではありませんが武家屋敷の趣を残す旧浄法寺邸があり、夏の紫陽花、秋の紅葉が庭園を彩ります。
近くには「黒羽芭蕉の館」があり、芭蕉に関わる資料と、黒羽藩大関家の資料を常設展示しています。芭蕉の館北側の階段を進むと、すぐに黒羽城の本丸へ到着します。城址公園となっていて、初夏の紫陽花が見事です。
また雲巌寺は武茂川の渓流沿いにある臨済宗妙心寺派の名刹です。芭蕉はここを訪れた際に、禅の師であった仏頂和尚を偲んで俳句「木啄も 庵は破らず 夏木立」を詠んでいます。山門正面の朱塗りの橋が映える景色が美しく、これからの季節は新緑が楽しめます。

「芭蕉の郷くろばね」としてご紹介する上で、皆さんに知っていただきたいポイントも伺いました。

中米のホンジュラスという国のヒメナさんという女の子が、芭蕉の地を訪ねて黒羽を訪れ、雲巌寺で自分の俳句を詠んでいます。テレビ番組の取材で、その際はふるさとを知る会でご案内しました。今、日本で生まれた俳句、そして松尾芭蕉は世界的に知られていることを、皆さんにも知っていただきたいと思います。…とのことでした。

海外にまでその存在を知られている松尾芭蕉。身近なところに縁がありますから、観光しながら、その足跡を辿ってみると、ゆったり、素敵な一日が過ごせそうですね。

2021年2月3日

第38回 縄文時代に思いを馳せる企画展示 

今回は時代をググッと遡って、歴史に思いを馳せる縄文時代をピックアップした展示をご紹介。大田原市なす風土記の丘湯津上資料館の学芸員 鈴木志野さんにお話を伺いました。

「なすの縄文遺跡ーなす風土記周辺の遺跡からー」

那須地域の縄文時代、特に中期から後期と呼ばれる期間を中心にした、縄文遺跡を紹介する展示。なす風土記の丘湯津上資料館と那珂川町なす風土記の丘資料館の2館に会場を分けて展示を実施していて、大田原市では特に那須塩原市・那須町の縄文遺跡を中心に取り上げています。展示で中心となるのは、縄文時代の集落、人々が集団で生活していたムラの遺跡です。
縄文時代は約1万年以上続いた時代ですが、縄文時代から現代までの人類の歴史がだいたい1万3千年くらいなので、その半分以上が実は縄文時代!

縄文時代はとても長い分、気候も大きく変動しています。縄文時代中期は、だいたい今から5000年前から約1000年間続いた時期なのですが、気温の上昇が落ち着いてきて安定し、だいたい現在と同じくらいの気温だと言われています。食べ物を加工する技術も発達し、人口が増えて、大きなムラが形成されるようになってきます。このころの縄文土器は、立体的な模様が付いたり豪華な装飾が付くなど、一番派手でかっこよくなってくる時期なんだそう。
大田原市なす風土記の丘湯津上資料館では、大田原市で発見された縄文土器のほかに、特に那須塩原市、那須町で発見されている縄文土器を見ることができます。そのほか、土器だけではなく、当時の人々が生活するために使用していた道具は基本的に石製ですので、石器なども一緒に展示する予定だそうです。
  
見所は、那須塩原市で見つかっている槻沢遺跡(ツキノキザワ)という遺跡。那須を代表する縄文時代の一大集落で、竪穴住居や土坑とよばれる人工的な穴から、土器が一括で出土しています。その中には関東地方と東北地方の両地域の特徴を持つ土器が含まれているそう。「槻沢タイプ」とも区分される、当時の那須の文化交流をあらわすような貴重な資料を見ることができます。
そのほかにも、那珂川の流域で発見されている動物を表現した把手が多く出土しており、ヘビ・カエル、鳥などを模した立体的な飾りがつけられる土器も見つかっています。

大田原市や那珂川町の周辺では、「浄法寺タイプ」と呼ばれる、関東・東北・北陸の特徴を持つ縄文土器が発見されています。その土器との違いを合わせてみるのも、とても面白いと思います。

那須地域は、那珂川を通じて関東地方、東北地方、北陸地地方とつながり、さまざまな地域の特徴をあわせもった土器や、各地から流通してきた石器など、予想以上に、当時の人々が様々な地域と文化交流していたことが明らかになっています。

今回の展示では、いままであまり日の目を見ていなかった資料や、過去に展示されてから時間の経っている資料など、近隣の地域で出土している土器などを一挙展示いたしますので、なかなかない貴重な機会となると思います。
「なすの縄文遺跡ーなす風土記周辺の遺跡からー」

場所 なす風土記の丘湯津上資料館 
期間 2月6日(土)〜4月4日(月)まで
月曜日が休館となります。

入館料 一般100円 高校生・大学生は50円、
中学生以下は無料です。
開館時間 午前9時〜午後5時まで

2020年12月9日

第37回 コロナに負けるな みんなで応援大田原 スタンプラリー 

コロナの影響で大田原市内の商店街も大変な影響を受けています。そこで考えられたのが、今回ご紹介する、その名も「コロナに負けるな みんなで応援大田原」です。
どんな活動なのか、大田原商店連盟会長の斎藤雅弘さんにお電話を繋いで伺いました。
まず、今年の5月にホームページを立ち上げました。その理由は、まさに、コロナの影響が事業者に大きな影響をもたらせていたからです。何かできないか?と商工会議所の職員とともに考え「大田原を元気にしよう」とホームページを立ち上げたそうです。

まず、ページを開くと大田原ふるさと大使からの応援メッセージが目に入ってきます。

さらに下にスクロールしていくと、「お店のカテゴリーから探す」というものが出てきて…飲食・商店・卸売り・サービス業・その他のサービス…とカテゴリー分けがされています。
様々なカテゴリーに分かれているので、簡単に自分の欲しい情報を見つけることができるんです。さらに、下を見ていただくと、所属組織ごとに探せるような分類もあります。

そして、このサイトに掲載されている商店を回る、スタンプラリーも開催しています。

事業者を応援したいのと同時に、お客さまには、このサイトに掲載されているお店を、たくさん回っていただき、この機会に、まだ足を運んだ事のないお店にも、行って欲しいという思いもあって、スタンプラリーを行う事にしたそうです。
それぞれのお店で商品をお買い上げいただいたお客様に一つスタンプを進呈します。そして5つのスタンプを集めた方には、毎回150名に嬉しいプレゼントが抽選で当たるというものです。

抽選と言っても、当選確率がとっても高いと噂ですよ♪第一回の抽選では、かなり高い確率で何らかの商品が、応募者に当たったんですよ!
例えば、飲食店の食事券をはじめ、お肉の詰め合わせや、各商店の優れた逸品や、「さんたからあげ」が約60個もらえるような面白いものまであります。あっあと忘れていけないのが当選者には必ずペア温泉券が付いてくるなど、魅力たっぷりな賞品!

この他にも「コロナに負けるな みんなで応援大田原」のホームページサイトに掲載されているたくさんのお店をチェックして、ぜひ、5つのスタンプを集めてください。

スタンプの台紙、及び、全て集めた場合の応募は、いずれかの参加店からもらって、提出していただければOKです。期間は来年2月28日までです。

大田原のお店はコロナ対策をして元気に営業しております!!皆さんの応援が大田原全体を元気にします!!大田原は笑顔の町です!!コロナ禍ですが笑顔を忘れずに過ごしましょう

ちなみに、スタジオでは、岩上商店のあまさけ・まっちゃんキムチ・まつや薬局よりレオピンファイブをご紹介しました。

まつや薬局では「ラジオをきいた」というと、レオピンファイブのお試しと、来客プレゼントをしてくださるそうです!この機会にぜひ!!

2020年11月27日

第36回 一店逸品運動開催中!

どんな活動、イベントなのか、大田原一店逸品実行委員長の岡野繁雄にお電話を繋いで伺いました。

一店逸品運動とは、平成5年に静岡県の商店街で始まった活動で、これに倣い、大田原版一店逸品運動を立ち上げて、来年度で10周年。回をおうごとに、参加店舗が増えて今回は37店舗が参加しています。

参加店には店頭にポスターやノボリをあげてもらって、地元の方はもちろんですが、大田原市外から来た方にも、わかりやすいと思います。それぞれのお店の自慢の逸品を、写真や解説と共に、店内に掲示してありますので、何を選ぼうか迷ったお客様にも、分かりやすいですし、お店側も、自慢の逸品をPRできると好評なんです。

さらに、定期的に開催している、一店逸品お店まわりツアーというものがあるのですが、毎回定員を上回る応募があり、大人気!

お店回りツアーは、ガイドの案内により街歩きをしながら参加店を4~5店舗回り、街の歴史を聞いたり、店主のこだわりの逸品を見たり、味わったりして、大田原の街なかの魅力を再発見するツアーです。

そんなお店まわりツアーが12月5日(土)に開催されます。

現在、参加者を募集しています。開催日は12月5日(土)参加料は1500円で、午前11時〜午後2時までを予定しています。集合場所は、大田原商工会議所4階です。定員の残りがわずかになっていますので、お早めに、大田原一店逸品実行委員会まで、お申し込みください。今回もガイド付きでお店をまわって、お昼もついています。なお、お申し込みは11月30日(月)までとさせていただきます。お電話番号は0287-22-2273です。


実は、これらのお店を回ると商品が当たるスタンプラリーを行っています。今年度のスタンプラリーはご来店スタンプ、お買物スタンプの2種類。

ご来店スタンプは、参加店に来店するとスタンプが貰え、お買物スタンプ は、参加店で買い物をするとスタンプが貰えます。いずれかのスタンプが5つ集まると応募ができ、1,000~10,000円分のお買物券などの豪華賞品が当たります。

スタンプの台紙はそれぞれの参加店に置いてあります。集めたスタンプ台紙の提出も、いずれかの参加店に行けば応募ができるよなっています。 
一店逸品運動参加店では、新型コロナウイルス感染症対策を十分にとり、お客様の安全・安心を心掛け、営業いたしております。是非、大田原へお越しください。

今日は一店逸品運動参加店では、新型コロナウイルス感染症対策を十分にとり、お客様の安全・安心を心掛け、営業いたしております。是非、大田原へお越しください。

中野 今日は大田原一店逸品実行委員長の岡野繁雄さんお電話を繋いでお伺いしまし
た。岡野さん、ありがとうございました。ぜひ、皆さんも、この機会に、大田原市
にちょこっとより道してみてください。お店回りツアーのお申し込みは一店逸品実行委員会までお申し込みください。お電話番号は0287-22-2273です。
「ちょこっと 寄り道 大田笑市」次回は12月9日の4:40分からのお届け
です。ナビゲーターは とろろこと中野知美でした。

ぜひ、皆さんも、この機会に、大田原市にちょこっとより道してみてください。お店回りツアーのお申し込みは一店逸品実行委員会までお申し込みください。お電話番号は0287-22-2273です。

「ちょこっと 寄り道 大田笑市」次回は12月9日の4:40分からのお届けです。いつもと時間がちょこっと違いますので、ご注意ください。

ナビゲーターは とろろこと中野知美でした。
↑眞善さん、井出さんとスタンプラリーに因んで、一店逸品クイズラリーを行いました。

2020年11月4日

第35回 豊臣秀吉と那須氏 激動の天正18年

今回は、歴史的にも大田原にとっても重要な、宇都宮・会津仕置から今年で430年目の節目を迎えたことを記念して、宇都宮・会津仕置430周年記念特別展示 豊臣秀吉と那須氏―激動の天正18年― を11月23日まで、開催している、那須与一伝承館の企画展をご紹介しました。

ゲストは大田原市那須与一伝承館 主任学芸員の重藤智彬  (しげとう ともあき)さんです。

今からちょうど430年前、天正18年(1590年)北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は、関東と奥州の戦後処理を宇都宮と会津若松で行った。これを、人は、宇都宮仕置や会津仕置と呼んだ。
この仕置によって、烏山8万石を領していた那須氏は改易、罰を受け、平安時代より続く名門・那須氏は滅亡の危機にさらされたのである。しかし、およそ4ヶ月後に何とか再興することができたのであった。

こうしてみるに、天正18年は那須氏にとってまさに今後の運命を決める「激動の年」だったと言えるのである。

また、秀吉は、宇都宮から黒川(現在の会津若松)に向かう途中、大田原に滞在している。この事実はあまり知られておらず、この滞在が、那須氏の運命を決めることとなったのである。

…というのが企画の概要です。
これらの内容を裏付けるような歴史の一端が垣間見える重要な資料がいくつも展示されている他、当時、要となった、城や城跡の写真もパネルで展示しています。

一説によりますと、秀吉は大田原城に泊まったと言われています。
ここで大田原氏や黒羽の大関氏、芦野氏といった那須地域の有力者を引見し、8月4日から6日まで滞在。
その後、白河を経て会津で仕置きを行います。大田原は、この後、奥州と関東を
つなぐ街道の拠点としても機能するようになりました。

さらに、どのように那須氏が復活できるのか、また、復活には那須与一が関係していたことなど、那須氏にとっての天正18年という切り口で、歴史を味わうことができます。
今年は、天正18年豊臣秀吉が天下統一の総仕上げとして行った宇都宮・会津仕置から430年の節目を記念して、栃木・福島の両県 関係5館(福島県立博物館・小峰城歴史館・さくら市ミュージアム・栃木県立博物館・大田原市那須与一伝承館)で、秀吉や、戦国期に関する展示会を開催しています。


那須与一伝承館では、11月23日まで開催中です。入館料は高校生以上は300円・中学生以下は無料です。開館時間は、午前9時から午後5時までで、第2・4月曜日が休館です。貴重な展示の数々をぜひお楽しみください。

2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
前の月   次の月