ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

Get's Hawaiian 18:30~18:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2017/4/30 18:49/Punaluu Aloha/Chad Takatsugi

生コマ
ベリQ
ドコモFM
FOOD ACTION NIPPON
キャンパスNAVI
第6回那須連山縦走フェスティバル
ベリテンライブ2017
ROCKBERRY AUDITION
おでかけマップ
おでかけマップPhotoコンテスト

[番組情報]

2017年4月24日

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士からの情報

毎月最終週は、

宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 に

海外展開の法律問題のキーポイントについて伺っています。


今回は 【 駐在員と法律 】 から

『駐在員に対する法律』『労働許可証・就労ビザ』
『駐在員の休暇・残業等の労働法』


に、ついてお話を伺いました。
拡大画像


2017年4月18日

今週は、ベトナム・ハノイの 松尾英子(まつお・えいこ)さんに「海外の旬な情報」を届けていただきました!


今週は、ベトナム・ハノイで飲食店を経営されている
松尾英子(まつお・えいこ)さん
「海外の旬な情報」を届けていただきます!

【松尾さんのプロフィール】
父親の仕事の関係で台湾に生まれた松尾さん。
その後、益子町で育ち、大学時代は北京への留学を経験。
大学卒業後は接客業の経験を経て
2009年に宇都宮市に会員制クラブ「花れん」をオープン。
2016年4月からはハノイへ移住し、
会員制ラウンジ「藤や」をオープン。
栃木、そして、日本企業の情報交換の場・社交場として
更なる発展を目指しています。

「藤や」に訪れる人の9割以上は、駐在の日本人。
憩いの場、癒しの場として親しまれています。
拡大画像

ハノイは、1年を通じて曇ってることが多く、
カラッとした晴天になることは少ない、という気候。
また、ベトナムは縦に長い国ということで、
地域によって気候が違うことも特徴になります。

ハノイやホーチミンは、言わずと知れた、
ベトナムを観光するうえで外せない観光地。
現在も開発が進み、エネルギーあふれる町です!

にぎやかなリゾート地はちょっと。という方にも、
戦後の成長期の日本を思わせるような、
ノスタルジックな街並みもあり、
思わず、どこか懐かしさを感じるかもしれません。

また、ハノイは「四季」があり、
それぞれの季節で景色も楽しめるのも魅力の一つ!
儒教の教えが広がっているので、
年上を敬うなど、日本と同じような習慣があるので
親近感を感じるかも!

リゾート地と言えば「ダナン」
一面に広がるビーチ、リゾート地という側面に加え、
都市開発・企業誘致も進み、近代的な商業都市としても
栄えている観光地です!
リーズナブルに旅行できる点も〇です!

そして、ハノイの近くには、
世界遺産の「ハロン湾」が広がります。
大小さまざまな島が浮かび、おだやかの波の景色は
まるで「水墨画」のようなんだそうです。

ハノイから日帰りでも行けるという「ハロン湾」の旅行プラン。
松尾さんがおススメするのは「夕日が見られるクルーズ旅行」
ハロン湾の夕日を眺めて、そのまま世界遺産の海で一泊。。
そして世界遺産の朝日を見る。という、とても贅沢なプラン。

こういった景色を楽しむのも、楽しみ方の一つですが・・・

旅行といったら、食事も楽しみたいですよね!?
ベトナムというと「フォー」のイメージがありますが、
現地で親しまれているのでは『ブン』という麺。
フォーと同じで、
お米を原料にビーフンのように細い麺が特徴です!

これを使った、ハノイの名物料理「ブンチャー」
ぜひベトナムに訪れたら食べてほしい、おススメ料理です!

甘酸っぱいヌクマムを使った付けダレに、
(魚醤のこと。ヌックマム・ニョムナム)
炭火で焼いたつくねや豚バラをいれ、
ブン(麺)に付けて、パクチーなどハーブと一緒に食べる。
つまり「ベトナム風つけ麺」です!

この料理は、昨年オバマ元大統領が、
ハノイを訪問した際に食べたことでも有名になり、
何でもビールと一緒に楽しんだそうで、
ビールのあてにもぴったりな一品です!
ブンチャーの一般的な値段は、
日本円にして100~200円ぐらい。
リーズナブルに楽しめちゃいます!

ベトナムの朝は、屋台・露店でご飯を買って、
その場で済ましたり、会社で食べたりする人が多く、
平日でも、お酒やコーヒーを飲んでいる人たちも、ちらほら。
特に男性は、のんびり過ごしているそう。

これには、ベトナム戦争が長ったことが背景にあり、
男性がいない時期が長かったため、
男性は大事にされる傾向があるそうです。
その間、女性が主となって家庭を守ったり、
商業活動をしてきたため、今でも女性が働く。という
風習が残っているんですね!

ベトナムは、比較的治安がいいため
女性だけでも安心して楽しめる、
女子旅にもぴったりな国です。

物価が安いため、スパやエステ・ネイルといった
美容に関することもリーズナブルに楽しめますよ!
またベトナムの人は手先が器用なので、
どのお店も平均して技術が良いのも見逃せません!

海を見て、美味しいものを食べて、エステで綺麗になって、
そのすべてが、日本から近くのベトナムで体験できちゃいます!
お値段も、どれもリーズナブル!

女子旅はもちろん、ご家族・恋人とも
ベトナムを楽しんでみてはいかがでしょうか??


2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所