ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

B with You 10:00~10:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/6/27 10:47/ダンス・ウィズ・ミー/マイカ

FOOD ACTION NIPPON

[番組情報]

2019年6月24日

今週は新田弁護士と『株式会社SUBARU 航空宇宙カンパニー』若井洋さんとの対談です


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は、スタジオに、国際関係の弁護士業務がご専門の

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士。

そして、株式会社SUBARU 航空宇宙カンパニー

ヴァイスプレジデント 兼 技術開発センター長

若井洋(わかいひろし)さんをお迎えして、

お話を伺っていきます。


SUBARU 航空宇宙カンパニーは、
日本の航空宇宙産業をリードし、
多種多様な航空機の開発・生産に携わる会社です。

以前、番組でも取り上げましたが、
JAXAの超音速の研究(D-SENDプロジェクト)に参加。
スウェーデンで行われた「ソニックブーム」という
衝撃波の騒音を測る実験に成功しています。


youtubeでは収録風景と一緒に

内容を確認することができます。

ぜひご覧ください。


2019年6月21日

ベトナムダナン栃木法人会発足!

今日 第一回ベトナムダナン栃木法人会 総会と懇親会が行われました。
総会にあたりまして、海外進出への思いについてお話をさせていただきました。
栃木からダナンに進出している7つの企業、アイ電子工業、パンアキモト、ビューティアトリエ、エモーション、横浜テクニカ、TANOI,カテルの進出状況などの紹介がありました。
栃木から世界へジャンプの番組から、さらに事業を広げる企業さんも多く、感無量です。アトリエグループさんのダナン直営店は、すばらしいですよ。ダナンに観光で行く方もぜひ行ってみてくださいね!

2019年6月18日

今週は 行政書士井上事務所・井上尉央さんからの情報


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は、入管業務と行政手続きのエキスパート 

行政書士事務所・ISAパートナーズの

井上尉央(いのうえ・やすひさ)さん
 に

お話を伺います。

栃木県内では6月3日に
「とちぎ外国人材活用促進協議会」の設立総会が開催。
栃木県への外国人観光客、就職を希望する外国人のために
住みやすい生活環境を促進していこう。というものです。

さて、今回は

「外国人留学生のインターン」についてです。


〇外国人学生のインターン
外国人の学生についてもインターンを行うことができます。
インターンは、日本の学校に留学している留学生のみならず、
海外の大学に在籍する学生もインターンとして
日本で職務体験を行うことができます。

〇インターンの条件について
海外の学生を日本企業にインターンとして呼ぶ場合には
様々な条件があり、
これらをすべてクリアしなければなりません。

主な条件ですが、

①海外の大学でインターンのカリキュラムが組まれており、
 それが明文化されていること

②学校と企業の間でインターンに関する協定が結ばれていること

③受け入れ側企業のインターンカリキュラムが
 整備されていること

と、なっています。
自由に呼ぶことができるわけではありません。

これらの条件をクリアし、さらに

①給与や報酬の有無

②インターンの期間

に応じて、適正な在留資格をもって入国することになります。

◯インターンは就職ということではない

インターンは正式な就職ではなく、従業員ではありませんので、
決められたカリキュラムをきちんと行うようにしてください。
また、その業務内容によっては
労働にかんする法規も適用されますので、
適正なインターン活動を行えるようにサポートしてください。


2019年6月10日

今週も引き続き日光金属株式会社 代表取締役社長・佐藤 正太郎 さんへのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


引き続き、日光金属株式会社

代表取締役社長 佐藤 正太郎 さん
にお話を伺います。

日光金属株式会社は、平成14年に、
本社・工場を(上河内町から)矢板市に移転。
そして平成25年には、片岡工場新設。

事業を拡大させてきた日光金属は、
同じ年に、カンボジア(プノンペン)に
「日光金属カンボジア」を開設しました。


カンボジアに決めた理由は、

まず「人件費の安さ」
次に「首都の発展度」
そして、真面目で親日、手先が器用。という「国民性」

また「目に光るものを感じた。」と、
前社長が話していたそうです。。

佐藤社長もカンボジアには訪れているので、
首都が過ごしやすいこと。
綺麗な街並みや、日本食、洋風レストランも多く、
工業団地内では日系企業が多いため、
情報交換ができる過ごしやすい環境にあること、も
把握しています。
アジア圏の中でも、今後の成長も踏まえて
プノンペンは総じて良い地域。だと言います。

しかし、カンボジアは、もともと農業国であるため
工業人材が不足気味。
当時は日本人管理の工場のため、
海外経験に乏しいスタッフが多く苦労したそうです。
100名の従業員のうち、日本人の駐在員は0人。

有能なスタッフは日本で、
現地マネージャーとして研修・教育し、
責任者として工場を管理しています。

トラブル防止のために、
日本から短期出張で指導も行っていますが
現地マネージャーが責任をもって指導・管理しているため、
あまりトラブルは無いそう。

カンボジアでは唯一無二の工場・技術ということもあり、
転職というリスクは少なく、従業員たちは、
その技術に誇りをもって仕事してます。

日光金属株式会社は、栃木県では地域中核企業、
経済産業省では地域牽引企業に認定されています。
そのため、期待に応えられるよう、
地域の未来を照らせる企業になっていきたい。と
佐藤社長。

また、今後、需要や品質レベルの高まりに応じて
それに見合った技術が提供できるようにする、
社員が幸せに働ける、社会に貢献できる、
そんな会社を目指します。
それでは最後に、

佐藤征太郎さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。

海外進出において、最も大切なことは何でしょうか?

『 理解することが大切。
  環境・文化・国民性、食事 等
  情報だけでなく、自分の目で見ることが重要。
  自分で理解できていればトラブルも解決できます。』



今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。


2019年6月4日

今週は日光金属株式会社 代表取締役社長・佐藤 正太郎 さんへのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、日光金属株式会社

代表取締役社長 佐藤 正太郎 さん
にお話を伺いました。

矢板市片岡に本社・工場を構える日光金属は、

耐熱・耐磨耗鋼・熱処理治具などの

生産・販売を手がける会社です。

現在100名ほどの従業員が働いています。
日光金属は、平成元年に佐藤さんの父親が創業。
ゼロからのスタートで、
考え、チャレンジ精神をもって進んできました。
佐藤さんは16年前から働いています。


生産している製品は、
熱処理治具とごみ焼却用の部品に用いられ、
身近なものだと、車のギアの熱処理工程に使用されています。
(※ 硬さを上げるための焼入れ時等)

900°ほどの温度の過酷な環境で使用されるため
品質管理はとても重要です。
カーメーカー等は、メーカーによってギアの種類が違うため
規格に合うよう、取引先とのコミュニケーションを
大切にしています。


工場内にもお邪魔しました。

鋳物の独特の匂いがします。
海外生産に押され、
日本国内での鋳物会社は減少傾向にあるといいます。
そのため鋳物工場は存在自体が貴重。
耐熱性が求められる技術は難しい部類ですが、
逆にそれができる高い技術力が強みでもあります。

日光金属では5年前にオリジナルブランド

【NIMAブランド】を立ち上げました。

※ NI(日光) MA(マテリアル)

日光金属のモノづくり品質を保証するためのブランドで
ブランドのもと、安心・信頼をお客様に提供します。 

現在は国内向けの販売・生産ですが
今後は中国・タイなどアジアに向けていくということです。

来週も引き続き、お話を伺っていきます。


  次のページ
番組トップへ前のページに戻る
番組情報
2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所