ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

ON THE PLANET 01:00~02:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/12/6 01:40/今夜月の見える丘に/B'z

IZ*ONE本田仁美のWorld Get You

[番組情報]

2019年12月3日

今週は、五百部商事有限会社の五百部達也さんへのインタビュー


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は

五百部商事有限会社の 代表取締役

五百部達也(いよべたつや) さん


お話を伺います。


宇都宮市で創立50周年を迎えた五百部商事有限会社。
小型無人機ドローンを製造する会社で、
鹿沼市にも工場を構え、
日本で有数のドローン製造会社でもあります。

子どものころから
「ラジコン」が大好きだった五百部さん。
好きが高じたのか、家業だった寿司店を継がず、
あるときに手にしたラジコンヘリが今の
将来を決めました。

この仕事は毎日が趣味の延長上で
楽しく仕事ができているそうです。

10年以上前は専用部品が高額のため、
なかなか製造が難しかったドローン。
ですが、先進技術を使用した
ゲーム機・スマートフォンが登場するととに
搭載されるジャイロセンサー、加速度計、GPSなどが
安値で市場に出回るようになり、
5年ほど前からドローン市場が急激に成長し、
普及も始まりました。


性能も向上しつづけ、今では皆さんもご存知の通り、
誰でも簡単に空撮をすることができます。


五百部さんの元に集まってくる以来は、
大手企業のセンサー類や、
企画商品の専用設計ドローン。
言わゆる「特注」製品。

例えば 【空飛ぶ自動車】

これは自動車そのものでなく、
将来、人が乗ることを目的とした巨大ドローンで
東京モーターショーで展示用に開発しました。


この空飛ぶ自動車の派生形で、
「物資配達用のドローン」などもあります。

本格的な実用化・一般化が進むと、
ヘリコプターの代わりに、
山小屋まで食料品等を短時間で
輸送することができるようになります。

しかし、
まだまだドローンに関する法律・規制については
話し合いが進んでいるところなので、
現状では難しい状況であることも、
伝えてくれました。


来週も五百部さんにお話を伺います。


2019年11月26日

今週は新田弁護士と、日本貿易振興機構栃木貿易情報センター・川崎美奈子さんとの対談

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は、国際関係の弁護士業務が専門

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士と、

日本貿易振興機構(ジェトロ)

栃木貿易情報センター

所長 川崎美奈子 さん
 を、お迎えして、

お話を伺っていきます。

ジェトロは 海外74カ所、
国内47カ所のネットワークを活用し、
海外ビジネス情報の提供、
中堅・中小企業等の海外展開支援、
対日投資の促進などに取り組んでいる
独立行政法人です。

川崎さんは今年の9月にジェトロ栃木事務所に着任。
ジェトロには20年近く勤めていますが、
主に日本の産品・ブランドの輸出促進に
従事してきました。
オーストラリアのシドニーに駐在していたときは、
進出している日系企業の支援や、輸出促進として
日本の食品を現地のシェフや輸入業者に紹介し、
販路開拓も行ってきました。

ジェトロ栃木事務所は、宇都宮市の
とちぎ産業創造プラザの中に事務所をかまえて、
県内企業の貿易相談や、
海外進出のお手伝いをしています。

支援内容は幅広く、
海外進出を考えている企業の段階に応じた
支援メニューがあります。
一例ですが、輸出・進出などを検討している企業には、
セミナーを通じて海外市場の情報を提供しています。

また、ある程度輸出の経験があり、
さらに販路拡大を目指す企業には、
戦略立案から海外販路開拓まで
一貫してサポートする個別支援も行っています。


2019年11月19日

今週は 行政書士井上事務所・井上尉央さんからの情報

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、入管業務と行政手続きのエキスパート 

行政書士事務所・ISAパートナーズの

井上尉央(いのうえ・やすひさ)さん
 に

お話を伺います。


今回は『国際結婚と在留資格』について

伺っていきます。

●国際結婚に必要な手続き・在留資格
国際結婚は、国籍の異なる人同士が
結婚の手続きをすることであり、
日本人と外国人の方が結婚する場合、
日本に住んでいる場合であれば、
現在住んでいる自治体に
婚姻届を提出することで結婚は成立します。
ただし、相手の方の国や地域によって、
婚姻届に添付する書類が異なってきますので
事前に婚姻届を提出する窓口での確認は必要です。

ここで婚姻届が受理されてはじめて、
在留資格「日本人の配偶者等」に
変更できる条件を満たします。

在留資格を得るために「偽装結婚」して
制度の悪用を図る方をする方もいますので、
厳しい審査があります。
交際の開始時期、交際期間、生活の安定性、
過去の入管法の違反歴など、
多岐にわたり審査されます。
これらの基準をすべて満たして許可されることになります。


●「日本人の配偶者等」の
在留資格となった場合に出来る日本での活動

日本人とほぼ同等の活動をすることかできます。
特に、仕事に関しては一切の制限がなく、
入管法で一般的に制限されている
風俗営業法に定める業務。
例えば、ナイトクラブや社交飲食店、
パチンコ店や一部ゲームセンターなどでも
勤務することができます。

偽装結婚の多くのケースは、
外国人が日本で就労しようとすることを目的としています。
これを目的に日本人に近づく外国人の方もいますし、
一方で、見返りを求めるため
結婚に協力する日本人の方もいます。
いずれも認められるものではありませんので、
このようなことに加担しないようにしてください。
また、離婚してしまった場合は
「日本人の配偶者等」の在留資格を失うことになり、
そのまま日本に滞在すると、
一部の事例を除き違法の滞在となります。


●事業者の方が「日本人の配偶者等」を持つ
外国人の方を雇用する際に気を付けなければならないこと

就労の制限がありませんので、正社員、派遣社員、
アルバイト、パートいずれの雇用形態でも大丈夫であり、
どのような職種でも働けますので、
色々な場面で活躍してもらっていいと思います。

ただし、離婚しているにも関わらず、
その届出を行わずに「日本人の配偶者等」の在留資格で
日本にいる場合もありますので、
採用の際には必ず家族の状況を確認するようにしてください。

国際結婚や在留資格「日本人の配偶者等」の件で
相談がございましたら、
【行政書士事務所ISAパートナーズ】まで
お問い合わせください。


2019年11月12日

今週も引き続き、有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役 平出 賢司 さんにお話を伺います。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週も引き続き、

有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役

平出 賢司 さん
に、お話を伺います。
平出さんは2018年にオランダ王国大使より
「リリーアンバサダー」に任命され、
様々な活動をしています。
「ユリで想いを伝えたい」をスローガンに
湯の魅力をもっとしてもらおうと、
業界に携わるアンバサダーが
SNS等を使用して、日ごろから情報発信しています。

自社では「オープンデー」として、
ハウスや、畑を一般公開するなど、
積極的に取り組んでいます。
圃場にもお邪魔しました

東京ドームのグラウンド部分に埋まるほどのユリ、
ハウス全体で10万本生育しています。

つぼみの段階で出荷するので、
緑色の花畑になるのがユリ畑の特徴。

農場には様々な作業機器が取り入れられ
人員を減らしても効率よく作業が進むように
自動化が進んでいます。

ユリを運ぶという単純作業を効率化するためn
宇都宮大学と共に、
ユリ搬送ロボットの実証実験も行いました。
◯今後の展望・目標について
経営目標はもちろんですが、
国内での認知度、自分たちが生産しているものを、
もっと全国に広める活動をしていくこと。

生活にユリを飾るとによって、
ささやかな贅沢・香りで豊かな気持ちを味わってほしい。
と、平出さんは考えています。


それでは最後に
平出さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
モノづくりにおいて、最も大切なことは何でしょうか?

【情熱だと思います。
モノ作りはただ作るのではなくて、
そこに心・魂を込めることが必要なんじゃないかと思う。
それが情熱に繋がっていく】





2019年11月5日

今週は、有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役 平出賢司 さんへのインタビュー

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、

有限会社エフ・エフ・ヒライデ 代表取締役

平出 賢司 さん
に、お話を伺います。


エフ・エフ・ヒライデは、宇都宮市平出町で、
年間およそ100万本のユリを生産しています。
生産者直送の花を用いて、
有資格者の手によるブライダルブーケ、花束、
アレンジメントの作成も行っている会社です。

1970年代に(現)会長が花の生産を始め、
2000年から「農業法人」という形態をとり、
ユリに特化するように変わっていきました。

全シーズン生産可能な設備が整っいて、
音質を用い、気象・生育環境をコントロールして
一年を通して生産ができる体制になっています。

白・黄色・ピンク・赤系 等を初め
最近では、花粉がでない品種、
花弁がたくさんある品種等、年間60種のユリを栽培。



栽培へのエネルギー使用を減らし、農薬も減らす
環境負荷低減への取り組みも行っています。

化石燃料は、電気エネルギーに。
そして農薬の低減は-80%までの成果がありました。
これは、身近に置いておける花として
農薬で守られたものでなく、
口に入ってもいいような感覚で飾れるユリでありたい。
という思いが込められています。


2008年からは、
自社でオランダ種苗社と取引がスタート。
当時は輸出・輸入は初めて。

※ オランダは園芸系の農作物の輸出が2位。
(主に球根 等)

海外とのやり取りは、
人 対 人なので リスペクトが大切。
また、取引をするときは、
お互いに有益な印象を与えることが必要で、
同じような世界中の帳簿相手との
競争に負けないようにしたい。と、平出さん。

また来週もお話を伺っていきます。


  次のページ
番組トップへ前のページに戻る
番組情報
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所