ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

コスモ アースコンシャス アクト 野口健 トークセッション 13:00~13:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/2/18 13:45/Dragon Night/SEKAI NO OWARI

いちごと王子のバレンタインライブ

[番組情報]

2018年2月13日

引き続き、行政書士 井上事務所 井上尉央さんに、お話を伺います。

今週も行政書士 井上事務所

井上尉央さん
に、お話を伺います。

井上さんは、外国人の入管手続きを専門に扱っている
行政書士でもあります。
日々全国を跳びまわっています。
先週に続きますが、外国人が日本に滞在するためには
在留資格が必要で留学生・就労など、
その目的に応じた在留資格が必要になります。

では、その留学生のアルバイトや、
雇用の受け入れをした外国人を正規で雇用したい。
と思った場合、どうすればいいのでしょうか。
実は、この要件。
しっかりとした手続きが必要になります。

例えば留学生の場合、学生時代に何を学んできたか、
就職先の業務がどのようなものか。
これらが合っていないと、就職は非常に難しくなります。
先ほどもありましたが、
留学生は留学用に在留資格をもっています。
企業に就職したい場合は、
業務に見合った在留資格への変更が必要になります。

この変更には入国管理局での手続きのうえ、
許可が必要なりますので、
その業務内容が留学生と合っていないと許可が下りません。
そのため、許可が下りなかった場合は
働かせることができません。

企業側の取り組みとして、外国人の雇用の旨がある場合
採用担当や人事の担当者・窓口となる方たちが
入管法の基礎を知ることも必要になってきます。

実は留学生自体も、
この入管法に関することを知らない場合がありますので
互いのトラブルを避けるためにも十分に注意が必要です。

では、就職が出来る。となった場合。
もちろん仕事を始めるには
許可が正式に下りるのを待つ必要があります。
地域によって多少誤差がありますが、
基本的に12月ぐらいから、
4月に向けた留学生のための変更手続きを行っています。
採用したい学生や内定を考えている人材がいる場合は
一日でも早く手続きを行ってください。

雇用に関して気になることや、不明点がある場合は
行政書士に相談してみてください。


2018年2月6日

今週は、行政書士 井上事務所 井上尉央さん


このコーナーでは、
栃木県から世界各国へ進出する企業にスポットを当て、
海外展開のキーポイントを探っていきます。

今週は行政書士 井上事務所

井上尉央さん
に、お話を伺います。

先日はRADIO BERRYで開催した、
セミナーでも講演をしていただきました。

昨今は外国人の雇用・留学生なども増え、
それに伴い、外国人雇用などについて、
知っておきたいことを伺っていきます!


基本的に日本にいる外国人の方は
観光目的を除き「在留資格」を持って滞在しています。
この在留資格はビザとは違い、
「日本に滞在するために必要な資格」になります。

なので、留学生に関しては留学の在留資格。
企業で働いているかたは、
その働くための在留資格が必要です。

つまり、滞在している外国人は、
それぞれが違う目的・違う内容の
「在留資格」を持っていることになります。

在留資格は来日手続きの段階で、審査され決定されます。
現地の大使館などで発行されたビザを元に、
日本での在留カードを取得。
そこに改めて、どういった目的があるのか明記されます。

アルバイトをしている
外国人学生を見かけることがあると思いますが、
留学生というのは、原則、働くことは禁止されてます。

ただ【在留資格の資格外活動】の許諾が
入国管理国から出た場合、
多少の制限のもと働くことができます。

労働時間は、原則一週間28時間以内。
夏季休暇・長期休暇の期間のみ1日8時間。
一週間40時間が限度です。

経営活動を除き、職種に制限はなく
アルバイトや短期派遣などは可能ですが、
覚えておきたいのは、日本人のように働かせることができない。
ということ。

企業側も在留資格の制限を把握し、
法律の範囲内で雇用してください。


2018年1月30日

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士からの情報


毎月最終週は、

宇都宮中央法律事務所 新田裕子弁護士 に

海外展開の法律問題のキーポイントについて伺っています。

今回は 【 商標の冒認 】 から

『冒認とは?』『冒認への確認』

『冒認への対処』
 に、ついてお話を伺いました。


2018年1月23日

今週は、栃木県総合教育センター 教育相談部 五月女 勉さんへのインタビュー!

今週は、栃木県総合教育センター

教育相談部 五月女 勉 さん


栃木工業高校の国際交流活動についてお話を伺います。

2年前に足利工業高校を最後に定年退職し、
現在は県総合教育センター教育相談部に
嘱託で働いています。
栃木工業高校では、
平成24年度から25年度の2年間校長を務めました。

栃木工業高校ではタイとの国際交流を行っています。
これは、今から27年前。
栃木工業高校の創立30周年の年、
記念事業の一環で教育基金が設立。
そのお金を有効利用しようと当時の関係者で話し合う中で
「地域から世界へ」という目標が掲げられました。

もともと、栃木工業高校では車いすを修理する活動や、
地域の福祉施設・特別支援校との交流活動を行っており、
福祉教育やボランティア活動を、世界の舞台で展開しよう!と
ボランティア活動を通した国際交流研修が計画されることに。

タイは親日的で比較的治安も良い国であること、
日本の諸団体から情報を得やすいこと、
そして、タイ側からサポートしてもらえる団体がある。
という条件の良さ。
さらに、当時はタイ出身の生徒が在学していたこともあり、
両親を通じて現地との架け橋になってもうえる。という、
好条件が揃っていました。
栃木工業高校の部活動の一つに
「福祉機器製作部」という部が存在。
そこには、国内の様々な施設や団体から、
壊れてしまった車いすや、
使われなくなった車いすが集まるネットワークがあります。

それを生徒たちが修理をして、
海外の車いすを必要としている人たちに贈る。
という活動を部員20名前後で行っています。

世界の国々に贈った数は、栃木工業高校だけで
既に2000台を超えたそうです。
修理した車いすは、
飛行機の荷物として運んでくれるボランティア
施設などに配ってくれるボランティアによって運ばれ
飛行機で運ぶため
「空飛ぶ車いす」と呼ばれるようになりました。

いろんな人の手を借りて届ける
「国際協力ボランティアリレー」が構築されたわけですが、
実はこの活動の発祥が栃木工業高校なんです。
国際交流の重要性について、五月女さんは

工業高校生に限らず、若い人たちにとって実社会に出る前に、
出来るだけ、様々な体験を積むことが大切で
その一つに海外での体験が挙げられる。
実際に海外に行って、その国の風土、
言葉の違いや文化の違いを肌で感じながら、
経済状況や生活の実態などを見ることで、
価値観や視野を広めることができる。

その体験を通して、
コミュニケーション能力の向上が図れるだけでなく、
自分が将来どんな仕事で
社会貢献できるかということを考えるきっかけにもなって、
個々の生徒の可能性が広がります。

結果的に、在学中の学習の大切さも感じることができ、
学校内だけでは成し得ない人間教育に繋がるのではないか。
と話します。
世界のグロ―バル化に関しての今後については
国内で良い製品を作っていれば
企業が生き残れる時代ではなくなった。と言います。

既に世界中に数多くの日本企業が進出していますが、
これからの企業や技術者は、求められることも多く
国境を越えて海外の企業と協力しあって仕事をすること、
同じ企業内であっても、
海外の人と一緒に仕事をする機会の増加。
それらに対応できるよう、知識を深めるだけでなく
実体験を通して、
世界に通用するしっかりとした技術を磨くこと、

さらには、世界に羽ばたいて活躍しようとする、
チャレンジ精神が求められると思う。と

五月女さんは教えてくれました。


2018年1月16日

引き続き、株式会社 三本松茶屋 専務取締役 鶴巻 康文さんにお話を伺っていきます。

今週も引き続き、株式会社 三本松茶屋 

専務取締役 鶴巻 康文さん
に、お話を伺います。

創業100年余、奥日光で最も古い歴史を持つ三本松茶屋。
天の川が肉眼で見られる天体スポットとしても人気なんです。

先週も話を伺いましたが、三本松茶屋では
インバウンドに積極的に取り組んでいます。

欠かせないのは、人材の雇用と育成。
外国人社員の積極的雇用を昨年から行っています。

さらに、奥日光で活動するネイチャーガイドスタッフを擁し
昨年からエコツーリズム事業を開始。
こちらは現地で働くネイチャーガイド雇用の受け皿にもなる
事業です。
具体的な取り組みとして、
「永続して稼げる地域を作る。」ことを掲げ、
従来の自然を案内するネイチャーガイド・クラフトガイド。
自然体験など、観光資源を活用し体験を提供。

例えば、普段入れないような区画を夜間開放した、
車でのナイトツアーや
中禅寺湖でヒメマスの産卵体験ツアーなども実施。
どちらも好評に終わり、手ごたえを感じたそうです。

そして、2つ目。
当たり前のように思える情報発信。
これは栃木県全体でも足りていない部分で、
インターネットやSNS上の文字だけに囚われない
見る人の五感に訴えかけることが大切だと言います。

三本松茶屋では、
来年からユニークな取り組みを実施する予定なんだとか。
また三本松茶屋のHPも多言語に対応しており
エコツーリズム担当スタッフが作成。
内容もリニューアルし
エコツーリズムのHPはデザイン性を重視し
海外の観光客と距離を縮める工夫を凝らしています。

サービスにも価値を求められ、商品のみならず、
エコツーリズムを主体として自然体験を通じ、
心に残る、価値ある記憶を提供したいと鶴巻さんは話します。

観光=インバウンドではなく、アウトバウンドも視野に
現地のスタッフが海外の方と物や情報に加え
直接的な結びつきを持つことがインバウンド。

文化や価値観・言葉ではなく、
海外観光客とどういう形で相互の関係を築いていくかが、
現在の課題だと言います。
三本松茶屋では、今年度中に、
台中と新宿に発信拠点を設け事業も拡大します。

2015年には、
3年間で3つの新規事業。という目標を掲げており、

1つ目は現在力を入れている「エコツーリズム」
2つ目のクラフトビール事業も、開始間近。
3つ目の事業も現在、台湾で準備を進めているとのこと。

これらの新規事業で将来、地域の内政化を進め、
結果的に地域雇用が生まれること。
育った子供たちが戻ってきて、密接な交流が出来ること。
地域と一緒に育っていくことが最終目標。

観光業・接客業を超えた、
未来へ生きる貢献事業を三本松茶屋は目指します。
それでは、鶴巻さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。

インバウンドにおいて、最も大切なことは何でしょうか?

『相手が日本人であろうと、外国人であろうと
文化や価値観が違っても地元を訪ねてくれたなら、
家族や親しい友人と同じように迎えることが大切。』


今回も、

世界への扉がまた少し開いた音が聴こえたような気がします。


  次のページ
番組トップへ前のページに戻る
番組情報
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所