MENU
閉じる

[番組情報]

2019年10月8日

今週も株式会社大日光・エンジニアリング の山口琢也さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週も、

株式会社大日光・エンジニアリング

副社長 山口琢也 さん
 に、お話を伺います。

栃木県日光市に、
本社・工場を構える大日光・エンジニアリングは、
基板実装・完成品組立、
カスタム電源の設計などを手掛ける会社で、
中国・台湾・香港・タイにも拠点を構えています。
1994年に香港に
現地法人トロワエンジニアリング
プレテックホンコンLTDを設立。
80年代に一度進出するも3年で早期に撤退。。
しかし、94年に顧客から進められ
失敗の経験を活かし、もう一度進出を決めました。

その後、台湾、中国広東省、中国江蘇省、タイへと進出します。
それぞれ基板の実装、完成品の組み立てを行う工場ですが、
中国では、OA機器・複写機などのOA機器等を
タイでは、車関係の内臓基板を、、、
と、各工場で対応した顧客とのやり取りをしています。

こちらには、中国2拠点、タイ1拠点の合計3拠点で
20~25名の日本人スタッフが駐在しています。
現地雇用は各拠点で積極的に進めていますが、
ローカル化に向けた優秀な人材の確保が課題だそうです。
技術面は基本を忠実に指導し、
特定の作業には認定制度を設け、
技術面の統一を図っています。

本社・工場ではベトナム人をメインに
アジア圏のスタッフを採用。
年に一度、忘年会などで
従業員とのコミュニケーションをとる。という山口さん。
それにより、新しい発見もあるんだとか。

これからも海外だけでなく、
栃木の1地元企業として、地元の発展に協力し、
地元での魅力的な就職先として見られるような
会社を目指します。

最後に、山口さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
海外進出において、最も大切なことは何でしょうか?

やはり「挑戦」と「調和」の2つの心を忘れずに
現地にいったら現地の人との
コミュニケーションを密接にとり、
良い関係を構築できるかが大事なのかと思います。



今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。


2019年10月1日

今週は株式会社大日光・エンジニアリング の山口琢也さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は

株式会社大日光・エンジニアリング

 副社長 山口琢也 さん 
 

 に、お話を伺います。

栃木県日光市に本社・工場を構える
大日光・エンジニアリング。
基板実装・完成品組立、
カスタム電源の設計などを手掛ける会社で、
中国・香港・タイにも拠点を構えています。

電化製品・車の部品などの基板は
プリンター、カメラ、白物家電等、
日常生活に欠かせない製品に使われている部品です。

一部工場の中、作業風景を見せていただきました。

仕事場では男性・女性、性別関係なく、
多くのスタッフが作業をしています。
外国人スタッフももちろん精力的に働いています。


製品は、世界中に輸出され
特にアメリカ・中国に多く輸出されています。

大日光・エンジニアリングでは
超小型人工衛星用の電源システムも開発。
県内の大学と協力し、
様々な環境に対応できる基板作りに挑戦しています。

宇宙事業に関わる仕事をすることは
技術力の高さをアピールするチャンスとも言えます。
「宇宙事業」という、夢のある仕事も
ビジネスチャンスの一つとしてやっていきたい。と
山口さん。

もちろん、こういった取り組みは
社員のモチベーションにも繋がっているそうです。


来週も山口さんにお話を伺っていきます。


2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet