MENU
閉じる

[番組情報]

2018年8月14日

今週も、引き続き那須塩原市「赤沢温泉旅館」オーナー 遠藤正俊さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

引き続き、那須塩原市”塩原”にある

赤沢温泉旅館 オーナー 遠藤 正俊 さん

に、お話を伺います。

赤沢温泉旅館は、塩原の温泉街にありながら、
町中の喧騒を感じさせず、庭先ではBBQもできます。
「草原にある家」をイメージしているそうです。

宿には、日本人のほか、
アジア系(中国・韓国・タイ・香港 etc. )
アメリカ・南米・ドイツ・オーストラリアからも
外国人宿泊客が訪れます。


外国人宿泊者のために、
地元の良いところ、興味のあるところを紹介する。
ということを、心掛けている赤沢温泉旅館。

単なる、日本のお風呂や、宿泊、畳の部屋など、
日本ならではの新鮮さを提供します。

ジビエ料理でもある
”鹿肉”の料理を、SPECIALメニューとして提供することも
あるんだそうです。

奥さまの「潘 艶金(パン・イエンジン)」さんは中国人。
タイ大使館・オーストラリア大使館の知人を通じて
外国人観光客誘致に尽力しています。

奥様のほか、旅館には、
台湾・中国・アルゼンチン出身のスタッフも働いています。

遠藤さんは
「塩原をベースとした、ディープな日本のツアー」を、
演出できる旅行会社の設立も、目標に置いています。

海外から見たら、日本も海外。
綺麗な川・綺麗な水。他の国から見たら、何もかも新鮮。
日本の景色や文化を見たら、海外の人はどう思うだろう?
そういったこと提供したい。と、考えています。

将来的には、
「日本からの海外ツアー」も計画しているそうです。

遠藤さんが目指す「赤沢温泉旅館」
それは「世界の人が集って、文化や音楽が交わる場所。」
そして、自分たちがいなくなっても
会社や旅館が続くようにありたい。と話します。


最後に、遠藤正俊さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
インバウンドにおいて、最も大切なことは何でしょうか?

『 気持ちだと思います。
  どんなにマニュアル通りに接客をしても、
  気持ちが無ければ意味がない。
  おもてなしをしたい、たのしい思いをしてもらいたい。
  その気持ちが一番だと思います。』



今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。。


2018年8月7日

今週は那須塩原市「赤沢温泉旅館」オーナー 遠藤正俊さんへのインタビュー!


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、那須塩原市”塩原”にある

赤沢温泉旅館 オーナー 遠藤 正俊 さん

に、お話を伺います。

赤沢温泉旅館は、塩原の温泉街にありながら、
町中の喧騒を感じさせず、。
部屋からは、ほうき川も眺められ、
のんびり・まったり。自然の美しさが自慢のお宿です。

スタッフに、外国人を多く雇用しているのも特徴です。
これからは外国人を受け入れないと、仕事がままならない。
という考えや、インバウンド政策も含めて、
日本人・外国人に、もっと日本の良さをしってほしい。
という想いもお持ちです。

赤沢温泉旅館は、2015年4月から開業。
今年で4年目。


もともと製紙会社に勤めていた遠藤さん。
林業の担当だったため、自然に関心があり。
日本の自然・温泉好きが高じて、
「いつか温泉を通じて、
世界でお世話になった人にお礼がしたい。」と、
早期退職を決意。

奥様との「温泉旅館を買う」という夢のもと、
2013年に、遂に旅館を購入。
全国を探している間に一目惚れだったようです。


塩原(温泉)は、温泉の種類も多い、スキー場も近くにあり、
恵まれた立地環境にあります。

秋には紅葉も映え、以前、
タイやインドネシアのお客様を小太郎ヶ淵へ案内したら
大喜びされたそうです。

「日本全体では有名ではないことでも、
良いと思ってもらえるものを積極的にアピールしていきたい。」
と、遠藤さんは話します。

宿で提供される食事のお野菜は、塩原産。
近くの農家さんから仕入れているそうで、例えば
「畑が見たい」と言われた際、
受け入れられる準備もしているそうです。

農業体験ができる宿。
新しい展開が広がっていきそうですね。


2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet