MENU
閉じる

[番組情報]

2018年6月19日

今週は 行政書士井上事務所・井上尉央さんからの情報。



~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は、入管業務と行政手続きのエキスパート 

行政書士井上事務所の井上尉央(いのうえ・やすひさ)さん

『就職活動する留学生を採用するときのポイント』について

伺っていきます。

政府は15日、外国人材の活用を促進するため、
新たな在留資格の創設を決めました。
これにより「在留資格」について、方針を見直し、
人手不足と言われる
「建設・農業・宿泊・介護・造船」5分野での
「特定技能評価試験」を設置します。

この「特定技能評価試験」に合格すると、
「就労」の「在留資格」を取得できるようになります。
(日本語能力試験が必要)要:N4以上
外国人雇用の人材確保の幅が広がり、
対象分野には、嬉しいチャンスになりそうです。


学業での修学が終了し、就職先が見つからずに、
卒業後も日本に残って就職活動を続けたい留学生は、
自ら入国管理局で許可を得なければいけません。
アルバイトの場合は「資格外活動許可」を取得し、
1週間28時間を限度にアルバイトが可能です。

就職活動を行うためには「特定活動ビザ」とも言われる
「特定活動」の在留資格が必要です。
この「特定活動」は、
基本的に大学生、一部の専門学生の日本企業に就職を希望する、
学校を卒業した留学生が対象になります。
卒業校から推薦書をもらい、
就職活動中の生計方法などをまとめ、入国管理局に申請。
許可を得られると「留学」の在留資格から
「特定活動」の在留資格へと変更されます。
6か月の在留期間を”1回”まで更新可能で、
最大1年の就職活動が可能です。


もし、資格の切り替え期間中にかかわらず
正規雇用として労働をしてしまうと
入管法違反になってしまうので注意が必要です。
(アルバイトの場合は問題ありません)
切り替え期間中は、それまで通り、
アルバイトや。生計活動を行い、
正規の許可が得てから働くことを守りましょう!

正規雇用をする場合、
企業側は、留学生の「在留カード」をしっかり確認すること。
就職活動中の外国人は
「特定活動」の在留カードを持っています。
パスポートの確認も含め、留学生だからと言って、
話を聞かない。なんてことは避けましょう。


2018年6月12日

今週も、小林酒造・小林さんへのインタビューです!


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


先週に引き続き、小林酒造 株式会社

専務 小林正樹 さん
に お話を伺います。

小山市にある小林酒造は、
銘酒「鳳凰美田」を製造する酒蔵です。

冬があけ、お酒造りも一段落。
日本酒を原料として、リキュールも製造しているため
これからは梅の実の選定が始まります。

日本航空のビジネスクラスで提供されるなど、
全国的な知名度を誇る鳳凰美田。
今から7年から8年程前から採用され、
当時では、およそ13年ぶりの快挙だったそうです。
様々な関係者からお褒めの言葉もいただいたそうで、
思い出深い出来事になりました。


2014年には、本社工場での日本酒増産を目的として
リキュール製造拠点を栃木市に新設。
多種多様な要望を本社設備では生かしきれないため
それに応えるべく、縁が縁を繋いで工場を新設することに。

お酒造りは「人材」があってこそ。
お酒を造りたい。という蔵人の成長が
結果的にニーズに応える形になる。だと小林さんは言います。
若手に酒造りを教えつつ、
自分も「経営者」として学ぶことも多いんだそう。
 
海外販売が増えていった要因については
「これと言ってない。」という、小林さん。

自分の思惑があっても縁がなかったりすることも多々あり、
結果的に、組織・経営者がしっかり成長し、
会社が良くなってくると、海外でも賞がもらえたり、
お酒業界のプロたちとも繋がることができる。
経験をいかに昇華していけるかが大切。
ということを、学んだそうです。

しかし、小林酒造。
国内需要にも追いついていない現状です。
まずは、お酒が大好きな新人達に一人前になってもらうこと。
日本酒には作り手の人間力・人間味がそのまま現れるので
1人1人の魅力を引き出せるよう、しっかりとやっていく。
と話します。

昨年は、一般社団法人「日本ソムリエ協会」が始めた
日本酒の知識に関する認定試験「SAKE DIPLOMA」に
「小林酒造」の 高橋友里(たかはしゆり)さんが合格。

コーヒーショップでのアルバイトで、
1杯を大切にするということを学び、
お酒業界に飛び込みました。

この試験は、
ワインソムリエの田崎真也さんを筆頭においた
日本酒に特化した試験。
2020年に向け、日本酒文化を1人でも
多くの人に伝えられるように作られました。
高橋さんも蔵人の1人として、日本酒の面白いところを
1人でも多くの人に知ってほしい、
それを蔵の中から伝えたい、
鳳凰美田の魅力を発信していきたい。
と、話していましたよ。

今後も奇をてらわず、日本や、地元の歴史を勉強して
直球に真摯に、1人1人の個性を生かして、
直球に伝えていくことを大切にしていきます。

最後に、小林さんに世界への扉の鍵を開いていただきます。
海外でも通用するものづくりにおいて、
最も大切なことは何でしょうか?

『愛ですね、愛!やっぱり愛です!』

今回も世界へ扉が、また少し開いたような音がします。。



2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet