MENU
閉じる

[番組情報]

2020年4月7日

今週は、株式会社 井上清吉商店 五代目蔵元・井上裕史さんへのインタビュー!


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、
株式会社 井上清吉商店

五代目蔵元・代表取締役

井上 裕史(いのうえひろし)さん
にお話を伺います。

宇都宮市白沢町にある株式会社
井上清吉商店は、明治元年創業。
全製品の原料米に栃木県産米を100%使用し
「真・地酒宣言」というコンセプトを掲げる
こだわりの酒蔵です。

若い頃は蔵元を継ぐ気がなかったという、井上さん。
ですが、昔から関わっていた家族のような
「杜氏」が体調を崩したことがきっかけで
23歳から蔵元を継ぐ修行の日々が始まりました

そして、29歳という若さで、
澤姫の杜氏役に就任しました。

澤姫の日本酒づくりは「100%栃木米」に
こだわっています。

一般的にコンテストに出すようなお酒を作る際は、
兵庫産の山田錦(酒米)を使うことが多いそうですが、
井上さんは、その製造工程に
「地域性」を出していくために、
栃木の米にこだわり抜いて選んでいるんです。


その考えを貫き、2010年に
「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」で

「澤姫 大吟醸 真・地酒宣言」が
世界最高賞『チャンピオン・サケ』に選定されたのをはじめ、
様々な賞を獲得。

そもそも何故、世界的なコンペティションに参加したのか?

「常識を変えたかった。」と井上さん。
栃木の米を使うのは王道から離れ、
オンリーワンな考えでしたが、
オンリーワンでナンバーワンになる方法を探しました。
そこでたどり着いた酒が、
本当に美味しい・クオリティが高いものだと証明するには
コンテストで良い結果をだすことだ。と、参加を決意。

ただ日本だと、
どうしても山田錦と比べられてしまうため
外国の認識に挑戦してみよう。と考えたそうです。

自分たちの作った酒が世界的な賞を獲得することは
栃木の酒米が世界一になることと同じ。
なにより、地元の生産者たちも利益がでるように
なると一番良い。と井上さんは話します。


ちょうど仕込みの現場にお邪魔できました。

大吟醸の製造蔵です。
芳醇なフルーティーな香りが
蔵いっぱいに立ち込めていました。

なんでも大吟醸は発酵途中に
人の気配がすると、泡が活性化して、、、
元気になるんだとか!?!?


来週も、引き続きお話しを伺います。


2020年3月31日

今週は新田弁護士と今年度を振り返ります。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、国際関係の弁護士業務が専門

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士と、

今年度を振り返っていきました。 
 




ご紹介した情報は

栃木から世界へジャンプのYoutubeチャンネルを

ご覧ください。


2020年3月24日

今週は新田弁護士と新型コロナウイルス感染症にまつわる企業の対応についてです


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、国際関係の弁護士業務が専門

宇都宮中央法律事務所の新田裕子弁護士と、

新型コロナウイルス感染症にまつわる企業の対応について

法的な側面 
  から

お話を伺いました。


ご紹介した情報は

栃木から世界へジャンプのYoutubeチャンネルを

ご覧ください。


2020年3月17日

今週は 行政書士井上事務所・井上尉央さんから『VISAと在留資格』の情報

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、入管業務と行政手続きのエキスパート 

行政書士事務所・ISAパートナーズの

井上尉央(いのうえ・やすひさ)さん
 に

お話を伺います。

今回は

『VISAと在留資格』についてです。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、
いくつかの国のVISAが無効になり
渡航が制限されています。

特に、中国・韓国人に発行済みのVISAは無効とし、
韓国・香港・マカオは
ビザの免除措置を停止するとされています。
外国人の方々が日本に来る際には、
各国の日本大使館や領事館からVISA(査証)の
発給を受けることで、日本に入国することができます。
日本で入国審査を受ける際、
入国が許可されると在留資格が与えられます。
観光客にも
「短期滞在」という在留資格が許可されています。


◯VISAを取らないで
日本に入国することができる人と、そうでない人。

一部の例外を除き、観光や商談を目的とした
「短期滞在」の在留資格で入国する場合のみ、
VISAが免除されます。
2019年9月現在、
68の国と地域で日本国政府が免除措置をとっています。
これらの国と地域では、
日本への渡航目的が観光や商談などの場合は
現地の日本大使館や領事館で、
VISAを取る手続きをしなくてもよいことになります。

ちなみに日本国籍者は、
世界で一番VISA免除を受けている国です。


〇VISAの無効やVISA免除措置の停止による影響

VISAがないことには、
日本に入国することが全くできなくなりますので、
観光客はもちろんのこと、仕事や留学生といった方々も
日本に入国できない事態となっています。

日本の経済活動にも
大きな影響が出てくることは間違いありませんので、
今後海外からの直接の雇用や外国人客の誘致について、
しっかりと情報を集めて
対策していただく必要があると思います。
様々な憶測情報やデマ情報も飛び交っていますので、
慎重に、正しい情報を把握するように心がけて下さい。


2020年3月10日

今週も、昨年のベトナム・ダナンで行った取材の模様をお届けします。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

宇都宮市に本社を構える

「ビューティーアトリエ」が立ち上げた、

【 BEAUTY ATELIER J-First DaNang 】
(ジェイファーストダナン)

鴇田(ときた)さん
へのインタビューです。


6Fのビルになっており、1Fはカフェを併設。
チョコレートドリンクが人気なんだとか。

2~4Fは、従来のヘアサロン。
日本を意識した、こだわりの内装です。

日本人も含め、11名のスタッフが働いています。
(内・スタイリストは3名。)
現地で円滑に働くためには
お互いの言語による、解釈の違い、行き違い、
それぞれの主張で喧嘩がないように、
気を付けているとのこと。

客層は7割がベトナム人だということで
価格は現地価格の2倍から3倍ですが、
それが期待値にもなっているため
受け入れられていると思っている。と
鴇田さん。


また、特徴的だったのは
ベッドのようなシャンプー台。
日本ではあまり見かけませんが、
ベトナムでは、この形が主流。
意外にも日本人にも評判が良いとか。

また、5年前に比べると、
ベトナムも都市ごとに、
女性の美意識も変わってきている。と言います。

例えば、選択肢に、ロングだけでなく、
ショートスタイルにしてみるなど、
デザイン性を重視するように変化。

ベトナムでは、サロンでの要望、
いわゆる、お客からの「~にしたい」という
要望を聞かないお店が多いそうです。

そのため、多少価格が上がっても
ビューティーアトリエにくるお客様は、
似合う髪型や、スタイルを相談したい。
雑誌のようにしてほしい。というお客が多いんだとか。


6F建てのビルがヘアサロンというのは
ベトナムでは新しい店舗スタイル。
足を運びやすいように、という理由で
カフェが併設されている。ということ。

相談が出来るサロンというのは、
世界的にみたら一概には「良い」とは
言えないかもしれないが、
ベトナムには合っている。と
手ごたえを感じている、鴇田さん。
これまでの海外展開の経験が生きている。と
話してくれました。



  次のページ
番組トップへ前のページに戻る
番組情報
2020年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet