ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

PEOPLE 05:00~06:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/7/21 05:36/Gasoline/The Rua

FOOD ACTION NIPPON
お仕事ナビ
生コマ
ドコモFM
緊急告知ラジオ
夏のおでかけマップ2019
CM_Berryプロジェクト
浜崎貴司GACHI LIVE
indeedお仕事ナビ
ベリテンライブ2019

[番組で紹介した情報]

2019年7月18日

☆今月は、熊倉恵子さんのレシピをご紹介☆


明後日から夏の土用に入ります(18日間 土用明けは8/7)
この時期は胃腸などの消化器系の働きが弱まり、なんとなくダル重く疲れが出てくる頃です。
これからの夏本番に備えて、夏の強い紫外線に強い野菜をモリモリ食べて体をクールダウンし、元気に夏を楽しみましょう。

☆ 今週のピックアップ食材☆
<ゴーヤ(にがうり)>

【夏のパワーフード・ゴーヤ】

沖縄の代表的な食べものとして知られているゴーヤは、暑い季節の活力源として最近注目されている野菜です。
別名、ニガウリともいい、名前のごとく苦味があり、初めて食した時はその苦味に驚かれたことでしょう。
そんな苦味がありながらも人気が高いのは、沖縄の長寿を支える健康食として、さまざまな機能があることが解明されてきたからですね。
沖縄では昔から、ゴーヤの苦味は血液をきれいにして血圧を安定させる効果があると言われてきました。
インドのアーユルヴェーダでも暑い時の邪気を払う食べものとして取り入れられ、つわりのある妊産婦さんに食べさせる食べ物です。
ゴーヤの果皮に含まれる成分に血糖値を下げる効果があり、また、植物のインシュリンが豊富に含まれているので、アジアやアフリカなど広い地域で、古くから血糖値を下げる薬としても用いられ、糖尿病に有効です。
また、豊富に含まれる水溶性の食物繊維がコレステロールや血中脂肪を低下させる働きをします。
ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させ、ガン細胞の増殖を抑えたり、進行を防ぐ作用があり、抗ガン効果も期待されています。


ゴーヤのように強い陽射しの下で育った植物には、紫外線に負けない強い抗酸化作用のある成分を含んでいます。
抗酸化栄養素のビタミンCは、ゴーヤ1本につきレモン2個分、ほうれん草の2倍も含まれます。
通常は熱に弱いビタミンCですが、ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくい性質があります
ビタミンCは抗酸化だけでなく、疲労回復や、心身のストレスにも効果がありますので、夏場の体力回復には欠かせない栄養素です。


【薬膳としてのゴーヤ】

陰陽五行説に基づく考えでは、夏の暑さから体を守る「寒」の食材として、体を冷まし水分の摂り過ぎにより胃腸が弱るのを防ぎます。
また、その「苦味」は心臓の負担を軽くし、精神を安定させます。
生で食べれば、さらにその性格を強くします。
















【ゴーヤのマサラ(インド風焼き物)】

<材料> ゴーヤ     1本
     塩 小1/2 ターメリック 小1/2  油 大3     


<作り方>

1 ゴーヤは1cmの輪切りにする(種、わたつき)
2 切ったゴーヤに塩とターメリックをまぶしておく
3 フライパンに油を入れて熱し、ゴーヤを並べて中火で両面を色づく程度に焼く


【ゴーヤの梅和え】

<材料> ゴーヤ 1本  梅干し 5~6個

<作り方>

1 ゴーヤを縦半分に割り、種とワタを取って、5~8mmの薄切りにする
2 梅干しの梅を取り除き、実をたたいてほぐす
3 梅とゴーヤをボールに入れて混ぜあわせ、
  そのまま30分くらいおいて味をなじませ、出てきた水気を絞る


【ゴーヤの苦味を和らげる方法】

・薄切りにして水にさらす(長時間つけるとビタミンCが流出するので注意)
・塩もみして、時間をおく
・油を吸収すると苦にがやわらぐので、揚げたり炒めたりする
・下茹でする

[Profile]

熊倉恵子

一般社団法人・ヘルスフードマイスター協会代表理事 専任講師
日本リビングビューティー協会認定ローフード校 宇都宮中央校校長
日本リビングフード協会 ベーシック・シェフ&アドバイザー
野菜ソムリエ ベジフルティーチャー 食育マイスター
食生活アドバイザー サプリメントカウンセラー 歯科衛生士などの資格を活かし、体と心まるごとのホリスティックな健康作りのための講座やセミナーの講師を務め、食を通して病気を予防することを主旨とした人材を広く育成する

企業、行政、子育て支援団体、NPO団体などにおいて健康講座の講師を務める 
栃木リビング新聞社 リビングカルチャー講師
日本食生活ジャーナリスト協会所属

ガン予防、ヘルシーレシピ、スムージーレシピ開発し、ブログ、cookpadに掲載

大門佳代子

☆食育指導士・ヘルスフードマイスター
福島県出身 宇都宮在住
9歳、6歳、1歳、3児の母。
☆幼稚園教諭として15年勤務中、不妊、流産、妊娠、子どものアレルギーを機に食の大切さに目覚め、在職中に食育指導士の資格を取得。
退職後、食育基本法を立ち上げた食育ジャーナリスト砂田登志子先生、おむすびで有名な森のイスキアの故 佐藤初女先生、他、諸先生方の教えを受けながら食育について学ぶ。
平成24年に宇都宮食育塾を立ち上げ、食育茶話会、親子料理教室、食育キッズ塾、がん予防料理教室を開催し、地域の方々への食育活動推進中。
食育キッズ塾では、朝ごはんを一人で作れる方法を5歳から12歳の子ども達に伝え、現在4期生募集中。

☆資格取得
食育指導士・ヘルスフードマイスター・保育士・幼稚園教諭・小学校教諭

☆主なお仕事
自宅サロンにて食育講座・がん予防料理教室・食育キッズ塾
会社、団体、学校・PTA主催のお料理教室の開催
食事療法の個別カウンセリング

上村真巳

高校卒業後
東京広尾「レストランひらまつ」
益子町「穀物菜食ジャムウラウンジ 」

2005年
鹿沼市 フレンチベジタリアン AN-RIZ-L'EAU/アンリロ オープン

2018年
フレンチ✖︎薬膳 EAU-DE-VIE/オードヴィ オープン
OUR STORY WEDDING主催
子育てlifeをあとおしするブランコ主催
フレンチベジタリアン料理教室
ケータリング
瓶詰めドレッシング加工
薬膳セラピスト
宇都宮短期大学附属高等学校調理科講師

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月