ここからメインメニュー

  • お知らせ
  • 番組情報
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート
  • 番組表
  • PODCAST

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

学校運営戦略会議 22:00~22:30 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2024/6/14 22:14/HAPPY HAPPY BIRTHDAY/DREAMS COME TRUE

ベリテンライブ2024

エコラジ

[今月のエコピープル]

2023年3月1日

株式会社たいらや 取締役 営業企画部担当部長 清水徹さん

「たいらや presentsエコラジ」は
3月末で 最終回を迎えることになりました。
これまで「エコラジ」をお聴きいただいた皆さん、

ご出演いただきました 延べ150組の
“エコピープル”の皆さん、

本当にありがとうございました!

その締めくくりとして、今月は
株式会社たいらや 取締役 営業企画部担当部長 清水徹さんに

およそ12年半前…「エコラジ」を始めた頃のこと、
エコスグループ、「スーパーたいらや」が続けている
エコへの取り組みなど うかがいます。
 
 
エコスグループを構成する1社である「スーパーたいらや」。
「エコス」とは「エコ」の複数形で、
3つのエコ…
・Economical(資源保護)
・Ecology(環境配慮)
・Economy(お得)
を表しているのだそう。

資源を大切にして、環境に配慮しながら、
お客様が得する商品を提供し続けるということが
エコスというグループ名の由来!!
(ご存知でしたか?)

番組の放送がスタートした当初、2010年頃は
もしかしたら人々の間では 今ほど
環境問題への危機感は 強くなかったかも知れません。
それでも環境汚染などの問題は すでにそこにあって、
地球環境改善への取り組みは
様々な分野で急務となっていました。

その中で エコスグループは 早くからエコに取り組み
今では当たり前となった“レジ袋の有料化”に乗り出したり
レディオベリーとオリジナルのエコバッグを作って
キャンペーンを行なったり♪

さらに「エコな取り組みしている人や団体を応援したい」
そうした思いから 始まったのが、
「たいらや presents エコラジ」だったのです。
 
 
こちらは 清水さんのお話の中にあった
「Natulive(ナチュライブ)」の商品。

切り干し大根♪…というとちょっと地味~?なイメージも
あるかも知れませんが「Natulive」マークをつけ、
こだわりをもって作られた
エコな・おいしい・お得な商品として
“サラダにすると美味しいですよ!”とオススメしたところ
若い世代の方にも人気の商品になったのだとか!

このほかに「Natulive」商品は
現在10商品程度あるそうですが
これからもどんどん、増やしていきたいそうです。

スーパーたいらやが 自信をもってオススメする
エコでお得でおいしい「Natulive」の商品。
ぜひお店でチェックしてみてください☆

:::

そのほか、紙資源のムダを省く「電子レシート」の取り組みや
フードロスとプラごみを減らす 冷凍食品のお話など…
私たちの暮らしに密接なスーパーマーケットという場所で
こうした取り組みが行われることは、
私たちが 知らず知らずのうちに
エコな暮らしに近づく、その助けになってくれますよね!

今後も スーパーたいらや、エコスグループのスーパーで
エコな商品や取り組みに注目していきましょう☆
 

2023年2月1日

『サトーカメラ』中古オンラインショップ “さんぴん店長”こと 三品雅一さん

三品さんは 小学生の頃から
一眼レフカメラを首からぶら下げ 写真を撮っていたという、
根っからの“カメラ好き”!
過去10万台以上もの中古カメラ&レンズを査定してきた
カメラ&レンズ専門のプロバイヤーで、
20年に渡ってカメラレンズ専門店の販売員として
勤務した経験と豊富な知識を活かし、
“オールドレンズ大好き系YouTuber”としても活躍し人気に!
サトーカメラYouTubeチャンネルでは
毎週土曜・よる8時から
「さんぴん商会(さんぴんショー)」生配信中です。
 
 
今回は モノを大切に使う、
引き継いでゆく…という目線から
三品さんに 中古カメラの魅力について
お話しをうかがいました。

カメラのことは まったく素人なスタッフでしたが
三品さんがお持ちくださったカメラに
触らせていただくと…

なんだろう… う、、うれしい!!(笑)
なんとも言えず 温かな気持ちになりました。
 
 
↑こちらが お持ちいただいたカメラ。

左に写っているのが
ミラーレス一眼の「Nikon Zfc」。
右が、フィルム一眼レフの「Nikon F3」。

ご存知の方は「スゴ!」と思う型番のカメラだそう!
(ホント素人でスミマセン~)
とくに フィルムカメラは
なかなか触れる機会がないわけで…
久々に聞いた あのシャッター音に
鳥肌が立ってしまいましたね。

そして 自分でピントを合わせる 喜び…!?
すぐそこに“沼”が見えてきました…。(笑)
 
番組では 一台一台のカメラを
大事に使い続けるためのお手入れ・保管方法なども
教えていただきましたよ!

三品さんのお話をもっと聞いてみたいかたは、
「サトーカメラ」さんのYouTubeチャンネル
(三品さんは毎週土曜 20時から担当♪)、
店頭でもお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
 

2023年1月6日

『那須アウトバックツアーズ』 代表 金田健一さん

那須の大自然の壮大さに心を打たれ、
千葉県から那須への移住を決意した金田さん!
そんな金田さんが代表をつとめる
「那須アウトバックツアーズ」では
春夏秋冬、那須の自然で過ごす 非日常の体験を満喫できる
様々なアクティビティを提供されています。
夏は 清流 那珂川の源流部をアドベンチャーする
「シャワークライミング」、
冬は 高原のフカフカな雪をたのしむ
「スノーシュー&雪遊び」。
そのほか、「沼ッ原ハイキング」や
茶臼岳での「火山クッキング」、初夏の「ホタルツアー」、
春~秋の「ツリークライミング」など
一年を通して、那須を知り尽くしたスタッフの皆さんが
笑顔あふれる思い出づくりを サポートしています。
 
 
2020年…新型コロナ禍で
外出自粛が呼びかけられていた頃は
ツアーが開けず、ほうれん草を栽培する
農家さんでアルバイトをしていた…と金田さん。
そうした時期を乗り越えられ、
こうして また お会いし、
優しいお声を聴くことができたことが
とても嬉しく、、、スタジオでは
色々なおハナシで盛り上がりました!
 
 
そして オマケ写真… 身長差!!!
 
 
金田さん、こんな遊びにもお付き合いいただき
ありがとうございました~♪
 


2022年12月1日

「湯ノ湖・中禅寺湖をきれいにする会」 会長 星野仁志さん

※今回は お電話で出演いただきました。
 
 
「湯ノ湖・中禅寺湖をきれいにする会」 は、
奥日光の 湯ノ湖・中禅寺湖の 湖畔の清掃活動や、
「コカナダモ」の刈り取り作業など
ボランティア活動を行なう民間の団体です。

外来種である「コカナダモ」は、
もともと北米に生育する沈水植物(水中で生育する植物)。
繁殖力が強く、冬になって枯れると、湖の底にたまり、
分解されずに腐敗が進むと、それが湖の
「富栄養化」=水質の悪化につながります。
これを防ぐために、「湯ノ湖・中禅寺湖をきれいにする会」と
「奥日光清流清湖保全協議会」では 毎年11月に
ボランティアを集め、コカナダモの刈り取り作業を実施。

“首都圏の水がめ”とも言われる中禅寺湖・湯ノ湖の水と
周辺の環境保全に取り組んでいます。

*

そして 星野さんは、中禅寺湖畔にある人気レストラン
「欧州浪漫館 シェ・ホシノ」の オーナーシェフでいらっしゃいます。
(ご存知の方も多いのでは?)
レストランは、地元である 奥日光・中禅寺湖畔が
かつて ヨーロッパ諸国の別荘地として栄えていた頃の食文化を
もう一度作り出したい…という思いで開業されたそうです。

そうした地元・奥日光の風景や
自然環境に対する思いも うかがいますよ!
 

2022年11月1日

栃木県立博物館 自然課 研究員 山本航平さん

栃木県立博物館は、宇都宮市の中心部にほど近い
「栃木県中央公園」内にある 博物館。
考古、歴史、民俗、美術・工芸の人文系4分野と、
動物、植物、地学の自然系3分野を備えた 総合博物館で
今年で開館40周、昨年は
新しい収蔵庫が完成したことでも話題に!
 
 
その中で山本さんは、2017年から
自然課の学芸嘱託員として所属、
現在は 県立博物館の研究員として
栃木県の自然環境に関する調査・研究業務のほか
来館者に 栃木県の自然について伝える活動を行ない
専門である菌類・キノコをテーマとした 企画展なども担当。
研究者としては「日本菌学会」
「日本地下生菌研究会」「日本冬虫夏草の会」など
所属していらっしゃいます。

今回は 山本さんに、森の中(生態系)における
キノコの重要な役割について、あれこれ伺います!

*

そして コチラが…
山本さんが 小学生の頃から研究しているという
「冬虫夏草」の一種!!
 
 
冬虫夏草とは…土の中に籠っているムシに寄生して
そこから 成長してキノコを生やすという、
すごーく変わった キノコです。

(注意して見てください…
 写真の左側が“セミの幼虫”部分。そこからシュ~ッと伸びて
 写真右側の白くプチプチして見えるのが キノコ部分。
 ※こちらは 中央公園敷地内で掘り起こされたものだそう!)

すこし弱ったムシさんの体をもらい、
それを栄養にして 伸びるんですって。
「なんで!?」って、思いませんか?!

見た目にも かなり不思議なんですが
自然界には役に立っていないモノなんか ないワケで。。。

*

菌類に興味が湧いてきた~というアナタ!
山本さんが担当するという、
今後開催予定の キノコ関連のテーマ展がコチラです!

2023年3月5日(日)~18日(土)
テーマ展「地中に生えるキノコ~トリュフとその仲間たち~」


また、それに先駆けて、
今月11月19日(土)からは「いま知ってほしい 栃木の外来生物」
の展示がはじまります。

そのほか、栃木県立博物館では 年間を通して
様々な展示・講座・観察会がおこなわれています。
詳しくは、栃木県立博物館の HP等ご覧ください♪
 


  次のページ
番組トップへ前のページに戻る
今月のエコピープル
2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
前の月   次の月
たいらや