ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

賀来賢人 SUZUKI"KENTO'S CLUB" 17:43~17:53 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2020/12/2 17:45/Step and a step/NiziU

Bridal Expo
GOOCM 2020 結果発表
ビッグローブ光(4)
ラジオCMしませんか
栃木トヨタ クラウン特別展示会
生コマ
BERRY CAMPUS NAVI
ビッグローブ光(3)
とちぎのいい木「とちぎ材」のすすめ!
ビッグローブ光(2)

[今週のトピックス]

2020年10月21日

10月「バリアフリーはビジネスの卵」

今週のバリアフリーはビジネスの卵は、先月8日に閉幕した超福祉展についてです。超福祉展は、NPO法人ピープルデザイン研究所が、渋谷ヒカリエで2014年から開催している、今までの福祉の概念を超えた一大イベントです。障害や福祉、マイノリティに対する意識のバリアを取り除くために、最先端のテクノロジーやサービスの展示・体験があったり、多種多様なプレゼンターによるシンポジウムが行われています。タイトルにもあるように、2020年まで、という時限イベントなので、今年で終わりって分かっていたんですけど、終わってみると、やっぱりちょっと寂しい感じがありますね。僕はこの超福祉展に、初年度の2014年から参加し、翌年からは一部運営のお手伝い、そして2016年からは、シンポジウム登壇という形で関わってきました。思い返すと、この超福祉展を通して、多くの人と出逢ったことで、自分とは異なる障害者が感じる困難さや、課題の解決方法を知ることができ、新たな視点を手に入れることができました。そして、シンポジウムやトークセッションに登壇することで、僕自身のアイディアや取組みを世に広めることもできました。一言で表すのは、なかなか難しいですけど、「知ること、行動すること、伝えること」ができるようになって、自己成長ができるイベントだと思ってます。また、様々な社会障害や課題に対して、何が正解かを説くのではなく、毎年アップデートされた多様な問いが出てくるので、それをどう解消するかを、時間を共にした人たちで、一緒に考えていく、っていうプロセスが何ともポジティブでいい感じなんですよね。その他、社会全般的にネガティブなものとして描かれる事を、ポジティブにするだけじゃなく、そのポジティブをさらに超えていくような、デザインとか表現で、展示とシンポジウムが構成されているのも魅力的なところです。例えば、障害、福祉、車いす・・・このようなワードを聞くと、ほとんどの人が、身構えたり距離を置いてしまったりすると思います。そこで、アートやファッション、テクノロジーの領域で、そのワードに「カッコよさ」とか「可愛さ」、「POPさ」をプラスして、表現することで、一人ひとりが持つ個性が、新たな可能性を生み出す、ということを、ナチュラルな感じで知ることができちゃう。だから、今まで距離を置いていたテーマに対して、身近に感じることができたり、もっと知りたい、もっと行動したいって思えるようになるんですね~。超福祉展自体は、ファイナルでしたが、今後、同じようなイベントをこの栃木でもできればイイなーって思ってます。是非一緒にやりたい!って思っちゃった方は、是非番組にメッセージ下さい。

2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の月   次の月