ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

SCHOOL OF LOCK! 22:00~23:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2022/7/6 22:50/DA DA DA DANCE SONG/BiS

ラジオCMしませんか
BERRY GOOD DM 2022
ベリーグットリップ(春夏)
お仕事ナビ
Bridal Expo
ベリテンライブ2022
生コマ

[放送内容]

2022年6月22日

第42回 くろばね紫陽花まつり 開催

大田原市には、紫陽花を楽しめるおすすめスポットがたくさんありますが、今日はその中でも特におすすめのスポット、約6000株の紫陽花があると言われています、黒羽城址公園とその周辺で開催される「第28回芭蕉の里くろばね紫陽花まつり」をご紹介します。

黒羽商工会の主事 郡司祐太朗さんに伺いました

会場になっている黒羽城址公園は元は黒羽城として1576年に大関高増(おおぜきたかます)が築城し、北那須最大の規模を持つ城郭でありました。明治維新に至るまでの300年近く黒羽藩主大関氏の居城でした。

現在お城はありませんが、お堀があり、そこを渡る橋や、お堀の斜面、展望台、点在する池…など緩急に富んだ立体的な地形と風情の中で、紫陽花を楽しめるんです。さらに、近くには、黒羽体育館があり、手前のなだらかな道を下っていくと芭蕉の館と呼ばれる資料館、さらに400メートルほど下ると、曹洞宗の禅寺、茅葺き屋根が圧巻の大雄寺(ダイオウジ)があるという、見どころいっぱいのエリアなんです。
また松尾芭蕉が詠んだ句を刻んだ石碑が点在していますので、紫陽花をたどりながら、句碑を探すのもおすすめです。

そんな黒羽城址公園とその周辺を会場に「第28回くろばね紫陽花まつり」が開催されます

6月25日(土)〜7月3日(日)までの9日間、美しい紫陽花とともに、ステージイベントや展示、体験、そしてグルメもお楽しみ頂けます。


地元・黒羽高校の卒業生、棚瀬敬太さんによる津軽三味線の演奏や大田原市で活動されているよさこいチーム正心鼓動(セイシンコドウ)の皆さんの演舞
そのほか、土日を中心に、オカリナの演奏・お囃子などの郷土芸能・県内の高校生による和太鼓の演奏・市内の幼稚園児による歌や踊り、体操のステージもあります。プログラム、日時などについて詳しくは紫陽花まつりホームページ、あじさい観て味てマップをご覧ください。観て味てマップはまつり会場のほか、商工会、観光協会などで配布しています。

ステージ以外の展示や体験については黒羽盆栽同好会の皆さんによる盆栽展が25・26の2日間 芭蕉の館で開催されます。そして翌週の7月2・3の土日には、黒羽陶芸クラブの皆さんによる陶芸品のチャリティー販売が黒羽体育館前で行われます。

さらに、もう一つ、この雰囲気にぴったりの、浴衣の着付け体験も行います。日時は6月26日(日)午前10時〜午後3時まで。黒羽体育館の中で民族衣装文化普及協会の認定講師の方に着付けをしてもらい、会場を散策できるものとなっています。
〇浴衣貸出 男女各 30着
〇着付け料金 1,000円(税込)
それと、もう一つ、忘れちゃいけない、最後に美味しいもの!黒羽体育館前の「味彩広場」と呼ばれるグルメブースには焼きそば、おでんや、鮎の塩焼きなどの軽食のほか土日限定ですが前田牧場さんの牛串、ハルチョンラーメンさんの「さんたからあげ」などが出店されます。

「第28回芭蕉の里くろばね紫陽花まつり」は6月25日〜7月3日まで黒羽城址公園周辺を会場に開催します。約6000株の紫陽花とステージイベントや展示、体験、グルメで楽しい一日をお過ごしください。期間中、夜7時〜9時までは紫陽花のライトアップも行います。入場無料・駐車場も無料です。ぜひ、足をお運びください。

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
前の月   次の月