ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

GINZA 4 STUDIO STAR SPECIAL 12:30~12:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2019/2/16 12:44/CHASE OF LIFE/BUCKS

FOOD ACTION NIPPON
ベリテンライブ2018
キャンパスNAVI
ドコモFM
生コマ
小学生スキースノボバスツアー
市貝町カップリングパーティー
ハッピーママフェスタ
ベリQ
カモンワークとちぎin小山

[番組情報]

2019年2月11日

引き続き「株式会社タスク」へのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

株式会社タスクでは
現在およそ250名の方が栃木市惣社町の工場で
員一人一人が『医療従事者』としての誇りと責任感を持って、
日々業務に励んでいます。

職種の大きな内訳としては、
直接、注射針の製造に携わる部署と、
その他の間接部門に分けられ、
間接部門は、製品の設計したり、
医療機器の薬事申請を官公庁に届け出たり、品質を管理したり、
製品を販売営業したりといった仕事を行っています。
外国人スタッフは7名の方が勤務しています。
(台湾、ウクライナ、フィリピン、ベトナム)

株式会社タスクでは、高い技術力を保つための人材確保、
教育にも力を入れています。
設計、製造、販売している医療機器は、
直接人体に触れるものであり、時には、
生死に関わる場面で使用されるものであるため、
製品の有効性、安全性を確実に保証することが
義務付けられています。
そのため各工程の細部にわたるまで、手順が決められており、
一人一人が確実に実行することで、
クオリティを維持しているんです。

その人材を確保する為に、
新卒学卒採用と中途採用を行い、入社後の内部の教育及び、
セミナー受講という形で
外部教育の両面で社員の成長をバックアップを図っています。


今回は海外営業課の
「呉ティンティンさん」にインタビューしました。
(台湾出身)

大学院時代、川嶋社長が所属している
栃木ロータリークラブから
一年間の奨学金をいただいているところ、卒業後に入社。
営業部海外営業課に所属し貿易事務、苦情対応、市場調査、
また展示会出展や開発案件に関わる
営業のサポートを行っています。
なんと5ヶ国語も話せるそうです
(中国・台湾・日本・スペイン・英語)

他部署とのやり取りでは、高い日本語能力が求められ、
日本語検定1級を取得していますが、
コミュニケーションで難しい部分もたくさんあり、
日々勉強だといいます。
会社の人たちには仕事の他、引っ越しの手伝いや、
生活上の相談にのってもらうなどして、
とても助かっているそうです。
今後の日本の製造業において、
外国人労働者の必要性も伺いました。

タスクの製品は海外の様々で地域で使われています。
その架け橋となる、外国人労働者の存在は不可欠で
呉さんのように、英語、中国語をはじめ
多くの言語を話せる人はとても貴重な存在だ。と、話します。
また、昨今の労働人口の減少により、
タスクでも製造部門において人手が不足している現状です、
今後は外国人労働者の必要性が増すと思う。と、川井さん。

【お知らせ】
現在、日本人、外国人問わず海外営業職、
製造職で人材を募集しておりますので、
ご興味のある方は、株式会社タスク人事課までご連絡下さい。

最後に柳澤さんから株式会社タスクが
国際化社会で企業が生き残っていくためのポイントも
伺いました。

【 経営理念が最高品質の医療機器を提供し、
  国際的に貢献すること。
  製品がマーケットを作る。
  コストが上がっても品質面で妥協しないせず
  最高品質を提供することに従事する。 】



2019年2月5日

今週は「株式会社タスク」柳澤さん、藤本さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~

今週は、栃木市に本社・工場を構える
株式会社タスクの 管理本部長 柳澤清仁さん、
海外営業課 藤本夏枝さん
に、お話を伺います。

生検針・特殊針メーカーである株式会社タスクは、
医療機器の製造・輸出・販売を行っている会社です。
1974年・10月に創業し、今年で45年目になる
株式会社タスク。
元々は医療機器の製造会社で製品輸出を始めたことが
現在のタスクの始まりです。

創業当時は新規開拓のため手紙を書き続け、
世界中の関係業種の会社と繋がりを持とうと奮闘。
返答があれば出来る限り現地の足を運び、
ビジネスに繋げる努力を続けたそうです。
そのおかげか20~30年来の取引を続けている会社もあり、
今でも互いに信頼関係が成り立ち、大切にしています。

お客様と同時に会社も成長し、
お客様とウィンウィンな関係を持ち、大切にする。
これが株式会社タスクの理念。だと言います。

社長は「まずは行動し、お客様と腹を割って話して
お客様に何ができるか考えて、さらに行動する。」
これを大切にしています。

名前の由来は「人を助ける。お客様を助ける。」という面と

「タスクフォース」
(課題の対応や新製品開発などの案件を解決するために
各部門から召集されたメンバーで構成されるチームの意)

この2つから「タスク」としています。
(英語表記では「TSKラボラトリJAPAN」)

タスクで製造している自社ブランド製品は、
大きく分けて2つのカテゴリーに分かれます。

1つは生検針と呼ばれる、体内の組織を採取し
病気の診断に使用される医療機器。
もう1つは、ヒアルロン酸などの薬液を注入する
美容業界で使用されている特殊針です。

その他にも、大手医療機器メーカーや
製薬会社とコラボして開発している製品もあります。 

本社にある工場では、
主力製品の組み立て・検査などを行っています。
スタッフは20代の若手スタッフが中心。
3か月程度のトレーニング期間のあと勤務します。

これからの製品は
ヨーロッパ、北米、南米、アジア、中東と全域にわたり、
世界30か国以上に販売しています。
生検針はスペイン、韓国、中国への販売数が非常に多いです。
美容用製品ではヨーロッパや北米が主になっていますが、
アジアへの販売も活発になってきています。

ロシア、ドイツ、ベトナム、インドネシアなど、
海外で開催されている展示会にも積極的に参加。
展示会では価格重視より、品質を求めているお客様や
ドクターたちへの繋がりが持てます。

また展示会に来ているドクターが
別のドクターに、勧める。など、新たな広がりを見せることも
あるそうです。


2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所