MENU
閉じる
とちぎのいい木「とちぎ材」のすすめ!
ビッグローブ光(3)
Bridal Expo
マネー講座
ラジオCMしませんか
生コマ
プラごみゼロキャンペーン
ビッグローブ光(2)
FOOD ACTION NIPPON
ヒューマンフェスタとちぎ2020

[番組情報]

2020年10月6日

今週は、株式会社キッズコーポレーションホールディングス 代表取締役 大塚さんへのインタビュー!

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は

株式会社
 
 キッズコーポレーションホールディングス
 
 代表取締役 大塚 雅一さん 
に 
             お話を伺いました。

宇都宮市に本社オフィスを構える
キッズコーポレーションは創業27年。
経験も資金も人材もない状態で、
マンションの1室からスタートしました。
今では北海道から、国内34都道府県で
保育園・幼稚園など200園以上を運営する会社です。

キッズコーポレーションの企業理念である
「KIDS FIRST」とは、
「何よりも子供が最優先。」という想いで
子どもを中心にすべての取り組みを決めていこう。
という指針になる企業理念。
キッズコーポレーションは、先日、
シンガポールでの幼稚園運営で、
初の海外進出に挑むことを発表しました。

はじめは、国内だけで50か所ほど、
保育施設が作れれば良い。というところから
「じゃあ、50か所に近づいたら、
次は何をするんだ?」と。ふと、思った大塚さん。

考えた時、ふと自然に頭によぎったのは
「次は、海外に事業を展開しよう。」という想い。

実際に海外展開の現実化は1~2年前と
最近のこと。
ミャンマーやベトナム等、
東南・アジア圏を中心に、幼稚園を視察しました。

そこで出会った一人の女性。
ハノイで一貫校を経営する企業のトップ。
その女性の会社の始まりは「日本語学校」
その経営から、幼稚園→小学校→中学校→高校...と
必要になるであろう保育・教育施設を展開。
この一連の動きのために、
海外企業莫大な支援が受けられた。という話に
大塚さんは途上国の可能性を肌で感じた。といいます。
(日本で言う高度経済成長期のような雰囲気)

この出会いをきっかけに、
途上国の伸びしろ・成長力に目を付け、
海外で運営することを、ついに決めました。


今回は、日系幼稚園を運営する
「COCO―RO」の全株式を取得しての
海外進出となります。
「COCO―RO」は駐在員向け幼稚園。

園長が芸術家ということもあり、
芸術に力を入れているのはもちろん、
「心の育成」も理念として掲げており、
理念の近さに共感したそうです。

また、大切にしてきた「質の高い保育」も
妥協できずに実現できる点も判断材料。

預け先がない駐在員の、
日系幼稚園を選ぶ選択肢の一つになれば良い。

様々な経験をした子供が、
世界へ羽ばたくことは必要だと思っている。

この園で、
世界へ羽ばたけるような保育を一から作る。と
大塚さんは子どもの未来も見据えています。

また来週もお話を伺います。


2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet