ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

ON THE PLANET 03:00~04:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/8/5 03:21/スクラップル・フロム・ジ・アップル/デクスター・ゴードン

60歳からの「いきいきライフセミナー」
ラジオCMしませんか
キャンパスナビ
ベリテンライブ2021
ベリーグットリップ
生コマ
Bridal Expo
FOOD ACTION NIPPON
お仕事ナビ

誰ひとり取り残さない未来のために、今、できることを

RADIO BERRYは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成のため、ラジオ放送を通じたSDGsの普及・啓発を行って参ります。
この目標達成のためにまず必要なのは、私たち1人1人の意識と行動。そしてより多くの人がつながり、社会を変える大きな力となることで初めてその目標は達成されるものと考えます。
まだSDGsを知らない人、これから取り組む人のために、SDGsの内容や企業の取り組み例を番組やラジオCMを通して発信していきます。

SDGsとは

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標のこと。2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

SDGsに取り組む企業紹介


協栄産業株式会社


▶︎詳しくはこちら

関東実行センター


▶︎詳しくはこちら

吉澤石灰工業


▶︎詳しくはこちら

真田ジャパングループ


▶︎詳しくはこちら

栃木県浄化槽協会


▶︎詳しくはこちら

株式会社HITEC


▶︎詳しくはこちら

明電産業株式会社


▶︎詳しくはこちら

株式会社八幡


▶︎詳しくはこちら

印刷工場 みやもと


▶︎詳しくはこちら

日環グループ


▶︎詳しくはこちら

株式会社ピースノート


▶︎詳しくはこちら

[特別番組"SDGs CONNECT"]

特別番組「SDGs CONNECT」 2021年8月1日放送

毎月、第一日曜日の夜7時からお送りする特別番組「RADIOBERRY SDGsコネクト」!

毎回、SDGsを支える取り組みをする企業からお二人のゲストをお迎えして
栃木のSDGsについて語り合います!

今回は…
佐野市に本社を置く、無機材料素材メーカーの「吉澤石灰工業株式会社」 と、
地域の良好な水環境の維持管理を行う「一般社団法人 栃木県浄化槽協会」 から
お客様をお迎えしました♪


「吉澤石灰工業株式会社」
創業1873年(明治6年)
ドロマイトや石灰石を採掘加工している吉澤石灰工業。
石灰業界でSDGsに取り組んでいる企業メーカーは、国内ではまだ少ないという現状から
吉澤石灰工業がまずやってみよう!と取り組み始めました。

まずはSDGsについての考えを共通化させるため、全社員でSDGsの講習を受講。
17の目標を論理的に6つに分けて(CO2対策やイノベーション、ジェンダー、地域貢献など)
それらのスペシャリストを社員から作るという、社員全員の当事者意識を育んでいます。

上が目標を作っても下が実行できない…
「カタチだけ作っても意味がない」「自分で作って自分で守るようにしたい」
という社長の考えが印象的でした。

「一般社団法人 栃木県浄化槽協会」
栃木県内12の支部で、浄化槽の「法定検査」や
浄化槽に携わるみなさんの「資質向上と正しい知識の普及」を行っています。

家庭から出る汚れた水(トイレ、お風呂、キッチンなどからでる排水)をキレイにする浄化槽。
新築や拡張、リノベーションした際の浄化槽の設置検査は100%であるのに対し、
浄化槽がちゃんと機能しているか?を確認する、毎年の定期検査(水質検査)は73.5%。
約4万基の浄化槽が、ちゃんと機能しているのか?わかっていません。

車に車検があるように、浄化槽も毎年の検査が法律で義務付けられています。


水がキレイになるためには、浄化槽のきちんとした維持管理が必要です。
暮らしの中で、知らず知らずのうちに出してしまうよう排水(車でいう排気ガスのようなもの)を
回収(吸収)する技術が、我々の暮らしを支えている とても大切なSDGsの項目。

汚れた水を流さない→「水の保全(安全な水の確保)」
それが→「海の豊かさを守り」、それらが→「すべての人の健康が確保される」とつながっています。

行政から通知が来たら必ず定期点検を受けて下さい。
それが私たちができるSDGsの一つです。


※浄化槽の定期検査は、法律で義務付けられている必ずしなくちゃいけないものです!