MENU
閉じる

[番組情報]

2018年12月4日

今週は株式会社アール・ティー・シー 代表取締役 櫻井仙長さんにお話を伺います。

~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~
今週は、

株式会社アール・ティー・シー

代表取締役 櫻井仙長(さくらいのりなが)さん


お話を伺います。

栃木県上三川町に本社を構える
株式会社アール・ティー・シーは、
医療機器・産業機械・通信機器などの企画開発、
設計、製造などを行う会社です。

センサエレクトロニクス技術を用いて、
人の命を守る機械装置。
あるいは、その機械装置を作る機械装置に応用。

さらには、企画・開発・設計から
モノ作りができる生産体制をとっています。
また「ペッパーくん」なども
コミュニケーションロボットを
システムとして使って提供。

病院・研究機関と一緒に活動していることもあるそう。

会社の隣には、櫻井さんが理事も務める介護施設があり、
その介護現場でも使える機械も開発。
試用も兼ねて、すぐ現場に投入できます。
受け身でなく、自社で企画・提案もでき、
最終商品の形まで出来る。
「1拠点」というスピード感もあり、医療関係が多い、
県内企業内外でのコラボレーションが多様。
これらの「強み」

「そして、主役は「人」
人の力がないと、機械は使いこなせない。
人の命を守るには、人の技術との融合が大切。」

と、櫻井取締役は言います。

「人」と大切にするため、
女性にも優しい職場でもあります。
(女性らしさ・繊細さなどが発揮できる)
また、子育てしやすい就業環境も心掛けています。

従業員は、50人弱(47、8名)
「開発設計分野」「モノづくり分野」「部品調達・販売」
大まかに、この3分野にわけ働きます。

ユニークな社内の取り組みとして、全社員が20分。
毎週、持ち回りでスピーチをするそうです。
営業先、顧客情報をプレゼンすることによって、
俯瞰・客観的に物事を捉えることが出来る力を育みます。

社是は、驚異の『20 S』
考え方のまとめる
『思考の8 S』『行動の8 S』『安全の3 S』
最後に『顧客満足(サティスファクション)』の『S』で
『20 S』となります。

昨今あげられる「人材不足」には、
会社のあるべき姿、前に進むには外国人人材が必要。
市場は海外を見据えています。
これには、文化・生活に根差した多様性のある、
対応力・知識のある人材がいないとままならない。

ASEANに対応した人材の投与が
継続的に必要だと思っていると、櫻井取締役。

また来週も、お話を伺います。


2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
前の月   次の月
メッセージ受付
プレゼントの応募
宇都宮中央法律事務所

Tweet