ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • パーソナリティ&ブログ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

A・O・R 19:00~19:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2018/8/21 19:13/マイ・ガイ/メリー・ウェルズ

ドコモFM
ベリテンライブ2018
キャンパスNAVI
生コマ
FOOD ACTION NIPPON
那須連山縦走フェスティバル
東北復興応援ツアー
Apps Talk夏休みアプリアイデアチャレンジ!
ハンターマウンテンlilyinthemountain
ベリQ

[THE LEGENDS ATHLETE OF TOCHIGI]

2018年1月20日

第16回 ボート・パラリンピック 駒崎 茂(こまざき しげる)

1962年、埼玉県川口市生まれる。
2003年、41歳の時にバイクで交通事故にあい、両足を失う。
リハビリと、ダイエットのために水泳を始めると
「自分の障害は決して重くない。」と、気づき、大会に出ることを目標に練習に打ち込むようになった。

「水の中では義足も使わずに魚のように泳ぐことができるということが嬉しくてのめり込んでいきました。」

栃木県には、障害者の水泳クラブチームが無く、茨城県のチームに所属する決意をした。
幸運にも、そのクラブには、パラリンピックのメダリストが2人もいた。
そんな恵まれた環境で練習するうちに、競技として練習するようになり、
いつしか、「北京パラリンピックを目標に」と、水泳に打ち込んだ。

急速に進歩を遂げた駒崎は、2006年、初めて出場した全国障害者スポーツ大会で
優勝!その後、栃木県初の障害者水泳チーム「栃木とびうお」を結成した。

平泳ぎでパラリンピックを目指していた駒崎だったが、
2008年の北京パラリンピック出場を逃し、水泳での再挑戦は年齢的に厳しいと感じていた。
2011年、新たな競技、パラローイングという、障がい者向けのボート競技に出合う。
この競技は、1000メートルの直線で速さを競い、ボートの先端がゴールラインに
到達した順番で勝敗が決まる。
駒崎は、二人で漕ぐダブルスカルで、17歳年下の有吉利枝(ありよしりえ)選手とタッグを組み、
2014年韓国の仁川(インチョン)アジアパラ競技大会で銀メダルを獲得した。
そしてついに、リオで開催される「パラリンピック」の出場権を獲得した。

海外の大会で筋力の差を強く感じた駒崎は、リオまでは、食べて筋力をつけるトレーニングに徹した。リオに出場出来ない仲間の分まで頑張るために、とにかく死ぬ気で練習した。

そして迎えたリオパラリンピック…結果は12位だった。
改めて「世界との差」を痛感した。

「3年後の東京までに選手発掘と普及を同時に進めないと」
リオは、あくまで通過点。
2019年は、茨城国体。2020年には東京にオリンピック・パラリンピック。
そして、2022年には、ホーム・栃木国体が開催される。
そこを最終ゴール目標に、家族をパワーの源に、
「苦しい練習をして、練習で、出来ないことは本番では出ない。1日も無駄に出来ない。
 59歳までは現役で頑張ります」 と、ストイックに練習に励んでいる!

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月