ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

B・E・A・T 16:00~16:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2020/12/2 16:40/ジョイフル/NiziU

Bridal Expo
GOOCM 2020 結果発表
栃木トヨタ クラウン特別展示会
ラジオCMしませんか
ビッグローブ光(4)
BERRY CAMPUS NAVI
とちぎのいい木「とちぎ材」のすすめ!
ビッグローブ光
ビッグローブ光(3)
FOOD ACTION NIPPON

[番組情報]

2020年11月3日

今週は、株式会社 北研 営業部 石塚 誠さんへのインタビュー!


~海外就職、外国人雇用、グローバル人材を応援~


今週は

株式会社 北研

営業部 石塚 誠 さん 
に 
         
お話を伺いました。

栃木県壬生町に本社を構える株式会社 北研は
「きのこの総合メーカー」。
研究開発、種菌、資材・プラント、
きのこ生産・販売を行っている会社です。

今回は種菌工場の中に、
お邪魔させていただきました!
この時は、
種菌の培地用の栄養体を混ぜる作業の最中でした。

北研は昭和36年に壬生町で前身となる会社を創業。
なめこの生産技術を確立して栽培用種菌を販売。
当時は「なめこの北研」と言われていたそうです。

昭和63年に北研600号という
臨床シイタケ栽培用品種と、特許技術を開発。
普及が始まると、主力事業が
菌床しいたけ栽培用種菌と、栽培敷材となり、
今では全国およそ2000件の農家・シイタケ工場が
使っているんです。

北研は、自然の環境を利用して
設備投資を抑えたビニールハウスでの自然栽培、
断熱効果の高い建物での空調栽培など、
栽培方法に合わせた品種を取り揃えてもいます。

また、直径10cm以上の大型シイタケを栽培できる品種や
しいたけが発生しない30°以上の環境でも栽培できる品種など、
ニーズに合わせて開発して品種もあります。

現在は国内に流通する生しいたけの、およそ50%の生産者が
北研の種菌で生産しているほどのシェア率を誇ります。

主力の菌床シイタケだけでなく、新種の開発にも力を入れ、
きくらげ・ヒラタケ・マイタケ種菌の販売、
そして、エノキ茸やエリンギの品種開発にも力をいれます。

今後は海外への展開にも目を向けている北研。
現在の日本のキノコの生産量は年間47万t
世界では5千万tにもなるそうです。

世界的な健康志向により、消費量は拡大傾向、
さらに、シイタケは各国での中華街消費や
日本食ブームの広がりもあり、
欧米のスーパーでも店頭にも並ぶ商品なんだとか。

アジア圏でみると、中国は、
年間3千600万tで世界一のシイタケ生産量を誇ります。
これは日本の生産量の140倍以上の数字。
しかも、価格は日本の7分の1ほど。

日本の価格で販売することは難しいため、
海外展開には中国に合わせた、
ビジネスモデルの構築が必要になります。

ですが、市場は日本に比べてはるかに大きいため
海外展開には期待が持てる。と、石塚さんは話します。

また、来週もお話を伺います。


2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
前の月   次の月
宇都宮中央法律事務所