ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

昭和歌謡メモリー~always favorite songs~ 13:30~14:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/4/23 13:52/志村けんの全員集合東村山音頭/ザ・ドリフターズ

ベリテンライブ2021
Bridal Expo
とちぎの11町コンテスト
RADIO BERRY エコ活キャンペーン
ビッグローブ光(3)
生コマ
ビッグローブ光(2)
ビッグローブ光
ラジオCMしませんか
FOOD ACTION NIPPON

[チャレンジing Photo]

2017年5月30日

【阿久津左官店】

「左官業」という仕事をご存知だろうか!

「木」を使って家を建てる職人を大工と呼ぶなら、

左官業は「土」を扱う職のこと。

誰しも1度は職人たちの仕事ぶりを目にしたことは

あるだろう!

では、女性職人が働いているのは見たことは?

どうしても、そういう仕事は男性の仕事!

と思われてしまう傾向がある。

しかし、那須塩原にある「阿久津左官店」では、

1人前の女性職人がいる。

渡辺さっちゃんだ!
さっちゃんは元々、介護の仕事をしていた。

しかし、昔から彼女には夢があった。

それは「家の壁を塗りたい」ということ。

つまりは「左官業」。

しかし、昔からそれは男の仕事・・・。

そう、勘違いしていた。

そんな中、インターネットで、ある左官店を見つける。

「女性大歓迎!」の文字!

さっそく電話してみることに!

すると、電話の向こうの男性は即答で、

「1回、うち来てみなよ」と!

そう、その男性こそ、後にさっちゃんの師匠となる男、

阿久津左官店、社長の阿久津一志さん。
阿久津さんとの出会いでさっちゃんは左官職人への

スタートラインに立つことができた。

阿久津さんはこう語る!

「これからは左官も多様性が求められる時代、

 どうしても女性の繊細さ、アイデアが必要になる。」

そして、こうも言う。

「左官という仕事は意外に知らない人が多い。

 若い人にもっと知ってもらい、職人を増やしたい。」

その考えで、「左官道場」をつくった。
左官職人を志した若手が、練習を重ね、実践できる

システムが整っている。
ここで、日々若者は訓練し、阿久津さんのような

1人前の職人になっていく。

そして、そんな職人が1人でも多く誕生するように!

それが社長の想いでもあるのだ!

2017年5月23日

【レッドデータブック】

那須塩原の魅力は何ですか?

温泉?
確かに最高だ。

そんな温泉に入って泊まれる宿?
今すぐにでも行きたい!

新鮮な野菜?
これまた美味しい!

こんなに魅力の多い街はあるのだろうか?

そう思うほど、自慢できるものが多い那須塩原。

しかし、何と言っても素晴らしいのは、

「自然」ではないだろうか?

美味しい野菜ができるのも、温泉が湧き出るのも

自然があってこそ!

そんな素晴らしい「自然」。

では、なぜ素晴らしいのか考えたことはありますか?

モノを雑に扱えば壊れてしまうのと同様に、

自然だって破壊されています。

しかも、1度壊れたものというのは修復が困難。

実は那須塩原の自然もその修復と維持が常に

行われている。

自然界には、我々人間以外にも生物が存在する。

昆虫や植物だってそう。

そんな生物の中には、

環境の変化、人間のエゴによって

絶滅の危機に扮している種類も数多くある。

そんな生物をしっかり把握し、観察し、

維持・保全しようと考えたのが、

那須塩原動植物調査研究会!

今回来てくださった松村さん、中川さん、君島さんは

その一員。
もしかしたら、自然の変化はしょうがないことかもしれない。

でも、もしそれが人間の言動で変化してしまうとしたら、

そうさせないように、しっかりと知らせなければならない!

その想いで、先日「レッドデータブック」を作成した。

この本には、いま保全すべきエリア、生物を

解説と共に掲載してある。

いわば、守るべき生物図鑑と言ったところだろう。

このレッドデータブックを、広めることで、

一歩踏みとどまる人間が少しでも増えたら、

そう松村さんは考える。

那須塩原の素晴らしい大自然の裏側には

こうした守り続ける方々の努力が隠されていた。

モノは大切に。

そして、自然も、大切に!

2017年5月15日

【イチゴとミルクフェア】

温泉、自然、キレイな川。

熱くて思いやりのある人々。

那須塩原の魅力は尽きない・・・。

毎週のように那須塩原に足を運ぶ我々。

運ぶたびに、新たな魅力を見つけてしまう。

今回もまた、見つけてしまった。

「いちごとミルクフェア」。

一見、どこにでもありそうな名前だ。

しかし、中身が。想いが違う。

那須塩原市全体(塩原・西那須野・黒磯・板室)

全てのエリア合計49か所の宿やお店が一丸となって、

いちごとミルクのレギュレーションのルールの中で、

お客さんに提供するキャンペーン。
そして良く考えてほしい。

「苺」と言えば栃木県は全国ナンバーワン。

「ミルク」はこの那須塩原市、本州ナンバーワンなのだ。

つまり、最強タッグということ。

そんな組み合わせをどう、活かし、どんなイチゴミルクを

作るか・・・。

それぞれのお店の腕が試される。
例えば、塩原温泉の梅川荘は、こんな感じ。

美しいの一言。

フェアの期間は、6月いっぱいまで。

ぜひ、那須塩原に旅行に来て、

おまけでイチゴミルクを楽しんでほしい。

2017年5月8日

【木の葉化石園】

今から約30万年前には生物・植物は

存在していたのだろうか・・・?

また、していたとしたら変わりはあるのだろうか。

その事実を知る方法は1つ。

「化石」である。

那須塩原温泉郷をさらに1キロほど進んだ場所に

「木の葉化石園」がある。

ここは、この地で発見された化石が、

展示されており、数十万年前にいたとされる

生命を見ることができる。

というよりも、木の葉化石園の横には、

今もむき出しの状態で地層が立ち並び、

そこに化石は眠っている。
その展示されている生命はというと、

カエデの葉やカエル、ネズミと、

何ら今の植物・生物と変わりがない。

つまりは、数十年前と今で、

進化したモノ、退化したモノ。

そして、変わらずに時代を過ごしてきたものがある。

実際に目にすると、感動すら感じる光景。

さらに、ここでは、化石発掘体験も

することができる。

園長の加藤さんにひと声かければ、

1袋600円の地層のかけらが貰え、

外で発掘体験をすることができる。
この加藤さんは、化石においてのプロフェッショナル。

分からないことは何でも教えてくれる。

実際に取材班も化石発掘をすることに!

するとどうだろう。

叩けば叩くほど、わんさか化石が出てくる!
それだけ、那須塩原は化石の地だということが

分かる。

加藤さんは言う!
「ここに来て化石を掘った子供たちは、
 化石発掘って簡単だ!と思ってしまう。
 しかし、それは違う!ここが例外的なのだ」と。

GWにどこにも出かけられなかったというご家族。

そしてこれから迎える夏休みにぜひ、

訪れていただきたい場所だ!

2017年5月1日

【MYスタジオ】

自分の夢に向かって突き進んでいる人。

そんな人というのは、輝いている。

それが叶っているとかそうでないとか、

関係なく・・・。

今回は、若き日に見た夢「音楽スタジオを持つ」

という夢を、サラリーマン時代に蓄えた資金で、

ついに完成させたある男にお話を伺った。

彼の名は岩崎光男。
那須塩原は箕輪エリア。

まさに別荘地と言った雰囲気が漂う場所に、

1軒の音楽スタジオを構えている。

実際に足を運ぶとビックリ!

想像以上のセットがそこには広がっていた。

我々も仕事柄、スタジオというのはよく目にする。

そんなスタジオとほぼ同じ、いや、それ以上の

設備が整っているのだ。
中には楽器やマイク、ドラムセットと、

いかにも音楽スタジオといった感じ。

ここでは地元のバンドグループや歌手が、

レコーディングに来たりするそう。

岩崎さんはそんな若者たちが楽しそうに

音楽をやる姿を見るのが大好き!

その若さを吸い取って、自分も若くなる!

そう話していた。
そして驚くことに、このスタジオは

岩崎さん自身が設計して作ったのだという。

まさに夢の城というわけだ。

さらに、スタジオから外に出れば、

ウッドデッキが広がっている。

そう、このデッキでは、野外ライブが行える。

年に2回ほど、開催しているそうで、

野外で演奏し、盛り上がれるのも、

那須塩原ならでは!
次は5月4日(木)に開催されるそうなので

ぜひ、興味のある方は足を運び、

夢の場所を味わってみてほしい。

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
前の月   次の月
PODCAST
那須塩原市