ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

昭和歌謡メモリー~always favorite songs~ 13:30~14:00 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/4/23 13:52/志村けんの全員集合東村山音頭/ザ・ドリフターズ

Bridal Expo
RADIO BERRY エコ活キャンペーン
ベリテンライブ2021
とちぎの11町コンテスト
ビッグローブ光(3)
ビッグローブ光
FOOD ACTION NIPPON
ビッグローブ光(2)
生コマ
ラジオCMしませんか

[エール放送後記]

2018年6月25日

【クライミングジムGUN's】

ここのところ、

取材先での新たな発見が、趣味になってしまうほど

ハマってしまうことがよくある。

例えば、先週の釣具店取材。

取材以降、釣りがしたくてしたくてたまらない。

釣り具が欲しくて欲しくてたまらない。

そんな今、

また新たなスポーツが僕らの前に現れた。

それが今回の取材先。「クライミングジムGUN's」

クライミング、つまりはボルダリングが楽しめるジム。

しかし、最初から魅了されていたわけではない。

「壁に登って楽しいのだろうか。」
「そもそも、目的は何なんだろうか。」

そんな疑問を持ちながら入店した。

僕らを待ってくれていたのは、代表の和久旭さん。

なんと、和久さん自身、クライミングが好きすぎて、

脱サラして、このジムをオープンさせた。

この辺では有名なクライマーで「岩妖怪」という異名も持つ。

色々お話伺ったが、

まずは、やってみないと分からない!

ということで、ボルダリングに挑戦してみた。

「さぁ、とりあえず登ってみようか!」と踏み出す眞善に

岩妖怪が一言・・・。

「難易度はどうしますか?」

「難易度・・・?なんだそれは・・・?」

僕らの考えは浅はかだった。

僕らがただ、ただ、登っていると思っていた壁には、

初級コースから中級、上級、超上級と、分かれていたのである。

とはいえ、壁を登ることには変わりない。

ひとまず上級コースに挑むことになった。

しかし、全くもってクリアすることができない。

というよりも、次の1歩がなかなか出ない。

下で見ている感覚と間まるで別次元。

それも、ギリギリのところで、同じ場所で落ちてしまう。

「そんなはずは・・・。」

悔しくて悔しくて何度も挑戦した。

それでもできない。

聞くところによると、小学生でもクリアする子はいるらしい。

それを聞いて、より悔しい。このままでは終われない!

練習して、絶対にクリアしてやる!


・・・そこで僕らは気づいてしまった。
   完全に、ボルダリングにハマっている。


2018年6月18日

【平山釣具店】

大自然広がる那須塩原。

そこを流れる静かな那珂川。

そんな場所でやることは、ただ1つ。

「釣り」でしょう。

この時期は特に「アユ釣り」で那須塩原は

盛り上がっている。

自分の竿を持って、鮎を求めて川へ。

そんな趣味を持つ市民が多い。

こんな那須塩原で番組をやっている僕らだが、

実は、「釣り」に関しては無知。

今回、ドキドキ、そしてワクワクの取材だった。

向かった場所は黒磯駅前にある釣具店。

「平山釣具店」。
釣り用品が所狭しと並んでいる。

お店の美智代さんをはじめ、

たくさんの方にお話を伺った。

ここで1つ気づいたことがある。

それは釣りの話をする皆さんの表情が、明るく、

声のトーンがぐんと上がること。

それだけで釣りの魅力が伺える。

魚との駆け引き。そしてかかった時の感触。

釣った瞬間の達成感。

それがたまらなく面白いのだとか。

釣り具を見ていても仕方ない・・・。

実際にアユ釣りを体験させていただいた。
近くに流れる那珂川は、360度、見渡す限り「緑」。

そこを流れる川に糸を垂らす。

一見、ぼーっと待っているだけなのかと思いきや、

ポイントを求めて竿を操る作業。

そして「おとり鮎」とのコミュニケーションで忙しい。

「釣りは駆け引き」。

この言葉がよくわかる。

そして「釣り」はセンスが問われるともいわれた。

男だから!とか女だから!とか子供だからとか・・・。

関係なく、釣れる人は釣れるらしい。

相方のフロリンは糸を垂らしてものの5分で、

鮎を釣ってしまった。

一方、眞善は・・・。釣れなかった・・・。

だからこそ今、岡田眞善を「釣り」に猛烈にハマっている。

2018年6月11日

【トロカブ】

「トロカブ」というカブをご存じだろうか?

それはそれは、

大トロのような甘さと高級感。

トロっとしていて舌だけでも

食べられるほどの柔らかさ。

このカブを求めて、この時期になると

全国各地から観光客がやってくる。

そんなカブを長年作り続けるのは、

塩原温泉郷の先にある君島農園。

家族でカブや大根、ホウレンソウなど

野菜を育てる農家である。
ここで作られる野菜はとにかく美味しい。

その美味しさの秘密は・・・。

当然、農家の腕が1番。

しかし、もう1つ秘密がある。

それは、那須塩原の土地である。

標高が高く、水も美味しい。

おまけに水の温度が1年を通して一定のため、

味が安定し、えぐみ・渋みの一切ない野菜が出来上がる。

トロカブの味・・・。

例えるならば、フルーツの「柿」。

いや、もしかしたら、柿よりも甘いかもしれない。

とにかくそのトロカブを一口食べてほしい。

温泉旅行をしながら・・・。

2018年6月4日

【トライアスロン】


「泳ぐ・こぐ・走る。」

そんな過酷なスポーツ「トライアスロン」を

ご存じだろうか。

近年、ロードバイクとともに、

人気が高まっているスポーツでもある。

そんなトライアスロンで、プロとして活躍している

男が、那須塩原には存在した。

「ハイディア バイク&トライアスロン」代表の

宮塚英也さん。

ハイディアでは自転車の販売の他、

トライアスロンのスクールも行っている。

これも、プロとして活躍している宮塚さんだからこそできること。

それにしても「トライアスロン」。

正直、辛いイメージしかない・・・。

なぜ、そんな辛いスポーツが人気なのか。

宮塚さんに聞いてみた。

「スイム・バイク・ラン、その3つを
 すべてクリアし、完走することで、
 達成感が得られる。
 それでみんなハマってしまう。」

とのこと。

つまり、トライアスロンは順位を競うスポーツで

ありながら、完走することが魅力のスポーツでもあるのだ。

興味があるという方。

ぜひぜひ。

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前の月   次の月
PODCAST
那須塩原市