ここからメインメニュー

  • RADIO BERRY INFO.
  • プログラム
  • リクエスト メッセージ
  • プレゼントに応募
  • DJ パーソナリティ紹介
  • DJ パーソナリティ
  • コンサート情報
  • タイムテーブル
  • PODCAST
  • スタジオカメラ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

NOW ON AIR

RBZ friday 14:00~14:55 

JUST LISTENING

過去の曲検索

2021/4/23 14:49/Automatic/宇多田ヒカル

ビッグローブ光(3)
RADIO BERRY エコ活キャンペーン
Bridal Expo
ベリテンライブ2021
とちぎの11町コンテスト
生コマ
ビッグローブ光
お仕事ナビ
FOOD ACTION NIPPON
ビッグローブ光(2)

[チャレンジing Photo]

2017年3月28日

【小さな絵本屋りおね】

チャレンジャーとは色々な者を指す。

難しいことに必死になって挑戦する者。

伝統ある物事を守り続ける者。

未だ誰も成し遂げていないことを初めて行う者。

そんなチャレンジャーと呼ばれる人物に、

この番組で出会った方々の数は、

計り知れない・・・。

今年度最後の放送となる今回もまた、

そんなチャレンジャーの中の1人。

今回のチャレンジャーにタイトルを付けるなら・・・。

「ピュアに絵本を想い続ける男」とでも言おう!

小さな絵本屋「りおね」オーナーの福田さんだ。
「絵本」と聞いて連想するのは、「子供が読む本」

と思い浮かぶ方、多いはず。

僕らもそうだった。

しかし、お店に足を踏み入れ、福田さんの話を聞くと、

その価値観は一気に変化した。

30ページ足らずで物語の導入から結末までの

起承転結がしっかりと描かれ、おまけに

瞬間瞬間の切り取りである絵を見ることで、

想像力が養われる。
子供?むしろ大人が読むべき本だとも思える。

近代化が進む現代社会。

教育の一環でコンピュータを使うのも良いかもしれない。

楽しくテレビゲームをするのも良いかもしれない。

ただ、絵本は間違いなく良い!と言い切れる。

そしてそんな子供たちが増え、

思いやりの溢れる街を福田さん、

そして店長の熊谷さんは那須塩原で

築き上げていくだろう。

2017年3月21日

【インテリアソーマ】

朝の目覚めと共に日差しを

室内に取り込む。

そんな清々しい朝が迎えられる季節となりました。

そうです。もうすぐ4月。新生活が始まる方も

多いことでしょう。

そこで、今回クローズアップしたのは、

朝の陽ざしを取りこむにも必要であり、

新生活の新たなお家でも必要になってくる

「カーテン」です。

なんと、那須塩原にカーテンを専門につくっている

インテリア会社があったんです。

その名も「インテリアソーマ」。
代表の相馬さんに案内されながら工場の中も

見させていただきました。

中は50メートルほどの長い工場になっていて

そこには、大勢の女性の姿が!

こんな大きいミシン存在したんだ!?

と驚くほど大きなミシンが数台ありました。

それもそのはず、あの大きなカーテンをこのミシンで

縫製・裁断しているのです。

そして驚いたのは、ウェーブ部分です。

カーテンと言えば、ぶら下がっているだけでなく、

開けた時に両サイドでしっかりまとまりやすく

するためにウェーブが付いていますね。

このウェーブもしっかり計算されたうえで、

アイロンがけをされているのです。
そして、相馬さんが言っていました。

長くカーテンと付き合っていくためには、

両手で、ゆっくり優しくカーテンを扱うこと。

そう、カーテンに限らず、4月からは

優しく、そして焦らず過ごしていきましょう。

2017年3月14日

【足つぼビリケン】

何かと忙しく、疲れがたまる

年度末。

皆さん、疲れてはいませんか?

大切な「身体」。

いたわっていますか?

もしかすると、その疲れや異常に、

自分自身で、気づいていない場合も

あったりします。

そんな疲れを癒やしに、

今回足を運んだのは、

那須塩原の「足つぼビリケン」
神様ビリケンさんのように、

足を触ると、お客様が幸せになるように!

そんな思いで付けられた名前。

代表は、優しく穏やかな、男性。

松本さん。
「足」というのは、「第二の心臓」とも

言われるほど、重要な部分で、

体調が表れる場所。

そのツボを押すことで、

その方の体調が分かるという。

さっそく、眞善&フロリンも、

松本さんに施術していただきました。

足つぼというのは本当に正直です。

「私疲れてない。どこも悪くない」と

自信満々に言っていたフロリン。

「胃・腎臓」に疲れが出ているとの結果。

聞くと、毎日お菓子やケーキなど、

甘いものを食べているとのこと。
眞善は「目・甲状腺・腰」に疲れが出ているらしい。

確かに、毎日のデスクワーク、

そして喋りの仕事をしているが故の結果。

ただ、驚くことに、本人たちは

全く気付いていない疲れ。
知らず知らずのうちに体は悲鳴を上げていたのだ。

しかも、それが足を触っただけで分かってしまう。

最後は松本さんを「松本先生」と

お呼びしている僕等がいた。

足つぼマッサージと聞くと、

テレビなんかでもあるように、絶叫するほどの痛さ!

というイメージがあるが、こちらはそうではない。

その凝り固まった箇所を優しく丁寧に

ほぐしてくれる。

「痛み」というストレスを与えないように!

年度末で忙しいからこそぜひ、

行って、幸せになっていただきたい場所。

「足つぼビリケン」おススメです!


2017年3月6日

【アドタウン】

「街の魅力を発信!」

ありきたりな言葉だが、

これまた非常に難しい。

この番組「チャレンジing那須塩原」もまた、

その発信の仕方を、日々考えている。

当然、オンエアすれば発信はされる。

ただ、どういう視点で発信するか!

これが悩みどころ。

「美味しいメニュー」があるお店!これは魅力的。

しかし、「面白い店主」がいるお店!これも魅力的なのだ。

どちらにせよ、魅力的なお店だから嘘偽りなく、

皆さんにお届する。それがモットー。

そして、今回クローズアップした会社もまた魅力的だった。

何がそうだったかと言えば、

「現場の視点から感じた魅力」をしっかり発信している会社。

そう、我々と似た業界なのだ。

出版社「株式会社アドタウン」。
県北エリアの観光情報、グルメ情報、地域情報が

詰まったタウン誌だ。

代表の石下さんとは2時間近く話し込んだ。
もちろん、タウン誌アドタウンについて。

そして、発信することへのこだわりについて。

そんな彼女、そして社員の想いが詰まった1冊。

ぜひ、ご覧ください。

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
PODCAST
那須塩原市