ワタナベ隊員の調査ファイル
プロフィール
渡辺 裕介
渡辺 裕介
次のページ
2015年1月31日  22:24
隊長! あの10人組ユニット、今年さらにブレイクしそうです。
本日、東京で見たきたのが10人組女性アイドルグループ「predia(プレディア)」。

名目上、アイドルと分類されていますが、
ダンス&ボーカルユニットとしてとらえてもいいのかも。
去年、メジャーデビューを果たしたころから
楽曲の良さと、歌唱力の高さが気になっていました。

新橋のヤクルトホールで、ワンマンライブがあると知ったので、
実際に生の彼女たちを見てきました!

最初に驚いたのが「全席撮影可能!」。

えっ? 写真撮っていいの?
確かにお客さんの中には、高そうな望遠レンズ付き一眼レフを
片手に、開演を待っている人も。

いろんなスタイルのライブがあるんですね~。
拡大画像
拡大画像
拡大画像
前評判通り、ボーカル力は相当ありましたね。
1曲の中で、ソロ、2人、5人、10人全員で歌い分ける構成も
カラフルで面白い。
音作りそのものは初期のモーニング娘。やMAXを思わせる王道の感じですが、
歌詞に込められた「オンナゴコロ」や「色気」が、
聴き手を引きつけます。
平均年齢25歳ってことで、「オトナの色気」もウリのひとつのようです。

嫌いじゃない(笑)


ダンスの振り付け自体は、極端に難しいものではなさそうでしたが、
10人がテンポよくフォーメーションを替えていくところは、
実に見事で、キレイでした。

カッコいいステージングがある一方で、MCの時間では、
明るく、ちょっとドジな感じもうかがえる。
そんなギャップもファンを惹きつけるんでしょうね。

2月にはアルバムもリリースになり、東名阪のツアーもあるとか。
今後もさらに飛躍しそうなprediaでした。
拡大画像
拡大画像

2015年1月26日  8:12
隊長! 高橋優はやっぱりスゴイ。
高橋優、栃木県総合文化センターでのライブ。
高橋優LIVE TOUR 2014-2015「今、そこにある明滅と群生」、
栃木公演に、昨日行ってきました。

アップで激しいロックチューンから、スローでやさしい楽曲まで
情感豊かに歌う高橋優さん。

そのステージングに観客からの声もどんどん大きくなり、
高橋優さん本人も「これまでのライブの中で一番盛り上がっていますよ」と
非常に楽しそうに話していました。
拡大画像
高橋優の楽曲をジャンルで考えてみると、
J-POPであり、フォークロックであり、あとは・・・なんとも例えずらい。
他の誰にも似ていない。

高橋優のジャンルは「高橋優」とでも言おうか。

見れば見るほど、聞けば聞くほど、
今のJ-POPシーンでの高橋優という存在の大きさを感じますね。

また栃木でライブを届けてほしいですね。

2015年1月24日  20:26
隊長! あの窯に40年ぶりに火が!
益子焼の魅力を広め、「民衆的工芸品」=「民芸品」の振興に尽力された
故濱田庄司さんが、数々の作品を生みだした
「登り窯」。

長く使われておらず、さらに東日本大震災で被災してしまった
登り窯を復活させようと、益子の作家さん有志が
修復したのです。

一般公開になっていると聞いて、窯のある、益子参考館に行ってきました。
拡大画像
拡大画像
初日だったので、火入れのセレモニーの後、
乾燥させるための作業が行われていました。

40年前を見たことがあるわけではありませんが、
長年の時を超え、モクモクと煙を出す光景にはロマンを感じますね。

2月にはいろんなイベントもあるそうです。

詳しくはこちらへ↓
濱田庄司登り窯復活プロジェクト
拡大画像
拡大画像
拡大画像

2015年1月23日  21:08
隊長! 風を感じる屋外リンク
子どもの通う保育園で、年に1度の親子スケート教室がありましたよ。

霧降の屋外リンク、天気は快晴。

風が気持ちいいんです。
拡大画像
拡大画像
小学生の頃は、近所に天然のリンクがあって、
よく同級生たちと放課後に滑りに行っていたもんです。
自転車の前かごにスケート靴を積んで。

子どものころにカラダで覚えたことって、年を重ねても忘れないんですよね~。

ただ、翌日に筋肉痛になるのは昔と違うところ(笑)

2015年1月10日  23:46
隊長! 侍ジャズバンド、最後のライブツアーも熱かった
今年で解散となるPE’Z。

かつて、ろまんちっく村で開催したベリテンライブにも
出演してもらったことがありました。

ココロ踊らせる、熱く楽しい音楽は多くのオーディエンスを魅了しました。

最後のライブツアーの宇都宮公演が1/10。
解散を惜しみつつ、たくさんの人で会場がにぎわいました。
ワタナベ隊員もそのなかのひとり。
拡大画像
拡大画像
ライブの内容は最新アルバムの曲も交えつつ、
過去の人気曲も数多く演奏してくれて
大満足な夜になりました。
拡大画像
解散理由が、また彼ららしい。

メンバーの航さんによると、
(公式サイトから一部抜粋)
俺たちがPE’Zをつくった時に考えたのは、音楽の楽しさを伝えたいっていう事だけだった。
だけど、そんな中でいつの間にか、、、
俺たち5人がPE’Zっていうバンドを追いかけるようになってしまったんだ。
PE’Zはこうあるべきだ、とか、PE’Zなんだからこうしなくちゃ、とか、PE’Zらしい音楽をつくらなくちゃとか、、、
これって、何かちがうんじゃないかって5人全員が思った。

うまく言えないけど、これが解散の理由です。

でもね、これって、俺らにとっては前向きな決断なんだ。
何故ならメンバーの音楽への情熱は全く消えてないから。
むしろ新しいスタートラインにむかって俺たちは燃えています。


年末で解散になっても、
彼らの音楽はずっと日本の音楽史に残ります。
ときどきラジオを通して、栃木のリスナーに思い出してもらいたいですね。

次のページ
このBLOGのトップページ  前のページに戻る
2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
前の月   次の月
アーカイブ